ワキガの臭い対策!洗濯して消す!わかる?うつる範囲は?

今回は、ワキガの臭い対策として「洗濯」について詳しくご説明しちゃいます!

洗濯したら、ワキガの臭いを消す事ができるのか。

それとも、他の洗濯物にまで臭いがうつるのか。うつるとしたら、その範囲は?

というカンジで詳しく「なぜか?」という所も含めてご説明していきたいと思います。

 

・ワキガの臭いって洗濯しても落ちない?

よく「ワキガの臭いって洗濯しても落ちないよね!」って噂を聞いた事があると思いますが、それはなぜなのか?という説明です。

ワキガの原因とはワキに分布する汗腺のアポクリン腺汗腺の分泌する汗を皮膚常在菌が分解する事が原因なのです。

そして実は、ワキガの臭いは汗の臭いではなく、この皮膚常在菌であるコリネバクテリウム菌の「分解臭」なのです。

つまり、ワキガの臭いは菌の分解臭なのです。

その為、この菌がどれくらい「洗濯で落とせるか?」が他の洗濯物に臭いがうつるか?の基準となるのです。

答えから言うとワキガの原因菌は洗濯洗剤では、なかなか落とせません。

それは洗濯洗剤に多く含まれている洗剤成分は汚れ落としに特化しており、殺菌に特化した成分では無いからです。

あの部屋干しでの嫌な臭いも原理は一緒で、実は「バクテリアの繁殖臭」です。

つまり、専用の部屋干ししても臭わない殺菌力のある洗濯洗剤を使わない限りは、他の洗濯物にワキガ菌も移るという事です。

その範囲は厳密にはわかりませんが、筆者が知っている限りではワキガ菌を一緒の洗濯物と混ぜて洗濯した場合、25センチ程度は飛散するという事はわかっているようです。

そのワキガ菌の洗濯物が、洗濯している最中グルグル回るのですから、普通に考えると、ほぼ全ての洗濯物に菌がうつると考えていいのではないでしょうか。

当然、コリネバクテリウム菌の増えた乾燥後の洗濯物を着たワキガ形質の人は、周囲にわかるレベルまで臭いをパワーアップさせてしまっています。

「洗濯でワキガ菌を殺菌する方法は無いの?」

実は、沢山あります!

色々な方法がありますが、いくつか効果的なものをご紹介いたします。

【スポンサードリンク】

・煮沸する。

煮沸する事で、衣類についたワキガ菌を殺菌できますが、煮沸をいちいちするのは困難だと思います。

おすすめ方法は、浴槽に対象の衣服を入れて、やかんなどで熱したお湯をかけて冷めてから洗濯する方法です。

筆者もやってみましたが効果がありましたのでおススメです。

・部屋干し専用の洗濯洗剤を使用する。

洗濯洗剤の中でも「部屋干し用」のものは殺菌成分が入ったものが洗剤になっていますので効果が期待できます。

 

・セスキ炭酸ソーダ水を対象の衣服に噴霧する。

これは洗濯後、洗濯前どちらでも構いませんが、おすすめは洗濯前にかけてから、洗濯する事です。

セスキ炭酸ソーダは皮脂臭やワキガ臭の原因菌を除去する働きが非常に強いの特徴です。

よく、ミョウバンや重曹を使う人もいますが、セスキ炭酸ソーダの方が人体の皮膚に安全であり、かつ強力です。

おすすめなのでぜひ試してみて下さい。セスキ炭酸ソーダは薬局や大きい100均一ショップなどで購入可能です。

洗濯前、洗濯後の両方に使用すると効果はより高くなります。

【スポンサードリンク】

 

・色付きしない専用デオドラント商品などをつける。

コスパの面では勿体ないのでおすすめしませんが、旅先などで、衣服を着回しする際や、人前がいて

洗濯する暇が無い時にはおすすめです。

必ず衣服に色つきしない専用デオドラントを選びましょう。

噴霧タイプのものや化粧水タイプのものまで多岐に渡る種類があると思いますが、おすすめは噴霧タイプのワキガ専用スプレーです。

殺菌力の優れた商品を選びましょう。

イソプロピルメチルフェノールやβグリチルレチン酸、アルミニウムなどの入った成分のものは信頼がおける商品です。

使用する際の目安に上記の成分が入っているかどうかチェックしてみて下さい。

以上が「ワキガの臭い対策!洗濯して消す?周囲の人にわかる?うつるとしらその範囲は?」でした。

いかがでしたでしょうか。この方法は加齢臭対策にも効果的ですのでぜひ試してみて下さい!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ