体臭を予防!体臭にはお茶が効果的?

tea_chaba_can

こんにちは!

今回は体臭予防について効果的なお茶の特徴や効能について詳しくご紹介しちゃいます!

まずは体臭について解説しましょう。

  • 主に身体の表面から臭いが発生する「体表体臭」
  • ダイエットや糖尿病時に臭う「体内体臭」
  • 便秘や腸内環境が悪くて臭う「腸内体臭」

の3種類に分けられます。

ワキガや多汗症、汗臭さや皮脂臭などのような体臭は全て体表体臭に分類される体臭です。

今回の特集内容である、お茶の「カテキン」は一体、どんな体臭にどのような効果があるのか?

一緒に見ていきましょう!

お茶のカテキンはどんな物質?

【スポンサードリンク】

お茶のカテキンとはポリフェノールのフラボノイド類の1つであり、緑茶に多く含まれている苦味成分の事です。

お茶の歴史は古く、1000年以上の歴史がある由緒正しい健康食品ですが、カテキン自体は2006年頃からの国内での健康ブームが起こりました。

色々な食品や成分が実際の身体にどういう影響を及ぼすのか?

を広くメディア等が取り上げていくと、国民にも広く健康への知識が定着していったのがきっかけで知られるようになりました。

近年では、お茶の持つ「抗酸化作用」が体表体臭の、ワキガや皮脂臭にも効果があるという事がわかってきました。

もともと、体臭とは汗腺から出る汗の臭いではなく、汗をコリネバクテリウム菌などが分解した時に発生する「分解臭」が原因です。

このコリネバクテリウム菌は皮膚が酸性を帯びていると大量繁殖し、皮脂臭もワキガ臭もキツくしてしまいます。

ところが茶カテキンは飲茶として体内摂取する為、その抗酸化作用によって皮脂成分や汗の酸化を抑制してくれる働きがあるのです。

以上の理由が、こんなにも「お茶が体臭予防に良い。」と言われてきた理由なのです。

では、実際に体臭に効果のある、目安ってどれくらいなのか?を見ていきましょう!

 

体臭に効果のある、お茶の量とは?

まず、お茶のカテキンは一般的な湯呑サイズ(120ミリリットル中)に80ミリグラム含まれています。

厚生労働省が2006年に発表した特定保健用食品目安摂取量データにおいて茶カテキンは1日540ミリグラムとあります。

この目安の茶カテキンを摂取するとなると1日1リットルのお茶を飲まなくてはいけません。

この量のカテキン量を摂取出来れば、1日の目安の総水分摂取量の半分程度ですから、汗を基準にして考える体臭についても抑臭効果があると言えます。

しかしながらいくら、健康に良いと言っても、1日1リットルのお茶を毎日飲むのは困難だ!と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

そんな、あなたの為に筆者が簡単に茶カテキンが摂取出来て、コスパもかなり良いとっておきの方法を教えちゃいます!

【スポンサードリンク】

高濃度茶カテキンを物凄く安く摂取する方法とは?

非常に簡単です。

「食茶」すればいいだけです。

食茶?

お茶は飲むものでしょ?

いやいや、お茶の国内原産である静岡では、お茶漬けに茶葉そのまま入れて食べてしまう「食茶」をする文化があります。

この方法だと当然、カテキンの摂取量も飛躍的にあがり、更に茶葉の食物繊維が腸内体臭を改善する整腸までしてくれるので一石二鳥の良い方法なんです。

これは、市販されている乾燥茶葉をそのまま食茶すればOKです。

方法はとっても簡単

  • 「きゅうす」ではなく湯呑にそのまま茶葉を入れえる
  • 80度程度のお湯で、2分程待つ。
  • お茶と一緒に茶葉も食べてしまいましょう。

(80度以上だとお茶に含まれる美肌効果の高いビタミンCが壊れてしまいます。)

この方法ですとおよそ、600ミリリットル程度でも500ミリグラムのカテキンを摂取可能です。

さらに食茶する事で体表体臭だけでなく、腸内体臭にも高い抑臭効果を発揮する為、おススメです。

以上が今回の「体臭を予防!お茶が効果的?」でした。

いかがでしたでしょうか?

特にお茶は天然の飲食品であるので、何より安全です。

厚生労働省さえ、お茶に関しては多量摂取しても健康に一切の害が無いと認めているくらいです。

(常識の範囲内ですよ?茶カテキン1500ミリグラムを2週間摂取の健康被害をパスしてます。認可されている目安摂取量以上については表記責任持てませんので悪しからず!)

何よりも飲食生活の改善で体臭予防をしていく事が健康的で身体への負担も最も無いと言えるでしょう。

あなたもぜひ、飲茶生活、食茶生活はじめてましょう!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ