受験中に効果抜群のストレス解消法を紹介!勉強に集中できる3つの方法!


(写真ACより引用)

ストレス社会の現代。

人々は、多くのストレスを抱えながら生きています。

 

それは学生も同じこと。

「まだ子供なんだし、ストレスも大したことはない」と大人は思いがちですが…

 

とんでもない!

 

俺たちだってしんどいんだよ!」と夕日に向かって (?) 叫びたい学生も多いのではないでしょうか。

 

高校受験・大学受験を控えた学生にもなると…

かかるストレスは並ではありません。

特に、夏が過ぎると、受験勉強もそろそろ大詰め。

ひとしおにしんどい時期が訪れます。

 

そんな大変な時期。

より受験勉強に効果抜群なストレスの解消法はないのでしょうか。

 

今回は、その秘訣を3つのポイントに分けて「伝授」します!

受験生の皆さん、必見です!

 

 

思春期特有の悩みに勉強や受験の重圧で、ぱんぱん!?


(写真ACより引用)

 

実は学生の方たちは、思った以上にストレスを受けやすいのです。

なぜでしょう?

 

その大きな要因のひとつは、学生たちが「思春期」という時期にいることです。

 

思春期は、心身の成長途上の時期。

子供から大人になる過程の時で、身体の変化や心の動きを敏感に感じるようになります。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

そんな中で、学校という定められた環境の中、先輩後輩、友人、異性など、様々な人と適切な関係を築くことが必要とされます。

また、ネットやテレビでは、外部から自分の知らないたくさんの知識や情報に接する機会も多い。

 

なのに、“子供”という立場上、社会的な地位は認めてもらえず、親や先生に依存せざるを得ない状態です。

そんなデリケートな状況の中、勉強や受験の重圧がのしかかる…。

ストレスを感じないはずがありません。

 

にもかかわらず、大人からは、「社会的に自立もしていないのに、ストレスなんて大したことない」などと見られがちなのです。

こんな状況では、不満を覚えるのも当然でしょう。

 

 

このように、過剰なストレスを抱えてしまいがちな学生の方々。

 

 

しかし、過度のストレスは、肝心の勉強に悪影響を及ぼしてしまいます。

脳の記憶機能に悪影響を及ぼしたり、知的能力認知能力にも影響を与えたりし、全体的なパフォーマンスが落ちるといわれています。

 

さらには、体内のホルモンバランスが崩れることで、様々な心身の病気を引き起こしてしまうこともあります。

現に、近年では「うつ」や「統合失調症」を発症してしまう受験生が多いと言われています。

 

受験生で、眠れない・集中できない……といった症状が出始めたら、注意が必要です。

それはストレスによる体の危険信号かも。

 

 

受験に効果抜群!ストレス解消の3つのポイント!

では、そんなストレスを解消し、受験勉強に集中できる方法には、どんなものがあるのでしょう。

3つのポイントに分けて、その秘訣を伝授いたします!

必見ですぞ!!

 

①休む

勉強に根を詰めすぎると、疲れて効率は落ちてしまいますよね。

そんな時は、いっそのこと休んでしまいましょう。

 

休憩や睡眠を挟むことで、脳や体をリフレッシュし、新たに勉強に向かうことができます。

よい「休み方」の例を以下に紹介します。
 

こまめに休む
こまめに休むことで、勉強の重圧を適度に抜くことができ、また「限られた時間で解く」という集中力を養えます。

 

寝ること
「少しは休んでいいんだ」、「寝てもいいんだ」という気持ちの余裕をもたせてあげましょう。勉強で頭がいっぱいになっている時は特に有効です。
とても疲れている時は、がっつり眠るのもいいですが、1分間目を瞑るだけでも、適度に気持ちがリフレッシュできます。

 

瞑想で解決
ただただ「目を閉じて」下さい。
その時はできるだけ、受験のことは考えないように。
呼吸に意識を向けて、心に移りゆくよしなしごとを (徒然草!w) ぼんやりと思い浮かべたりしながら、1分間過ごしてみてください。
気持ちが少しでも落ち着けば、大成功です!

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

②気持ちを切り替える

思いつめてしまうと、視野が狭くなり創造力や応用性が失われてしまうというもの。

そんな時は、違うことをして、気持ちを切り替えるといいですよ。
 

勉強のやり方を変える
得意科目だけ集中して勉強する、比較的簡単な問題からやり直す、解く問題の順序を変えてみる――といった具合に、従来の勉強法を少し変えてみましょう。
頭の切り替えに、新たな発見があるかも?

 

音楽を聴く。大声で歌う
大好きな音楽を「集中して聴く」。
特に、小学校や中学校で頑張った時に聞いていた曲を聴くと「この時みたいに頑張りたいな」と思えて、再び闘志が湧いてくるかも?
さらに、歌うのもおすすめです。
歌への陶酔は脳の中でも、受験生が最も疲弊する前頭前皮質の機能を効率よく整えるといわれています。
家で歌うことが難しい場合は、1時間程度のカラオケに行くのもいいでしょう。

 

他にも、「おしゃべりをする」、「ネットで好きな動画を見る」などやりたいことをしたり、「受験が終わったらしたいこと」を考えたり、「受験合格後の自分」を想像したりなど、明るい未来を思い浮かべるのも、効果的なようです。

 

ただし!

ついだらだらやってしまっては本末転倒というもの。

時間を決めて、勉強と休息のメリハリをつけましょうね。

 

③現実と向き合う

勉強はどうしても向き合わなくてはならないもの。

どうにも気が滅入ってしまう時は、むしろ「なにくそ」と自分を奮い立たせるのも有効かも知れません。
 

ライバルを思い浮かべてストレスを吹き飛ばす!
クラスメイトや予備校のライバルを思い浮かべ、「負けてたまるか」と闘志を燃やします。
ライバルと競い合いながら、共に受験という目標に向かって頑張るなんて、なんか青春ドラマみたいでカッコいいですね!

 

手帳や紙に不満や悔しい想いを書き殴る!
どうしてもあの問題が解けない――。
今の成績じゃどうしても合格ラインに届かない――。
そんな悔しい気持ちを抱えながら、誰にも言えずに悶々とすることもあると思います。
そんな時は、その想いのたけを文字にしてぶつけてしまいましょう。
一通り書き殴った後は、気分がスッキリして、新たな気持ちで勉強に向かえることでしょう。

 

ここで重要なのは、思いつめるのではなく、勉強の意欲を掻き立てることです。

メラメラと燃える闘志で、ストレスなんて吹き飛ばしてしまいましょう!

 

 

まとめ

受験生が勉強に集中し、志望校に合格するためには、適度にストレスを解消して、効率のよい勉強をすることが大切です。

休む」、「気持ちを切り替える」、「自分を奮い立たせる」という3つのポイントから、色々なストレス解消法をご紹介しました。

 

また、ここで紹介した以外にも、様々な解消法があります。

他にどんな方法があるか調べてみるのもいいかも知れませんね。

 

あなたに合った効果抜群のストレス解消法を見つけて、ぜひ合格に向けて邁進してくださいね!

 

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ