土屋アンナの子供の名前や画像を調べてみた!洋服のセンスは?

 

土屋アンナさん

 

木漏れ日を浴びる土屋アンナさん。

いつ見ても美しい女性です。

しかも、美しさだけでなく、かっこよさも持ち合わせているのですから、完璧じゃないでしょうか。

 

画像で見てもその美しさが伝わるのですから、実際に会ってみるともっと美しくかっこいい女性なんでしょうね。

一度でいいからお逢いしたいものです。

 

そんな美しくてかっこいい土屋アンナさんですが、実は3人の子供がいます。

美しくかっこいい土屋アンナさんの子供ですから、その血を継いでかっこいい・かわいいんだろうなぁと思い、調べてみました。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

まずは、ご長男の澄海(すかい)くんです。

 


モデリングオフィスAMAの公式サイトより引用

 

…かっこいいですね。

モノクロ画像にもかかわらず、溢れ出すかっこよさ。

将来、ものすごくかっこよくなりそうです。

 

澄海くんは、2004年11月に最初の夫であるアメリカ人のジョシュアさんとの間に生まれた、ハーフです。

ハーフ…もうその響きだけでもかっこいい。

 

それはさておき、澄海くん…。

名前もかっこいい。

当て字かな…と思っていたら、土屋アンナさんらしい深い意味がありました。

 

「スカイは空みたいに大きく、誰もが見上げちゃうくらい美しい子に育ってほしい。そんでもって漢字のごとく海の様に澄んだ心をもってほしいと思って付けた名前」だそうです。

土屋アンナさんらしくありながらも、母の想いがこもった良い名前ですね。

 

その名の通り、美しい男性に育っているようですね。

 

 

次は、次男の心羽(しんば)くん

 


モデリングオフィスAMAの公式サイトより引用

 

心羽くんは、2009年3月に二人目の夫の菊池大和さんとの間に生まれました。

土屋アンナさんが日本人とアメリカ人のハーフなので、心羽くんはクォーターですね。

まだ顔立ちに幼さが残りますが、心羽くんもかっこいい…かっこかわいいです。

 

心羽くんもお兄さんの澄海くんと同じようにかっこいい名前ですが、なかなかない名前でもあります。

 

土屋アンナさんの想いがこもった名前の由来が心羽くんにもありました。

「シンバはスワヒリ語でライオンという意味なんだけど、ライオンみたいにたくましく、優しく育ってほしい。そんでもって漢字のごとく心に羽をもち色んな事をやり遂げられる子になればいいなという願いを込めて付けた名前」だそうです。

 

その表情と瞳からも、強さと優しさを感じられる男の子に成長していように感じますね。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

最後は、2016年11月に長女として生まれた星波(せいな)ちゃん

 


土屋アンナさんのInstagramより引用

 

一般男性との間に生まれた星波ちゃん。

かわいいです。

思わず、笑みがこぼれて、ほっこりした気持ちになります。

 

星波ちゃんもお兄さんたちと同じく、優しい気持ちを込められた名前でした。

「星波で流れ星のように綺麗な子に育ちますように」…。

綺麗な名前です。

きっと、お母さんの土屋アンナさんのそばでかわいく、そして、綺麗に育ちそうですね。

 

 

 

そして、星波ちゃんは写っていませんが、親子の画像です。


土屋アンナさんのInstagramより引用

 

澄海くんはお茶目な表情をしていて、心羽くんは緊張してるのかな、それとも、力を込めた表情をしてるのかな、二人とも男前なうえ、かわいいですね。

しかも、洋服もすごく似合っています。

洋服のセンスも完璧。

 

星波ちゃん含め、今から土屋アンナさんのファッションセンスの指導がきっと入っているので、これから右肩上がりにどんどん洋服のセンスが上がっていきそうです。

そして、将来はデザイナーさん、あるいは、モデルさんかな。

いずれにしても、あんなにかっこいい・かわいいんですから、その頃はすごいことになっているかもしれませんね。

 

いまから楽しみです。

 

 

 

土屋アンナさん自身がハーフということもあり、すごく綺麗なモデルさんです。

 

その土屋アンナさんの血…DNAを継ぎ、生まれた澄海くん、心羽くん、星波ちゃん。

小さい頃から、かっこよく・かわいい。

 

そして、ファッションセンスは土屋アンナさんの血を継いでいて、自然とあるいは指導を受けて今も磨かれています。

将来が本当に楽しみです。

 

近い将来、澄海くん、心羽くん、星波ちゃんが、多方面で活躍する日がきっと来ると思います。

その日が楽しみで、待ち遠しい…。

 

最後に。

そんな事も感じられる土屋アンナさんのインスタグラム、ブログ、ツイッター、おすすめですよ。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ