がっちりマンデー「芝生王国つくば」痩せた土地からの大成功!2月12日放送まとめ

2017年2月12日がっちりマンデーは、痩せた土地からの大成功!!芝生王国つくばの街に迫ろう!!です。

 

みなさんはつくば市と言えば何を思い浮かべますか?

多くの人はつくば大学やJAXA等を思い浮かべますよね?

つくば市といえばアカデミックな街と想像する方も多いのではないでしょうか?

しかしつくば市は他にとある植物を生産している街なんです。

その植物とは???

 

つくば市を車で走ると広大な畑が至ると所にあります。

これ全部芝生畑なんです!!

やってきたのはつくば市役所大穂庁官。

そこのつくば芝生事業協同組合に何やら集まっているお偉いさん達にお邪魔しました。

全国芝生協会の鈴木富武士雄会長さんにお話を伺いましょう。

つくば市には芝生生産農業が2000戸くらいあるそうです!!!

 

【スポンサードリンク】

 

全国の芝府生産面積の6割は茨城件にあります。

その茨城件の芝生生産農業野の中の8割がつくば市なのですよ!!

更につくば市の北部エリアに約2000戸の芝生農家が集中しています。

販売価格にすると年間30億ちょっとだそうです。

なんかすごい儲かってそうですね!!!

芝生が収穫可能になるまでの期間は1年かかります。

収穫の際に約5ミリの土と一緒に刈り取ります。

それをロール状にして出荷するのです。

そうすると収穫後土に根っこが残りますよね?

その根っこから次の芝生が生えてくるのです。

なので、新しい芝生を植えなおす手間がなく1年中収穫できます。

季節関係なくどんどん収穫ができるので効率よく儲かるそうです。

そんな芝生の街つくばですがどうして日本一の芝生の街になったのでしょう?

つくば芝生事業協同組合の松本文巳福理事長にお話を聞いてみました。

「陸軍の空港跡地に開拓団がはいったのですよ。」

「色々な作物を作ってもなかなかいい作物が獲れなかった。」

「「ゴルフブームが始まるよ!」と。」

「(芝生を作ったら高く売れて…)」

なんと、松本文巳さんのお父さんが芝生づくりを広めたそうです!

昭和33年第一次ゴルフブームが到来しました。

松本さんが自分の土地に芝生を植えるとぐんぐん育ったそうです。

他の作物に不向きな痩せた土地が芝生にはピッタリだったのですね!!

 

【スポンサードリンク】

 

その後芝生を作ってゴルフ場から芝生が大量に売れたことにより、良吉さんの後を追って周りの人たちも芝生づくりをスタートしました!

こうやって芝生の町つくば市が出来たのですね。

そんな日本一の芝生産地のつくば市ですが、つくば市オリジナルの芝があるそうです。

松田芝生の松田克彦社長に話を伺いました。

2000年に茨木県園芸研究所が開発しました!

従来の芝生に比べて緑色が濃く、茎が太く根の数が多いので丈夫なのが特徴なんです。

公園や学校の校庭の緑化に貢献できるとしてとても売れているそうです。

つくばグリーンの年間販売数は何と1億3000万円!!

なんと2007年に新たな儲かり芝が登場したそうです!!

つくば姫・つくば輝・つくば太郎

3つの品種が開発されたそうです!!

それぞれの芝には以下のような特徴があります。

それぞれの芝がゴルフの用途に合わせて使い分けが出来るため、全国のゴルフ場からひっぱりだこになっているそうですね!!

つくば市の芝生は各種大手オンライン販売サイトでも買う事が出来ますので、一度覗いてみてくださいね!!

 

 

ゴルフブームの到来で芝生が売れる事を直ぐに気づき、農作物の育ちにくい痩せた土地でもしっかり育つ芝生をビジネスにしたのは本当にすばらしいですね。

儲かりそうな話を私も探してみたいですね!!

 

 

 

がっちりなつくば市の芝生のウェブサイトはこちら

http://www.ibarakiken.or.jp/shibahu/

 

話を伺った松田さんの会社情報です。

有限会社松田芝生

所在地住所

〒300-2635 茨城県つくば市東光台2丁目17−12

電話番号                                   029-847-0825

最寄駅                                         研究学園駅

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ