【得する人損する人】絶品カルボナーラのレシピ・作り方!9月22日放送

tokuson

2016年9月22日放送のあのニュースで得する人損する人では、皆の大好きな『カルボナーラ』の裏技を紹介していましたね。

科学的にも理にかなった裏技で、普通のスーパーで購入できる食材で美味しいカルボナーラを作り上げていました。

今回はその絶品カルボナーラのレシピを再現します!

料理人はサイゲン大介

『神の舌』を持つといわれる、サイゲン大介ことお笑いコンビ「うしろシティ」の阿諏訪さん。

生クリームやトリュフなどを使わずに有名店の味を自宅で再現できる作り方を紹介していました。

得ワザレシピ!

スパゲティは普通にスーパーで売っている乾麺を使用。

裏技は、これを【水】につけて高級食材に生麺にすることでした!

次の裏技は、【昆布茶】です。

昆布茶にはグルタミン酸という旨味成分が入っています。

そして、トリュフの代わりに使う【干し椎茸】

干し椎茸にはグアニル酸が入っています。

これに、ベーコンとチーズのイノシン酸が加わることで、旨味の3要素が揃うのですね。

再現レシピをご紹介
1・乾麺を密閉袋に入れて水にひたし、1時間おきます。
(100gの麺に対して水300g) 2・干し椎茸1個を水100ccに入れて1時間もどします。 3・全卵2個と卵黄1個、パルメザンチーズ25g、昆布茶小さじ4分の1を混ぜておきます。

4・フライパンにオリーブオイルを熱し、ベーコンカリッとなる間で炒め、弱火にして、スモークチーズ6g、刻んだ干し椎茸とニンニク、干し椎茸の戻し汁大さじ2を入れます。

5・水で戻した麺は同時進行で、たっぷりのお湯に塩少々で2分茹でます。

6・フライパンの火を止め、湯切りした麺を加え軽く混ぜます。

7・ここに混ぜておいた卵を投入して、グルグル手早くかき混ぜます。

※予熱のみでかき混ぜると、乳化するために卵は固まらずにしっとりと仕上がります。

8・お好みでブラックペッパーを振り仕上げます。 

【スポンサードリンク】

 

有名店のシェフのカルボナーラ!

シェフは神保町のロベルトのオーナーシェフ前田さん。

http://tavolaroberto.jp/top

一皿1,500円のカルボナーラです。

食材は、パスタはナポリのパスタで500g400円。

チーズもイタリアのグラナパダーノ。

メインのベーコンは自家製のベーコン。

1㎏2,500円の豚バラを3日から5日マリネし、燻製にした特製のベーコンです。

 

シェフVSサイゲン大介の判定は?

山瀬まみさん、カンニング竹山さん、船越英一郎さん等、8人が試食しましたが、4人はサイゲンさんがシェフのパスタと判定しました。

皆さん、迷っていたくらいなので、このレシピは大成功ですね。

もちろん、プロのパスタ、手作りのベーコンはよく噛みしめれば脂の甘味も違うでしょう。

けれども、スーパーで揃う食材で、しかも生クリームは使わずカロリーも抑えめの、このレシピは取り入れたいですね!

【スポンサードリンク】

昆布茶をもっと利用しましょう!

昆布茶を料理に使うと、うまみ成分が出て役立ちますね。

ここで昆布茶を使った簡単レシピをご紹介します。

簡単で豪華なお吸い物

  • 鯛の切り身50gを包丁でたたいて、あらいすり身のようにします。
  • そこに、塩少々、砂糖小さじ1、片栗粉大さじ1、酒大さじ2分の1をいれて練ります。
  • 4つに分けて丸め、ラップでテルテル坊主のように包み、きゅっとねじって糸でくくります。
  • 鍋に湯をわかして、湯煎します。(中火で5分)
  • 湯煎ができたら、鍋を一度空にして、昆布茶小さじ1と水を300ccを入れて温めます。
  • 塩少々で味見してください。
  • 後は、お椀にラップから出した鯛のお団子(真薯になります)を入れ、汁を注ぎます。

木の芽や、針茗荷などを乗せると、一段と豪華ですよ。

白身魚のホイル焼き

  • 白身の魚をホイル焼きしましょう。
  • ホイルに、きのこをほぐして並べます。
  • その上に魚。(白身でも、サーモンでも)
  • 酒大さじ1、昆布茶小さじ4分の1、塩少々をふってホイルで包んでオーブントースターで20分。

ご飯が炊ける間に出来てしまいます。

このほかにも、即席のお漬物にも一振りすると味が一段良くなりますし、お茶漬けにも、チャーハンや炊き込みごはんにも。

昆布は、昆布巻きや佃煮のように主役になる食材ですが、出汁の基本にもなる優れものですね。

パスタの水戻し

これは、目からうろこでした。

これなら、茹でじかんが短縮できる上に、モチモチした麺になりますね。

このところ、人気復活のナポリタンにも向いています。

ナポリタンは太めの麺が合いますから、戻し時間は1時間半位がいいようです。

 

少しの工夫で、まだまだ出来ることがありそうです!

 

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ