学生の不眠はストレスのせい?寝れない時にオススメの解消法やグッズを紹介!

健康な成人が眠りに入るまでの所要時間は、10~15分といわれています。

しかし、仕事や人間関係でストレスが溜まっているときは、眠りに入るのに時間がかかります。

 

睡眠の役割は「日中に疲れた脳の修復と回復」です。

睡眠が足りなくなると、脳の修復と回復ができずに、脳のパフォーマンスが下がったり、自律神経の働きがおかしくなってしまったりします。

 

しかし、ストレスによる不眠は、何も大人だけの問題ではありません。

学生も多くの悩みを抱えています。

 

思春期という様々な思惑が頭を飛び交う時期にのしかかる、学校生活や友人との関係、恋愛への葛藤、そして勉強の重圧――。

――もしかしたら、大人以上にストレスがかかっているかも知れません。

 

もし、読者のあなたが学生であり、最近眠れなくなった――。

――と思っているのであれば、それは早いうちに対策を練った方がよいかも知れませんね。

 

というわけで、今回はそんな学生に向け、ストレスを解消し、よりよく眠れる方法や面白い安眠グッズをお教えしちゃいます!

大人の方も、参考にできる情報があるかも知れませんよ!

それでは早速、はじめていきましょう!

 

 

体も心も眠りに誘う方法とは

日々の生活で、ストレスというのはどうしても溜まってしまうものです。

なので、日々安定して眠るためには、ストレスがきちんと解消される習慣をもつことが大切となります。

 

趣味でストレスを解消

 

カラオケ、ボーリング、テレビゲームなど、自分の好きな趣味に没頭しましょう。

そうすることで、ストレスフルな出来事をいったん忘れ、新たな気持ちで取り組めるようになります。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

運動でストレスを発散する

 

身体を動かすことも、よいストレス発散法ですね。

ここでポイントなのは、自分が楽だと思うより少しハードルを上げたスポーツをすること。

そうすると、終えたときのスッキリ感が高いからです。

野球やサッカーなどもいいですが、ランニングなどひとりでできる運動も手軽でいいですよ。

 

ストレスをアウトプットする

 

ストレスは自分の中で抱え込むからこそ余計に大きなものになります。

そこで、ストレスの原因を吐き出せば、楽になれます。仲のよい友人や家族に聞いてもらったり、専門のカウンセラーに話したりするのもいい方法です。

でも、友人・家族にはなかなか話せない悩みもありますし、専門家に相談すると費用がかかるという問題点もありますよね。

 

そんな時におすすめなのが、紙やノート、パソコンに書き出すことです。

自分が何に悩んでいるか、書き殴ってしまいましょう。

その時にひとつコツがあります。

それは、書きだした悩みの中から、主体が自分以外のものを消すことです。

 

例:

  1. 先生が自分のことを理解してくれない
  2. 勉強がついていけない
  3. クラスメイトからできない奴と思われていないか?
  4. 彼女と最近うまくいっていない
  5. 彼女がいることを友人から疎まれていないか
  6. 親は過剰に自分に期待をかけていないか?

 

これ、「課題の切り分け」というものです。

悩んでいることの中から、自分の問題ではないものを切り離すのです。

例の場合、6つある悩みの中から、本当に自分が解決すべきものは2と4の2つに絞られてしまいました。

つまり、他の4つは本来自分の悩みではないもの――他人の課題だったのです。

 

このように、自他の問題を切り分けることで、本来解決すべきことに目を向けるのも、よりよいストレス解決策につながります。

 

 

さて、このようにして、ストレスを解消したら、次は安眠できる方法を試しましょう。

方法はたくさんありますが、基本的に気持ちを落ち着けて、身体の状態をゆったりと眠れるように環境を整えるというのが共通点です。

一例を挙げますと、

  • ぬるま湯でリラックス
  • 音楽でリラックス
  • アロマテラピーでリラックス

といったリラックス法が効果あるようですよ。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

眠れない悩みを解消!安眠グッズ!!

 

ここからは、眠れない時に有効な安眠グッズを紹介します。

 

 

ねむりーど


(ネットプライスより引用)

希望小売価格: 2,700円(税抜)

 

子供のころ、母親の胸に抱かれて、心臓の鼓動を聴くと、安らかな気持ちになってすんなり眠れてしまった――という経験はありませんか。

子供の頃すぎて、覚えてないかも知れませんが(笑)。

 

そんな想い出を追体験ができるのが、この安眠グッズ!

一見、ただの小さな羊のぬいぐるみです。

でも、これを抱いてスイッチをおすと、「ドクンドクンドクン…」

…と、まるで母の腕に抱かれて鼓動を聞いているような振動が……。

安らぎとともに眠りに誘ってくれるスグレモノグッズです!

 

さらにかわいいので、女子学生なんか欲しくなるのでは?

 

 

ナイトウェーブ


(ナイトウェーブの公式HPより引用)

希望小売価格: 6,980円 (税込)

 

アメリカの心理学者で睡眠の権威、ジェームス・マース氏も推薦!

ナイトウェーブのプロジェクターが、やわらかいブルーライトで寝室を照らします。

明かりの光度が高くなったり、低くなったりします。

横になり、目を開けたまま、ライトの動きに合わせてゆっくり呼吸を繰り返します……

しだいに…眠く…Zzz…

 

学生が買うには少し高いかも知れませんが、安らかな眠りのため。

小遣いをガッツリ貯めるか、家族にお願いするかして、手に入れてはいかがでしょう?

 

 

まとめ

今や学生の方にも大いなる問題となっているストレス。

そのストレスは、睡眠にまでも影響を及ぼします。

 

眠れない時は、その根源となるストレスの解消を図りながら、ゆったりと身体を眠りの方向に向けるのがよいでしょう。

また、より良い眠りを手に入れるために、安眠グッズを使用するのも方法です。

 

 

よりよい眠りでよりよい学生生活を!

 

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ