体臭をチェック!自分で調べる方法は?

ojisan_kareisyu

今回は気になる自分の体臭について簡単に自分で調べる方法についてご紹介していきたいと思います!

自分の体臭をチェックする方法についてですが、その前に知っておかなくてはいけない事があります。

それは、そもそも「体臭」とは何なのか?という事です。

広辞苑では

「皮膚の汗腺の臭い、皮脂腺分泌汗の臭い。」

とありますが、厳密にはこの解釈は少し違います。

汗には3種類あって、それぞれ

  • 「アポクリン腺分泌汗」
  • 「エクリン腺分泌汗」
  • 「ホロクリン腺分泌汗(皮脂腺)」

の3種類です。

そして実は汗というのは、皮脂腺汗以外の汗は、それ単体では臭いを放ちません。

皮膚に必ず存在する菌「皮膚常在菌」により汗が分解されて初めて臭い化するのです。

つまり

体臭とは「汗が細菌により分解された臭いである。」と定義するのが正しいと考えます。

その為、その汗の配分量にもよりますが体臭にも大きく分けると3種類あるという事です。

【スポンサードリンク】

体臭の種類①

「酸っぱい匂いの汗、アンモニア臭」

  • エクリン腺分泌汗が原因の体臭です。
  • 多汗症や運動時の汗がこれです。

体臭の種類②

「玉ねぎの臭い、ワキガの臭い」

  • アポクリン腺分泌汗が原因の体臭です。
  • ワキガ、スソワキガの人がこれです。

体臭の種類③

「鉛筆の臭い、すえた臭い」

  • ホロクリン腺分泌汗が原因の体臭です。
  • 頭皮や皮脂の多くでる耳の裏などから臭う皮脂臭。

さて、体臭3種それぞれの細かい専門的なチェック方法はありますがここでは省略致します。

臭いレベルというものは個人差による「嗅覚疲労度」によっても変わるため、一概に定義づけするのは難しいかもしれません。

しかし逆に近年では多汗でもワキガでも無いのに自分が「臭いかも?」と異常に気にする精神疾患「自臭症」という症状も珍しくありません。

まずは落ち着いて自分の臭いがどの程度なのか?という「臭いレベルの基準」を正しく理解しましょう!

では、実際に体臭の臭いレベルの基準をご紹介していきます。

日々の生活でご参考にしてみて下さい。

「臭いレベル1」

服を脱いでみてワキの部分や汗を多くかく部分に鼻を直接押し当ててみると臭いが認識できるレベル。

⇒ このレベルならまず人に臭覚されるレベルではありません。

「臭いレベル2」

服を着ている状態でたまにふと自分で「臭いかも?」と臭覚する。

⇒ まず、着た服を洗濯機の中に入れます。洗濯機の蓋を開けておき、3分後くらいに再度、洗濯機の前に行き臭いを嗅いでみます。

鼻を衣服に直接つけなくても臭いがわかるようならば、今の衣服とあなたの鼻の位置まで近づけば他人の鼻でも臭覚できるという事です。

気になるようなら、各種デオドラント商品を使用してみましょう!

このレベルは市販商品で十分対応可能なレベルです。

【スポンサードリンク】

「臭いレベル3」

自分は汗臭い体質なのかも?と感じている。

よく汗をかくほうだと思う。

⇒ 軽度の局所多汗か精神多汗、軽度のワキガの可能性があります。

各種デオドラントで十分対応可能なレベルですが気になるようなら皮膚科に受診しましょう。

「臭いレベル4」

耳垢が湿っている事がある。

脇汗をかくとワキをはみ出て汗染みが目立つ。

人から体臭について悪口を言われた事がある。

⇒ 多汗症かワキガの可能性があります。まずは皮膚科に受診し、相談してみましょう。

「臭いレベル5」

ワキに白い粉がつく。

耳垢が溶けたキャラメル状のような事がある。

汗をかきすぎて脱水症状になった事がある。

⇒ 多汗症・ワキガの可能性が非常に高いです。皮膚科に受診してみて対応しましょう。

 

以上の5点の臭いレベルにて自分の体臭がどのレベルかを把握しましょう。

このチェックは特に皮膚科の受診をおススメするものではありません。

読者の皆さんが「体臭」についての正しい知識を身につけ、その知識をもとにどうしていくのか?ということは完全に人の価値観があり自由だと思います。

自分の体臭を「大好きだ!」と言ってくれる異性が沢山いるのも事実です。

自分の体臭を「不快だ!」と言う心無い人が沢山いるのも事実です。

つまり自分が体臭についてどう考えるかによって対処は変わります。

まずは正しい知識と現状把握をし、その情報をもとに自分がどうしていくか?を一緒に考えていきましょう!

そのお手伝いがほんの少しでも本サイトで出来れば幸いです。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ