体臭に効く石鹸?ボディソープとどちらが効果的?

14

今回は、体臭に効果のある石鹸とボディソープどちらが効果的なのか?というテーマにてご紹介させて頂きます。

まず、体臭についておさらいです。

体臭について広辞苑では「皮膚の汗腺の臭い、皮脂腺分泌汗の臭い。」とありますが、厳密にはこの解釈は少し違います。

体臭とはつまり汗の臭いの事なのですが汗には3種類あって、それぞれ

  • 「アポクリン腺分泌汗」
  • 「エクリン腺分泌汗」
  • 「ホロクリン腺分泌汗(皮脂腺)」

の3種類です。

そして実は汗というのは、皮脂腺汗以外の汗は、それ単体では臭いを放ちません。

皮膚に必ず存在する菌「皮膚常在菌」により汗が分解されて初めて臭い化するのです。

つまり

体臭とは「汗が細菌により分解された臭いである。」と定義するのが正しいと考えます。

【スポンサードリンク】

その為、汗の配分量にもよりますが体臭にも大きく分けると3種類あるという事です。

  • 体臭①:「酸っぱい匂いの汗、アンモニア臭」…エクリン腺分泌汗が原因の体臭です。多汗症や運動時の汗がこれです。
  • 体臭②:「玉ねぎの臭い、ワキガの臭い」  …アポクリン腺分泌汗が原因の体臭です。ワキガ、スソワキガの人がこれです。
  • 体臭③:「鉛筆の臭い、すえた臭い」    …ホロクリン腺分泌汗が原因の体臭です。頭皮や皮脂の多くでる耳の裏などから臭う皮脂臭。

上記3種類が体臭の正体です。

体臭対策に必要な条件とは

さてそこでまず、石鹸にしろボディーソープにしろ体臭対策の効果に関しては以下の基準が必要になると思います。

  1. 各においの原因に対する有効成分が配合されている事。
  2. 各体臭のどの部分に効果がある商品なのか明記されている事。
  3. 効果が持続して継続する事。

の3点です。

そもそも石鹸とは肌に対する刺激成分がボディソープのそれに比べると多く含まれているのが特徴です。

しかし「臭いは消えたけど肌荒れがひどくなった!」なんて事になっては本末転倒です。

今回は「効果が高いが肌に優しい成分の商品」という条件で、かつ、石鹸とボディソープどちらが効果が高いのか?を検討していきます。

【スポンサードリンク】

石けんとボディソープのどちらが効果が高い?

比較体臭対策石鹸

  • 柿渋石鹸
  • ミョウバン石鹸
  • アジカ
  • 男のたしなみ

比較体臭対策ボディソープ

  • 薬用ミョウバン
  • 柿渋エキス
  • 体臭予防用ボディソープ
  • デオラ
  • クリアネオ

さて、上記の商品をそのまま比較検討した結果、ボディソープの方が比較的、効果が優れている事がわかりました。

というのも理由は石鹸系販売商品は種類があまりなく、どれも対象の体臭が1つに限られているものが多いこと。

かつ平均価格¥2,000以上の比較的高価な商品が多かったからです。

ボディソープは通販のものからドラッグストアーなどで購入できるものまで種類が豊富でした。

市販のものでも例えば「イソプロピルメチルフェノール」などの抑臭効果に高い効果の出る成分の入ったボディソープなども安価な値段で購入できるなどのメリットが沢山ありました。

かつ、多少値の張る商品でも返金対応のある商品が多かったのも勝因の1つでした。

まとめ

石鹸系商品に比べ、ボディソープ系商品は体臭の幅広い原因に対応したものが多い。

そしてコスト面、アフターフォローの面においても優れた商品が多かったように感じました。

体臭対策商品でお悩みであるのなら、まずは市販されている商品で安価なボディソープなどでお試ししてみるのも良いかもしれません。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ