5・多汗症の原因と改善方法!部位別【脇】編


こんにちは。

今回は多汗症の原因と改善方法について【脇】編をお送りします。

それでは原因と改善方法など詳しくご説明していきます。

多汗症って何?

はい。多汗症とは、その名の通り、

日常生活に支障出る程多く汗をかいてしまう疾患の事です。
遺伝による生まれつきのものと、日常生活でいきなり発症するものと両方ある疾患です。

 

今回のテーマである【脇】から多く汗をかく多汗のような部分的な多汗を局所性多汗と呼び全身から大量の汗をかくのは全身性多汗と呼びます。

局所性多汗については発症のメカニズムや原因などは厳密には解明されておらず、交感神経が影響しているという程度しかわかっていません。

【スポンサードリンク】

 

脇の多汗症について

局所性多汗症の原因である汗腺はエクリン腺という汗腺で、頭部や顏、脇や掌、足裏など、エクリン腺汗腺の多い場所に発症するのが特徴です。

特に脇という場所は、多汗症原因であるエクリン腺だけでなく、アポクリン腺汗腺というワキガ原因の汗腺まである為、誤った改善方法を実施してしまうと

余計に症状が悪化してしまいます。

噂や流行のような根拠のない情報ではなく、きちんとした医学的根拠のある正しい対処法を実践するように心がけましょう。

 

脇の多汗症の原因とは?

脇の多汗症の原因については局所性多汗の定義である「交感神経の失調」という原因以外で説明するのは難しいのですが1つ原因として挙げるのなら「脇を触る癖」が挙げられると思います。

男女関係なく、エチケット上、自分のワキのニオイは気になるものです。

指でこすってみてニオイを嗅ぐなどの行為がコレにあたります。

汗腺には活動している活発な汗腺と、まだ活動をしていないが、何かのきっかけで活動してしまう眠っている汗腺があります。

こすったり、毛を抜いたりする行為によって眠っている汗腺が活動を開始してしまう事がわかっています。

多汗症というのはそれじゃなくても、精神的ストレスに大きく影響を受ける疾患です。

「私って脇臭いかも?」

と必要以上に気にして、ワキをこすったり、ニオイ原因であるわき毛を抜いてしまう行為が余計に汗の量を増やしてしまい、もっと気にするようになり…

と悪循環になっている可能性があります。

脇の多汗でお悩みのようなら、脇に対してなるべく刺激を与えないように心がけましょう。

 

脇の多汗症!改善方法とは?

脇の多汗症についての改善方法について、いくつかご紹介致しますので参考にしてください。

【スポンサードリンク】

 

1、自分の肌に合う抑汗デオドラントを試してみる!

パラフェノールスルホン酸亜鉛などの抑汗成分の入った抑汗デオドラント商品はいかがでしょうか。

脇汗は通勤通学時、仕事時には特に気になります。

しかし、顏や頭の多汗とは違い、効果の高いデオドラントを化粧室などで手軽に使う事が出来る部位です。

収れん剤と呼ばれる上記のような成分は汗の出口を閉じてくれる働きがあります。

最近では、専用のデオドラント商品もかなり性能の高いものが市販されています。

自分の肌に合う、安全で安価な商品でも十分効果のあるものもあるので試してみるのも手です。

 

2、有酸素運動をして汗をどっさりと出してしまう!

人間が1日に出す汗の量はおよそ1リットルです。

逆に言うと、なるべく夜や朝に汗をかいてしまえば、その日は1日汗をかきづらい体質になる。という事です。

有酸素運動とは文字通り、呼吸をきちんとしながらする運動の事で、

  • ジョギング
  • 水泳
  • エクササイズ
  • ダンス

など汗を多くかける健康的なスポーツです。

おすすめは水泳です。水の中だとわかりづらいのですが、水泳は全身運動なのでかなりの汗をかく事が可能な効果的なスポーツです。

先に汗を出してしまって、1日を快適に過ごしましょう。

 

3、ハーブティを飲んだり、アロマバス(入浴時にエッセンシャルオイルなどを数滴入れて楽しむ入浴方法の事)などを実践してみよう!

ハーブには強いリラックス効果があります。

また、ハーブの中でも、バラやレモン、ミントやラベンダーなどには収れん効果といって汗の入り口である汗腺を閉じてくれる働きがあります。

局所性多汗のようにストレスや緊張が原因の1つである疾患にはリラックス効果の高い改善方法も効果的です。

ハーブティーなどはお近くにスーパーなどで購入できますよね。

アロマバスに使用するエッセンシャルオイルは100円均一ショップにもありますし、通販やドラッグストアーなどでも広く販売していますので見つけられると思います。

以上3点の改善方法を自分の生活の中に取り入れ、脇の多汗症を効果的に改善していきましょう。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ