梅雨 2016!今年はいつから?

tsuyu
梅雨の時期が始まりましたね。

昔は、だらだら雨の天気が続くという印象だった梅雨。

今では時として大雨や豪雨。

災害も起きてしまします。

2016の梅雨はいつから?

そして傾向は?

今回は2016年の梅雨について、調べたことをお伝えします!

【スポンサードリンク】

梅雨ってなあに?

暦では、立春から135日を入梅(梅雨入り)とされています。

今年の立春は2月の4日でした。

ですから、単純計算すると6月18日になりますね。

けれども、東西に長い日本の梅雨入りは、地方によって差があります。

また、地球温暖化の傾向からか、年々梅雨入りは早くなっています。

すでに梅雨入りしているの?

2016年

沖縄地方は5月16日。

九州から東海地方までは6月4日。

そして、関東甲信越も6月5日に梅雨入りしています。

東北地方も2日遅れくらいで梅雨入りでしょう。

北海道は梅雨はないといわれてきましたが前線の動き次第ですね。

梅雨前線とはなんでしょう?

大陸の冷たい高気圧と、太平洋側の高気圧がぶつかって出来る前線のことです。

天気予報ではよく『梅雨前線が南に下がっているので、晴れ』とか『前線が留まっているので大雨の予想』といいますね。

湿舌(しつぜつ)とは?

これも天気予報で出て来ますね。

天気図に舌を伸ばしたような図が登場します。

これは、梅雨前線の南側に多量の水蒸気の気流があって、舌のように張り出しているときなのです。

湿舌は大雨をもたらすので注意が必要です。

【スポンサードリンク】

梅雨の時期は?

時期はやはり地方で違いがあります。予報では

  • 沖縄・・6月の10日~24日頃
  • 九州四国中国地方・・7月15日~25日頃
  • 関西東海地方・・7月17日~25日頃
  • 関東甲信越・・7月13日~20日頃
  • 東北地方・・7月25日~30日頃

ただ、あくまで予報です。

前線が居座ったり、台風の影響もあったり。

梅雨の対策は?

じめじめするので、風通しを良くしましょう。

湿度が高いとカビやダニが大好きな環境になってしまいます。

風通しの良くないところ、下駄箱の中などは、除湿剤を置いておく。

押入れは、すのこを敷くなど工夫してくださいね。

食中毒にご用心

湿度も気温も高いので食中毒注意報もでますよね。

気を付けることで家族の健康を守りましょう。

  • 冷蔵庫に物を入れすぎない。
  • 鍋の中に入れておかない。(カレーなどは特に危ないので、荒熱が取れたなら容器に移して冷蔵庫に入れておきましょう。
  • 野菜室の野菜は保存袋にいれて、チェックする。
  • 手洗い・うがいは必ずする。

大雨に備えておきましょう!

何十年も住んでいても記憶にない大雨が多発していますね。

持ち出し袋は用意していますか?

地震と同じように用意はしておきましょう。

また、ベランダの排水溝にゴミは挟まっていませんか?

雨が本格的になる前に点検しておきましょう!

2016年の梅雨時期。無事に過ごしたいですね。

梅雨時期の為のグッズが沢山でていますよ。

レインブーツはオシャレになりましたね!

レインコートも体の蒸気を出すタイプがあります。

工夫しながら過ごして夏を迎えましょう!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ