体臭の原因は?食べ物や食事法を見直す!

yakegui

今回は体臭について原因と解決策について食生活という観点から色々ご紹介します。

さて、まずは「体臭」とはそもそも何なのか?

というところからですが、前回の繰り返しになりますがおさらいしましょう。

広辞苑では体臭とは

「皮膚の汗腺の臭い、皮脂腺分泌汗の臭い」

とありますが、厳密にはこの解釈は少し違います。

汗は3種類に分類される

汗には3種類あって、それぞれ

  • 「アポクリン腺分泌汗」
  • 「エクリン腺分泌汗」
  • 「ホロクリン腺分泌汗(皮脂腺)」

の3種類です。

そして実は汗というのは、皮脂腺汗以外の汗は、それ単体では臭いを放ちません。

皮膚に必ず存在する菌「皮膚常在菌」により汗が分解されて初めてにおい化するのです。

【スポンサードリンク】

体臭とは?

つまり、

体臭とは、「汗が細菌により分解された臭いである。」

と定義するのが正しいと考えます。

その為、その汗の配分量にもよりますが体臭にも大きく分けると3種類あるという事です。

  • 体臭①:「酸っぱい匂いの汗、アンモニア臭」…エクリン腺分泌汗が原因の体臭です。多汗症や運動時の汗がこれです。
  • 体臭②:「玉ねぎの臭い、ワキガの臭い」  …アポクリン腺分泌汗が原因の体臭です。ワキガ、スソワキガの人がこれです。
  • 体臭③:「鉛筆の臭い、すえた臭い」    …ホロクリン腺分泌汗が原因の体臭です。頭皮や皮脂の多くでる耳の裏などから臭う皮脂臭。

さて、体臭とは汗が細菌により分解された臭いなんだという事がわかった所で今回のテーマである

「食べ物や食事法を見直す!」事で体臭改善につながる内容についてご紹介します。

食べ物や食事法を見直す

体臭①の人は?

体臭①の汗臭い体臭に関して効果の高い食事法はクールベジと呼ばれる野菜の摂取とリラックスするハーブティーなどの飲茶です。

体臭①に関しては上記に書いたように単純にいつも日常的にかく生理現象の体温調節汗や緊張緩和の為に出す汗です。

この汗を食事法で解決していくなら身体を冷やすクールベジ野菜の摂取や飲茶が効果的です。

クールベジ野菜とは主に身体の熱を冷やしてくれる野菜の事でキュウリやズッキーニ、トマトやナスなどです。

身体の熱を冷やせば体温調節する為に出る汗の量を減らせます。

夏などの暑い日には積極的にクールベジ野菜を食べるようにしましょう。

ハーブティーはジャスミンやラベンダー、スペアミントやローズマリーなどがおススメです。

多汗症の中には局所性多汗や精神性多汗などのように精神的ストレスから汗をかく症状のものが多いのが特徴です。

つまり自律神経をリラックスさせる効果のあるハーブティーなどは日常での突発的な汗に効果的だという事です。

【スポンサードリンク】

体臭②の人は?

体臭②のワキガ形質の体臭に関して効果的な食事法は

香辛料や刺激物の摂取、タバコや飲酒を控える事です。

香辛料やタバコなどはワキガの原因であるアポクリン腺を刺激します。

刺激されたアポクリン腺はワキガ特有の臭い原因の汗を多く分泌するようになってしまいます。

キムチやニンニク、タバコやお酒などは控えるようにしましょう。

食べた際などは半身浴を長めに入浴してデトックスなどすると良いでしょう。

(※ぬるい39度ほどのお湯に30分ほど浸かると効果的です。岩塩大さじ1杯入れると皮膚浸透圧が変わるのでさらにおススメです。)

体臭③の人は?

体臭③の皮脂による体臭に関して効果的な食事法とは

動物性の脂肪分の摂取を控える事、油っぽい食事を控える事です。

肉や揚げ物、乳製品やドレッシング、油やマヨネーズなど油っぽい食事を控えることで皮脂臭の原因である皮脂の分泌を減らせます。

皮脂だけはそれ単体で臭いを発するため、殺菌してもあまり意味がありません。

基準としては食事している最中から顏のTゾーン(鼻からおでこにかけてのテカりやすい顏の場所)から皮脂が出てくるようならもう胃や腸が脂肪分を分解出来なくなっている証拠です。

油っぽいものを食べてしまった時は慌てずに、いつもより多めの野菜を一緒に食べたり、酸っぱいものを一緒に摂取すると消化を助けてくれるので効果的です。

酸っぱいものはレモン、酢、柑橘系、パインなどです。

食事や食生活で体臭を改善していく事は十分に可能です。

まずは体臭についての正しい知識を身につけ、その体臭に効果の高い食生活改善を実施していきましょう。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ