体臭を予防しよう!自分で出来る運動やお風呂の効果とは?

furo_woman

 

今回は体臭予防について自分でできる日々の工夫でどれだけの効果があるのか?

というテーマをご紹介させて頂きます。

さて、まずは「体臭」とはそもそも何なのか?を復習しましょう。

広辞苑では体臭とは

「皮膚の汗腺の臭い、皮脂腺分泌汗の臭い。」

とありますが、厳密にはこの解釈は少し違います。

汗には3種類あって、それぞれ

  • 「アポクリン腺分泌汗」
  • 「エクリン腺分泌汗」
  • 「ホロクリン腺分泌汗(皮脂腺)」

の3種類です。

そして実は汗というのは、皮脂腺汗以外の汗は、それ単体では臭いを放ちません。

皮膚に必ず存在する菌「皮膚常在菌」により汗が分解されて初めて臭い化するのです。

つまり

体臭とは「汗が細菌により分解された臭いである。」と定義するのが正しいと考えます。

その為、その汗の配分量にもよりますが体臭にも大きく分けると3種類あるという事です。

  • 体臭①:「酸っぱい匂いの汗、アンモニア臭」…エクリン腺分泌汗が原因の体臭です。多汗症や運動時の汗がこれです。
  • 体臭②:「玉ねぎの臭い、ワキガの臭い」  …アポクリン腺分泌汗が原因の体臭です。ワキガ、スソワキガの人がこれです。
  • 体臭③:「鉛筆の臭い、すえた臭い」    …ホロクリン腺分泌汗が原因の体臭です。頭皮や皮脂の多くでる耳の裏などから臭う皮脂臭。

上記3種類が体臭の正体です。

では、実際に自分で工夫して体臭対策を実施するならこれらの体臭をどれ程まで抑える事ができるのでしょうか?

運動で体臭を予防する

【スポンサードリンク】

まず、運動についてですが、

体臭③の皮脂臭は汗を適度にかく運動をする事でデトックス効果も相まって抑えていく事が可能です。

ホロクリン腺分泌汗の中には老廃物などの物質も含まれます。

そのため運動をして汗と一緒に老廃物を流してしまう事で身体に溜まった臭い物質もある程度は一緒に流せます。

適度に運動をする事で、エクリン腺が原因のジトっとした汗も予防できます。

冷暖房の効いた環境下にいる現代人は汗をかく機能が低下しがちです。

運動をする事で、健康的な汗をかく生活をするようにしましょう。

緊張やストレスからくる汗はジトっとしていて臭いを放ちます。

一方、運動をよくする人だと、この汗もサラサラになる傾向があります。

自分の体臭を軽減していく為にも適度な運動は効果的と言えるでしょう。

入浴で体臭を予防する

【スポンサードリンク】

では次に「入浴」についてですが、これは効果が高いので特におススメです。

体臭①、体臭②、体臭③の全てに効果があります。

入浴はシャワーではなく、ぬるま湯に長く浸かる半身浴

(39度くらいのお湯にお腹くらいまで15分ほど浸かる入浴)

がおススメです。

ワキガ形質の人は「ミョウバン風呂」「黒酢風呂」がおススメです。

ミョウバンや黒酢は皮膚常在菌を殺菌してくれて、身体の無臭状態が長持ちするので特におススメです。

(※ミョウバンや黒酢風呂入浴後はシャワーで洗い流してから上がるようにして下さい。)

また、エクリン腺分泌汗腺が原因の体臭①の方は、汗腺を引き締める

「収れん効果」のあるエッセンシャルオイル(レモン、スペアミントなど)

を3滴ほど入れて入浴すると、汗をかきづらい身体を作っていく事が出来ます。

体臭③でも特に加齢臭の方は、お風呂に岩塩を大さじ2杯程度入れるのが効果的です。

岩塩によりお湯の皮膚浸透圧が変わるので、よく汗が出て、デトックス効果抜群です。

ぜひ、自分の体臭に合わせて効果的な入浴方法をお試し下さいませ。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ