スイミングに行こう!おすすめのゴーグルやバッグ、タオルをご紹介

baby_swimming
小さいころは体調を崩しやすく、熱を出したり、喘息持ちだった子供の半数近くが、プールに通い始めてから風邪をひきにくくなったり、体が丈夫になったと実感するお母さんが増えているそうです。

大人も子供も楽しく続けられるスイミングが数多くある習い事の中でも人気ですね!

そこで今回は、スイミングに行こう!と題して、おすすめのゴーグルやバッグ、タオルをご紹介します。

【スポンサードリンク】

丈夫な体づくりのためにスイミングへ行こう!

体を動かす習い事ではスイミングの他に陸上やダンス、バレエなど数多くあります。

その中でもスイミングは手足や腹筋、背筋などバランス良く体の筋肉を鍛えることが出来るのです。

学校の体育の授業でも夏になると水泳の時間があるので、子供が泳げるようにするために通わせているお母さんも多いですね。

もっと早い子供では、お腹にいる時からお母さんがマタニティスイミングに通いますし、赤ちゃんが生まれて6ヶ月頃からベビースイミングに通わせるお母さんも増えています。

スイミングに通うための必需品の便利グッズをご紹介します。

まず子供がスイミングに通うために必要なものを準備しましょう!

水着、ゴーグル、タオル、バッグが必要ですよね。

室内プールには塩素が入っているので、水中で目が痛くならず泳げるようにゴーグルは必需品です。

ゴーグルのオススメ

スポルディングのジュニア用ゴーグルなら、曇り止めとUVカットもされているので海水浴でも重宝します。

なんといっても、両目のレンズをつなぐ中央のクリップが鼻筋に当たらないので子供が嫌がらずにつける事が出来ます。

長い間使ったり、子供の頭周りが大きくなるとゴーグルのゴムを替えないといけません。

スポルディングはゴムの種類が豊富でカラフルなものもあって、子供の年齢に応じて好みが出てきたときに替えてあげる事も出来ますので私のオススメです。

視力が低く、日頃からメガネをつけて生活をしている子供のために眼鏡市場では度入りのゴーグルも販売されています。

度数の違うレンズを合わせることが出来るので乱視の場合でも使えます。

子供の成長に合わせてベルト部分で調整も出来て3,780円なのでリーズナブルですね。

【スポンサードリンク】

タオルのオススメ

スイミング用のタオルはアディダスのスイムラップタオルがおすすめです。

Lサイズなら縦80センチ以上あるので、小学生低学年の子供だと膝下ぐらいまでの長さになります。

タオル生地で水分の吸収が早くて、素早く体を拭くことが出来て、スイミングの着替えの時には大活躍してくれます。

子供は体についている水分を拭き取りきらずに着替えてしまうこともあるので、子供でも簡単に出来るものを選んであげると安心です。

バッグのおすすめは?

濡れたものを入れたり、子供が持ち運びしやすい物でおすすめはナイキのドラム型のボストンバッグです。

手持ち用の取っ手が付いていたり、肩掛け出来るのでショルダーバッグにもなって軽量で、とても便利です。

予算はどれくらい?

スイミング用の水着、ゴーグル、タオル、バッグを全て準備する場合、スポーツブランドにこだわると子供用でも2万円以上になりますが、楽天市場やアマゾンではスイミンググッズ一式を15,000円未満で揃えることもできます。

通い始めは安い物を使っていて、習い続けながら少しずつ買い換えていくと家計にも優しくスイミングに通わせることが出来ますね。

スイミングに通うことで、水中で活発に体を動かして肥満対策にもつながり、全身の筋肉をバランス良く鍛えて姿勢の矯正にもなるので成長盛りの子供が姿勢良く大きくなってくれたら嬉しいですよね。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ