声優・真堂圭 衝撃のシンデレラデビューを飾った二刀流声優ってどんな人?

どうもこんにちは!

 

ついこの間年が明けた(ちょっとオーバーですかね)と思ったら、もう少しで6月。

早くも1年の半分が経過しようとしていますが、皆さん毎日元気に過ごせていますか?

 

これから次第にジメジメとした梅雨の季節へと入っていくものの、それが終われば太陽がギラギラと照り付ける夏がやってきます。

 

大人であれば「外で身体を動かすのが大好き!」という人以外は少し憂うつな季節かもしれませんが、幼稚園から小学校ぐらいまでの子供たちからすれば待ちに待った夏休み。

 

きっと喜び勇んで、親子あるいは友達と一緒にいろんな所へ出掛けていくことと思います。

 

 

さて、現在インターネット上ではこの夏から公開される様々な映画の情報がUPされているんですが、特に夏休み中の子供たちが大喜びしそうなアニメ映画作品の数が豊富なんですよ。

 

その中でも僕が注目しているのは、2018年8月24日から上映が開始される「ドライブヘッド ~トミカハイパーレスキュー機動救急警察~」。

 

そして、同作品で「石野ジン」の声を担当している、声優の真堂 圭しんどう けい)さんです。

 

(ご本人の所属事務所・アクセルワンの公式HPより引用)

 

真堂さんは、2005年にテレビアニメ「SPEED GRAPHER」のヒロイン天王洲神楽役を、一般・声優含む実に2056人もの中から勝ち取ったことで、声優としてデビュー。

 

以後は2007年に「機動戦士ガンダム00」での王 留美役、そして翌年2008年には「しましまとらのしまじろう」のユニくん役など、様々なキャラクターの声を担当。

 

昨年2017年には、「トミカハイパーレスキュー ~ドライブヘッド 機動救急警察~」で石野ジン役、そして今年2018年は「新幹線変形ロボ シンカリオン THE ANIMATION」でセイリュウ役を熱演。

 

獅子奮迅とも言える活躍を見せる、アクティブ声優さんです。

 

そんな真堂さんのプロフィールはというと・・・

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

真堂さんのプロフィール

1984年9月10日、千葉県出身の33歳で、本名は斎藤 圭さんです。

 

声優としてデビューする前はIT系の専門学校に通っていた真堂さんでしたが、2005年、21歳の時に3歳上のお姉さんの勧めで、テレビアニメ「SPEED GRAPHER」のヒロイン・天王洲神楽役を決定する一般公募オーディションに応募しました。

 

ちなみに、それまで真堂さんは声優養成所や劇団に所属した経験が無く、もし落選した場合は、このオーディションを学生最後の思い出にして普通に就職するつもりだったそうです。

 

しかし、結果は応募総数2056人もの中から見事選出され、俗に言う「シンデレラデビュー」を飾ったんです。

本当に、人生何が起こるか判りませんよね。

その後、同年に同作品と連動する形で、インターネットラジオ番組「斉藤圭のスピードグラファー『快楽超人ユーフォリア』皆様の不景気を救います!」がスタート。

 

なお、オーディションを受けた時は本名の「斎藤圭」名義でしたが、デビューから半年後に現在の真堂圭」に改名

これを受けて、ラジオ番組もタイトルに「元」が付いたものへと改題されました。

 

また、翌年2006年には同ラジオ番組内でのコーナー「シンガーソング元・斉藤圭」で作成した曲を収録したアルバムCD「ショートカッツ!〜シンガーソング元・斉藤圭 歌集〜」を発表。

 

これ以降は、様々なアニメ作品におけるキャラクターソングを歌唱するなど、俗に言う「アニソン歌手」としても活動を開始。

言わば、二刀流声優となったんです。

 

その後、本業の声優業では、2007年にテレビアニメ「機動戦士ガンダム00」での王 留美役、翌年2008年には「しましまとらのしまじろう」のユニ役を好演。

 

そして、2009年には1997年の放送開始以来「ポケモン」の愛称で未だに根強い人気を誇るポケットモンスターの劇場版「ダイヤモンド&パール アルセウス 超克の時空へ」にゲスト出演するなど、声優としての地位を不動のものにしていきました。

 

なお、映画・テレビアニメの「ポケットモンスター」シリーズに関しては、上でご紹介した作品以外にも声優として多数ゲスト出演を果たすなど、ポケモンアニメには深い関わりを持っているんですよ。

 

ひょっとすると真堂さん自身も、ピカチュウのように可愛らしくて無邪気な人なのかもしれませんね。

ああ、変な妄想が・・・

おっとっと、危ない!

話を戻して・・・

 

近年の主な活動としては、昨年2017年に、テレビアニメ「トミカハイパーレスキュー ドライブヘッド 機動救急警察」に出演し、石野ジン役を好演。

 

また、今年2018年は1月から放送されている「新幹線変形ロボ シンカリオン THE ANIMATION」にて「地の底より這い出し種族のエージェント」を名乗る正体不明の人物の1人、セイリュウ
役を演じるなど、その勢いはとどまることを知りません。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

2足のわらじを履くアクティブ声優が2度目の同役に挑戦 熱演を見逃すな!

2005年、21歳の時、3歳年上のお姉さんの勧めでテレビアニメ「SPEED GRAPHER」のヒロイン・天王洲神楽役を決定する一般公募オーディションに応募。

 

結果、一般の方だけではなくプロの声優さんも含む総勢2056人もの中からその座を獲得

 

まさに「シンデレラデビュー」という言葉がピッタリ当てはまる華々しいデビューを飾って以降、声優として様々なテレビアニメおよび劇場版アニメにおいて登場キャラクターに自らの息吹を注入。

 

それだけではなく、デビュー翌年の2006年に自身のラジオ番組で作成した曲を収録したアルバムCDをリリースして以来、キャラクターソングを歌う「アニソン歌手」としても活躍するなど、2足のわらじを履く声優として活動している真堂さん。

 

 

そんな彼女は今年8月24日から上映が開始される「ドライブヘッド ~トミカハイパーレスキュー機動救急警察~」にて、石野ジン役を演じるんですが、真堂さんがこの役を演じるのは2度目。

 

そう、昨年2017年にテレビアニメ版の「トミカハイパーレスキュー ドライブヘッド 機動救急警察」に出演し、同役を演じているんです。

 

今回2度目となる石野ジン役をどういうふうに演じてくれるのか、期待に胸が膨らみますが、この映画版はタイトルが若干変更されてはいるものの、演じるキャラクターは変わらないという点においては、ある意味精神的に余裕があるかも・・・。

 

いやいや、やはりそんなことは無く、やはり新たな気持ちで真摯に役柄と向かい合い、息吹を吹き込むんでしょうか。

とにもかくにも、今から公開がとても楽しみです!

 

みなさんもぜひ劇場へと足を運び、真堂さんの熱演を堪能して下さいね!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ