七五三のおすすめ髪形!男の子と女の子別、3歳、5歳、7歳年齢別まとめ

shichigosan3

今回は、七五三のおすすめ髪形!男の子と女の子別、3歳、5歳、7歳年齢別まとめと題して調べてみました。

写真にも残しておく七五三の装い。

着物姿にはどんな髪形があうでしょう?

また、洋服なら?

年齢によっても、バランスが変わってくる幼児期です。

どのようにするか、考えてみましょう!

男の子編

【スポンサードリンク】

3歳の髪型

まだまだあどけない3歳児の袴姿です。

あまりアレンジするよりも、いわゆる坊ちゃん刈りやスポーツ刈りなどで自然にするのはいかがですか?

また、髪が揃っていないのならば、坊主刈りもキリッとしますよ。

長髪のお子さんもけっこう見かけますが、長髪や茶髪だと子供らしさや清潔感が無くなってしまいますね。

和装の場合、衿に髪がかぶさるとスッキリしませんから、短髪の方が写真映りも良くなります。

5歳の髪型

少し自我が出てきて、オシャレ心のある5歳児。

お父さんのムースやワックスを使って、髪の流れを作ります。

3歳と同じですが、和装の場合は衿に髪がかからないようにすると、写真写りが良くなります。

ブレザー姿の場合は、ワックスでトップを少し横に流してみても。

男子に流行っているツーブロックにする場合は、あまりに刈り上げがはっきりしすぎてドングリにならないようにすると、フォーマル感が出ますよ。

ポイントとしては、トップのボリュームを出しすぎないようにしましょう。

女の子編

3歳の髪型

和装の場合、まだ4等身ほどの3歳児は髪飾りを横に広げると頭ばかりに視線が行ってしまいます。

髪が充分に伸びているなら、ポニーテールや編み込みヘア。

まだ長く伸びていないのなら、ハーフアップにして頭頂部に飾りを付けましょう。

やっぱりアップにしたい場合、シュシュの付け毛タイプを利用しては?

洋服なら、髪の先だけ巻いておいて髪の動きをだしても可愛いです。

7歳の髪型

しっかりオシャレな7歳児。

髪も結う事ができるように伸ばしているなら、アップ姿がおススメです。

また、編み込みでしたら、裏編みが流行っていますね。

ふっくらと仕上げることができます。

裏編み込みは、成人式の髪でも大人気です。

少しお姉さんの7歳に似合いますよ。

また、洋服にも似合うおススメです。

美容院やスタジオで着付けをしてもらう場合

【スポンサードリンク】

あらかじめ、髪飾りを持って行きましょう。

着物は持ち込みでも、前日には持って行くのが普通です。

なにか足りない物があってはいけませんし、プロの目で見てもらって用意をしてもらうのですね。

髪形についても相談しておくとスムーズです。

スタジオで、髪飾りも用意してもらう方もいらっしゃるでしょう。

その場合、どんなヘアスタイルにしたいのかは決めておきましょう。

当日、鏡の前で決めるのではスタッフの方も困ってしまいますよ。

お化粧について

男の子はしないでしょうけれど、女の子は軽くお化粧しても良いですね。

スタジオや美容院ではしてくれます。

女の子は、3歳でもお化粧に興味をもっていますよね。

晴れの日ですから、特別にお化粧してあげましょう。

肌が弱いお子さんなら、お母さんの指に口紅を取って、軽く唇に塗るだけで良いです。

眉を整える場合は、書きすぎないようにしましょう。

十三参りって知っていますか?

昔から関西では行われてきた行事です。

本来は、無事に成長できたお礼と、さらに知恵や幸福を祈るために旧暦の3月13日に行われていました。

現在では、七五三の時期に合わせてお参りする事が多いようです。

特に女の子は、身長も伸びてほとんど大人と体格は変わりませんよね。

ですから、成人式と同じように振袖を着る方が多いのです。

また、お母さんの振袖を着るのも良いですよ。

七五三の思い出は一生もの。

お子さん本人はもちろんですが、親も周りの人も皆が成長を祝う日です。

準備を考え出すとキリがないようにも思えますが、準備そのものを楽しみましょう!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ