いらない物を捨てる風通しの良い暮らし!不用品処分!服編

shichaku_woman

梅雨の時期などは特に、ジメジメした毎日が続きますよね。

家に帰って、クローゼットを開けると『どよーん』と空気がよどんでいませんか?

この空気のよどみはメンタル的にも良くありませんし、ストレスも溜まってしまいます。

服もべったり窮屈では息ができません!

いらない服は、捨てるか処分して『良いもの』『お気に入り』『必要』な服を大事に着まわすオシャレ上級者になりましょう!

お部屋もクローゼットもスッキリして気持ちも晴れやかになりますよ!

今回は、『いらない物を捨てる風通しの良い暮らし』と題して、不用品処分!服編 をお送りします。

【スポンサードリンク】

選別しましょう!《クローゼットの中》

目を閉じてみましょう。

ご自分のクローゼットの中にある服って、全部わかっていますか?

ここで目をしっかり見開いて、クローゼットの服を隅々まで点検です。

それでは始めましょう!

1. 今の季節の服をクローゼットの扉の近くに集めます。

2. さっき目を閉じて浮かんでこなかった服は、何年も着ていないですか?→ 処分対象

なぜでしょう?

たまたま今年手に入れたパンツに組み合わせたら最高!ならばいいのですが、このパターンの服は、まず着ても残念な場合が多いか、サイズが合わない場合が多いです。

3. ここで、トップスとスカート、パンツ、ワンピースの順番に並べます。

4. 次に、クリーニングから帰ってきた服の並べ替えです。

5. ビニールの肩に経年ホコリが付いている服→処分対象

ずっと風を通していない服ですよ。

カバーをはずしてみて下さい。

ああ!シミが・・・

これをずっとクローゼットに入れていたなんて!

※クリーニングから戻った服は、ビニールから出しておかないと、それこそ息ができなくてシミの原因になりますからご用心!

6. クローゼットの1番奥の壁際には、乾燥と虫よけの出来るシートを吊ります。

7. 冬物から順番に吊るしていきましょう。

8. ここでも、忘れていた服やサイズの合わない服→処分対象

【スポンサードリンク】

選別しましょう!《チェストの中》

1. 下着も、レース部分がほつれていたり、変色しているもの→処分対象

だって、旅行に行くときに捨ててくるから取っておきたいのに・・という声を聴いたことがありますが、オシャレはインナーこそ大事。

着替えをしていて見られたら恥ずかしいものは、自分の気持ちの風通しが悪くなりますよ。

2. 締め付けが苦しいから着ていないファンデーション→処分対象

3. Tシャツなどの引き出しの中で、奥に入っていてシワになっている→処分対象

着ないからこそ、奥へ奥へ!

広げてみると、残念なロゴやプリントだったりします。

4. Gパン、綿パン類も、3年出番がなかったら→処分対象

5. ニット類は変色、首回りの伸びたもの、去年着ていなかったもの→処分対象

ニットは変色しやすいのです。

特に白いニットは、経年劣化で黄ばみもありますし、よくみると脇の下にシミが・・・

捨てるか、リサイクルショップに持って行くか

昔の人は、処分の時にボタンだけは取っておいたそうですね。

10cm四方の箱に収まるなら、子供さんの工作などに役立つので取っておいてもいいかな?

なんでもかんでもはやめましょう!

リサイクルゴミに出すのは、シミやほつれのあるもの。

それ以外は、リサイクルショップでもいいですね。

リサイクルゴミに出す場合ですが、これもオシャレに捨てましょうね。

きれいにたたんで、きっちり包んであると自分の気持ちもすっきりします!

処分対象を選ぶときに困るのが、『もったいない』とか『思い出』ですね。

その気持ちは大切ですが、形が古くなったり、身体に合わない服を持っていても着ないのですから、思い切ってしまいましょう。

いやいや、リフォームするから!

リフォームするなら、とっくにしていますし、出費もかかります。

その挙句、やっぱり着ないのでは、かえってもったいないですね。

断捨離も必要ですが『思い出』のある服の場合は、少し保留してもいいですね。

今は、不織布の衣類収納などが出ていますから、クローゼットからは引退してもらって、押し入れなどに整理しましょう。

新しい服を買ったら、同じ数だけ処分する方法もありますが、季節の変わり目にまとめて処分すると、季節感も感じられて気持ちがスッキリしますよ!

ぜひおすすめします!

次回は、いらない物を捨てる風通しの良い暮らし!不用品処分!靴編 をお送りします。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ