俳優・山口大地は目立ちたがりの薩摩隼人 今秋出演の最新映画と共にご紹介

皆さん、こんにちは!

 

日を重ねるごとに確実に気温が上昇し、春という季節を実感できる日々が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。

 

あちらこちらへの外出を楽しんだり、映画館に映画を観に行ったりするには、すごく良い季節ですね。

 

映画を見に行くったりする人の好奇心をくすぐるかのように、インターネット上では早くも今年の夏から秋にかけて公開される映画の情報が掲載されています。

 

もちろん今年も様々な作品、および、それに出演する俳優さんたちが顔を揃えている訳ですが、その中で僕が注目している俳優さんがいます。

 

その人とは、この秋公開の映画「ONLY SILVER FISH」に出演する山口大地さんです。

 


(所属事務所の公式HPより引用)

 

山口大地さんは、映画プロデューサーの山本又一朗さんが主宰する俳優養成所「トライストーン・アクティングラボ」に所属して演技を勉強。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

そして2011年に、ドラマ「俺の空 刑事編」の主役を決めるオーディションにおいて、インターネットによる一般人気投票第1位・ameba賞に選出。

 

最終的には惜しくも主役の座を逃してしまいましたが、同ドラマでゲスト出演を果たしたことで、本格的に俳優としてデビューしました。

 

その後は、脇役ながらドラマ「GTO」(2012年)や「TEAM -警視庁特別犯罪捜査本部-」(2014年)などに出演し、着実にキャリアを構築。

 

そのほか、映画や舞台などにも積極的に出演するなど、これからますますの活躍が期待されている方です。

 

そんな山口大地さんのプロフィールはと言うと・・・

 

 

山口大地さんのプロフィール

1988年4月21日、鹿児島県鹿児島市出身の30歳です。

 

出身高校は、鹿児島最大の繁華街と言われる天文館(てんもんかん)の近くにある鹿児島県立鹿児島中央高校で、応援団長をしていたそうです。

 

ということは、山口大地さんの声はとても大きく、よく通るんでしょうね。

 

特に舞台の仕事では、演技の上手さと同様によく通る大きな声がものを言うと言っても過言ではないので、この経験は彼の俳優人生において間違いなくプラスに働いているのではと思います。

 

また、ご本人いわく「一度決めた考えは曲げない性格」だそうで、このあたりはやはり鹿児島出身の男性、いわゆる薩摩隼人(さつまはやと)という感じがしますよね。

 

ですが、その一方で「目立ちたがり屋」の一面もあるそうです。

 

高校卒業後は俳優を志し、同じ鹿児島県出身の映画プロデューサー・山本又一朗さんが主宰する俳優養成所「トライストーン・アクティングラボ」に所属。

演技のイロハを学びました。

 

ひょっとすると俳優を志したのも、多かれ少なかれ目立ちたがり屋な性格が関係しているのかも・・・

「主役の座を貰えれば目立てるぜ~!」という感じで。

 

邪推ですかね、すいません・・・。

 

話を元に戻して、その後2011年に、山口大地さんに転機が。

 

テレビドラマ「俺の空 刑事編」における主役を決めるオーディションで、インターネットによる一般人気投票第1位ameba賞に選出。

 

最終的に惜しくも主役の座を射止めることはできませんでしたが、この出来事をきっかけに同ドラマにゲスト出演を果たし、以後俳優として本格的に活動していくことになったんです。

 

その後は、「GTO」(2012年)や「TEAM -警視庁特別犯罪捜査本部-」(2014年)といったドラマをはじめ、唐沢寿明さんが主演を務めた映画「イン・ザ・ヒーロー」(2014年)のほか、よく通る声を最大限に活かせる舞台を中心に活動。

 

近年の主だった活動は、2017年に連続ドラマ「就活家族〜きっと、うまくいく〜」や、インターネット上で配信されたwebドラマ「特命係長 只野仁」に出演。

 

未だドラマや映画といった映像の世界で主役を演じたことは無いものの、俳優養成所で培った抜群の演技力と、応援団長時代と舞台で鍛えたパワフルボイスを武器に、主役への階段を全速力で駆け上がっています。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

目立ちたがりの薩摩隼人の役どころはトランペットの男⁈ その“怪演”ぶりにご注目!

高校卒業後に、自身と同じく鹿児島県出身の映画プロデューサー・山本又一朗さんが主宰する俳優養成所「トライストーン・アクティングラボ」に所属し、演技を学習。

 

2011年にドラマ「俺の空 刑事編」の主役を決めるオーディションにおいて、インターネットによる一般人気投票第1位・ameba賞に選ばれたことがきっかけで俳優デビューした後は、脇役ながらも様々なドラマに出演。

 

着実にキャリアを積み重ねながら、主役への階段を“爆走”している山口大地さん。

 


(ONLY SILVER FISHの公式Twitterより引用)

 

そんな彼が、今年の秋公開の映画「ONLY SILVER FISH」に出演。

演じるのはその名も「トランペットの男」という、一見不可解極まりない役どころです。

 

というのもこの作品では、「ユキ」役を務める皆本麻帆さん以外の人の役どころが全て「○○の男・○○の女」という役名で統一されているため、山口大地さんの役どころもそれに準じたものになっているという訳です。

 

ちなみに、山口大地さんは今年1月6日から17日にかけて計15公演行われた同作品の舞台版にも出演しており、言うなればこれが2回目。

 

この時の役どころは、主人公の松田凌さん演じる「マシュー」の友人で、新進気鋭の若手ミステリー作家でした。

 

ところが、今回の映画版では「トランペットの男」という全く違う人物なので、果たして山口大地さんがどのように“演じ分ける”のか、今からとても楽しみです。

それにひょっとすると、役柄にちなんでトランペット演奏も聴けるかもしれませんし。

 

かつて応援団長として鍛えた自慢の喉から、トランペットに息吹と共に底知れぬPOWERが吹き込まれる・・・

 

その瞬間を絶対に見逃す訳にはいきません!

 

もし良ければ、ぜひ皆さんも映画館へと足を運び、山口大地さんのトランペット演奏、ならびに、その“怪演”ぶりをしっかりと目と耳に焼き付けて下さい!!

 

 

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ