運動会のお弁当に!おすすめのおかず盛り付け方法!

title_undoukai

運動会のお弁当!

お子さんが、包みを開けた瞬間に『ワ―!』と喜んでくれる盛り付けにしたいですね!

これには、彩りとメインになるおかず、サブのおかずのバランスが重要。

また、どんなお弁当箱や包装にするのか。

便利な、お助けグッズもご紹介していきます!

海の物、山の物

以前、幼稚園の園長先生にお聞きした、子供のお弁当のアドバイスです。

  • お弁当の時間が楽しくなるように、無理に苦手素材は入れなくてよい。
  • 海の物と山の物を入れる・・・海の物は海苔でもいいですし、お肉や野菜は山の物。
  • 冷凍のおかずも盛り付け次第。
  • 子供の食べきれる量に気を付ける。

お弁当を食べた後も競技は続きますから、食べ過ぎて動けない、などとならないように注意しましょう。

運動会の場合の注意点

小学校になると、お弁当は各教室でとりますね。

お祖父ちゃんたちの時代は、お重にご馳走をつめて親子そろって校庭で広げていたお弁当。

時代とともに変化しています。

父兄も、自宅に戻って休憩する方が多いですね。

秋には学校の行事が重なりますから、まだ暑さ残る9月の後半、⒑月の前半に運動会は開催されます。

となれば、暑さ対策が大事。

お弁当は保冷袋に入れて、おかずは火を通したものが良いです。

また、ピックや爪楊枝などは要注意。

クルクル巻きなどは、ラップやホイルで巻いておけば良いのです。

【スポンサードリンク】

おすすめのおかず

主食

クルクルサンドは食べやすいですね。

おにぎりはラップに包んで。

オムライスも人気です。(丸くおにぎりにしておき、薄焼き卵でくるんで)

焼きそばも人気ですよ。

おかず

・アスパラのベーコン巻き・・・軽く茹でたアスパラを、薄切りベーコンで巻いて爪楊枝で固定し、塩、コショウでソテーします。(熱が通れば形は崩れませんから、楊枝は抜いておきます。)

・ハンバーグの目玉焼き乗せ・・・目玉焼きをウズラの卵でつくります。

盛り付けの時には、ハンバーグにうすくケチャップをぬり、目玉焼きにすると、色がきれいになりますね。

・タンドールチキン風・・・前の日にヨーグルト大さじ2、ケチャップ大さじ1カレー粉小さじ1に鶏むね肉を適宜にカットして漬け込みます。

フライパンで両面に焼き色がついたら、弱火でじっくり火を通します。

・エビマヨ・・・エビを背開きにしてワタをとり、塩コショウをして牛乳大さじ2に漬け込んでおきます。(牛乳でエビの臭みが抜けます)

卵の白身に片栗粉を混ぜたものにエビをくぐらせてカラット揚げます。

マヨネーズに砂糖と塩で味の調整をして、エビをあえましょう。(大人のエビマヨにはマヨネーズに一味やガムマサラを加えてもピリリと美味しいですよ)

【スポンサードリンク】

重宝する付け合わせ

彩りのためと、栄養のために付け合わせの野菜も工夫しましょう。

・カボチャ・・・皮がきれいなものは、皮つきで大き目のさサイコロにカットして塩ゆでします。

グラッセにしても(ひたひたの水にバター小さじ1、砂糖大さじ1、塩小さじ1とカボチャを入れて、弱火で煮汁がほとんどなくなるまで煮ます)

・ニンジン・・・グラッセでもいいですし、細く千切りにして、ごま油で炒め、砂糖と薄口しょうゆでキンピラにしましょう。

・ブロッコリ・・・茹でておきます。

そのまま使えますが、加熱のできるお弁当カップにいれて粉チーズとパン粉を振ってオーブン焼きするのも美味しいです。

・ミニトマトや枝豆なども、色がきれいですし、栄養価も高い優等生です。

お助けグッズ

・かわいいバラン・・・キャラクターものや動物のバランは色もきれいです。

・小分けのカップ・・・市販で赤、黄。緑と色合いもお弁当むきですね。

ポイントとしては、おかずとカップの色が重ならないようにするのです。

赤いカップに赤いウインナーや黄色いカップに卵焼きではカラフルなカップの役割半減ですね。

・コーヒーのフィルター・・・ロールパンサンドやピタパンサンドなどは、丁度三角のコーヒーフィルターが持ちやすくておススメです。(ホームパーティーの時にも重宝です)

・竹やキョウギ・・・昔ながらのおにぎり包みで特別感があります。

・かわいい紙袋・・・ラップしたクルクルサンドを小さな紙袋に入れるのも、特に女の子は喜びますね。

お助けグッズには盛り付けをきれいに楽しくする役割と、お弁当が寄らないという大きな効果もあります。

お弁当を作る前に、出来上がりのイラストをかいておくのも良いです。

手順が明確になりますし、色合いも考えておけます。

自分も楽しみながら、喜んでもらえるお弁当を作って下さいね。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ