7・多汗症の原因と改善方法!部位別【足】編


こんにちは!

今回は多汗症の原因と改善方法の部位編で、テーマは【足】編です。

足の裏から大量の汗が出てしまう人のために、詳しく原因と改善方法についてご紹介していきますので参考にしてみて下さい。

 

多汗症とは?

まず、多汗症とは?ですが、多汗症とは、その名の通り、汗を多くかいてしまう病気です。

全身から発汗する全身性多汗と、今回のテーマのように足などの部分的に発汗をしてしまう局所性多汗の2種類に分かれます。

局所性多汗の多くは何かしらの原因があって発症します。

(遺伝ではないという事で後天的であるという意味。)

【スポンサードリンク】

 

多汗症の原因とは?

局所性多汗は何かしらの原因があって、発症します。

  • 極度の緊張状態
  • ストレスが溜まっている時
  • 自律神経が疲弊している時
  • 更年期障害
  • などで発生する病気です。

総じて共通しているのは、汗が多く出てしまい、生活に支障をきたす量であるという事です。

また、発汗には体力を使いますので、汗が多く出ると、疲労感が溜まってしまい余計に悪循環に陥りかねません。

今回の局所性多汗のテーマは「足」です。

靴を脱いだ時、靴下が湿っている事が多かったり、フローリングなどを素足で歩くと、汗で足跡がわかるなど特に足の多汗は、湿気がそのまま雑菌を繁殖させてしまい、ニオイの原因になってしまったり、かゆくなって皮膚炎を引き起こしたりなどの可能性も大いにあります。

 

足の多汗症の原因とは?

局所性多汗の多くは精神的なストレスが原因であることがほとんどです。

足という場所は特にエクリン腺汗腺という汗腺が沢山ある場所であり、汗腺は刺激によって、活動を活発にする働きがあるので足は必然的に汗をかきやすい場所なのです。

そのため、今までは足の裏かた大量に汗をかく事のなかった人でも、ストレスや緊張状態が続く毎日が増えると足の裏から汗をかくようになり、次第に局所性多汗になるという場合もあるのです。

【スポンサードリンク】

 

足の多汗の改善方法とは?

足の多汗症の改善方法にはどんなものがあるのでしょうか?

足の多汗症の場合は身体の他の部位の多汗症と比べ、実施しにくい場所であります。

そのため、食事療法やサウナや入浴でのデトックス効果はあまり期待できないと思っていた方が良いでしょう。

以下に足の多汗症改善方法についてまとめてみましたので、参考にしてみて下さい。

 

1、専用のデオドラントクリームなどを試してみる。

最近の多汗症向け専用デオドラントクリームは足の裏に使えるものも増えてきており、かつ、効果がきちんとあるものも多数あります。

おススメは

  • 「フェノールスルホン酸亜鉛」
  • 「イソプロピルメチルフェノール」

の2つが配合されているデオドラントクリームを探すと良いでしょう。

 

2、皮膚科に受診してみる。

多汗症治療にもいろいろあります。

  • 塩化アルミニウムを塗布する
  • ボトックス注射
  • 神経ブロック

など色々あるのでまずは受診だけしてみて、治療の種類を知るだけでも良いかもしれません。

 

3、手足の温浴冷浴を試してみる。

  1. 両足の入るバケツを2つ用意します。
  2. 1つのバケツには入浴時に入る程度の温度のお湯を入れ、もう1つには水を入れます。
  3. 交互に足を入れていきます。
  4. 大体1バケツ30秒くらいで大丈夫です。
  5. これを4、5回繰り返します。

足そのものの温熱性発汗を抑制する効果があるので、実施後は足から汗が出にくくなります。

これは冷え性患者の方の治療法でもあるので、足が冷え性の方は特におすすめです。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ