女優・ローサ・サラザールは幼少期からその道志望!? 人となりを大紹介!

 

どうも、こんにちは!

 

ここ最近は「まさに梅雨」と言わんばかりの雨降りの日が多いですが、憂鬱な気分になることなく元気に過ごせていますか?

 

早いもので、今年ももう折り返し地点を通過。

この梅雨が明ければすぐに灼熱の夏がきて、「読書の~」あるいは「スポーツの~」と言われる秋が終わると、いよいよ1年を締めくくる季節である冬がやってきますね。

 

この季節が苦手な人からすれば「なるべく外に出ずに、コタツの中あるいはファンヒーターの前でのんびりまったり過ごすぞ」と思うのかもしれませんが、実はこの冬そういった人たちにこそぜひ足を運んでほしい場所があるんです。

 

その場所とは、映画館。

 

というのも、今年の冬に公開される映画作品はどれも名作揃いであり、まるで冬の寒さを一瞬で吹き飛ばしてしまうのではないかと思うほど「激アツ」なものばかりなんです。

 

 

ちなみに、その中でも僕が現在、上映を心待ちにしている作品は、12月公開のサイバーパンクアクション映画「アリータ  バトル・エンジェル」。

そして、本作品に主役の「アリータ」役で出演する、女優のローサ・サラザールさんです。

 


(アリータ バトル・エンジェルの公式HPより引用)

 

いかがですか?

クリッとした目が印象的で、とても可愛らしい方ですよね。

 

 

ローサさんは2010年から女優として活動を開始し、翌年2011年に放送されたテレビドラマ「アメリカン・ホラー・ストーリー: 呪いの館」で本格的にデビュー。

 

2012年からは映画作品にも出演するようになり、その知名度を上げるきっかけとなった「メイズ・ランナー2 砂漠の迷宮」(2015年)のほか、これまでに様々な作品に出演。

 

さらに、今冬公開の「アリータ バトル・エンジェル」は、日本の漫画作品を実写化したものであることから、今後日本でのブレイクが予想される女優さんです。

 

そんなローサさんのプロフィールをご紹介すると・・・

 

 

【スポンサードリンク】

 

ローサさんのプロフィール

1985年7月16日、カナダ・ブリティッシュコロンビア州出身の32歳です。

 

アメリカ・メリーランド州のグリーンベルトという街で育ちましたが、幼いうちから女優を目指していたことから、ニューヨークへ引っ越しました。

 

女の子が幼少期にテレビや映画を見て「女優になりたい」と思うのはよくあることだと思いますが、その目標のために引っ越しまでしてしまうとは。

おそらくご両親にも、ローサさんの“本気度”が伝わったんでしょうね。

 

事実、彼女はその頃から自分の部屋で泣く・眠る・怒る・興奮するといった表情を作る練習をしていたそうです。

 

さらに24歳の時に、女優としてのキャリアを積むためにロサンゼルスへと転居すると、ここからそのキャリアが幕を開けました。

 

2011年に放送されたテレビドラマ「LAW & ORDER LA」へのゲスト出演ののち、同年放送のテレビドラマ「アメリカン・ホラー・ストーリー 呪いの館」で本格デビューを飾ると、翌2012年からは映画作品にも出演するように。

 

2013年の3Dアニメーション映画作品「メアリーと秘密の王国」では、ローラーゲーム選手の声を担当したほか、2015年には実写SF映画「ダイバージェントNEO」に出演。

 

また、同年に出演したSFスリラー映画「メイズ・ランナー2 砂漠の迷宮」での「ブレンダ役」がヒットしたことから、2015年は彼女の「当たり年」となりました。

 

近年の主な活動は、今年2018年に、自身のブレイクのきっかけとなった「メイズ・ランナー」シリーズ第3弾「メイズ・ランナー: 最期の迷宮」に再びブレンダ役で出演。

 

そして12月には、日本の漫画作品を実写化したサイバーパンクアクション映画「アリータ バトル・エンジェル」で、主役のアリータ役を演じることが決定済みと、これからの活躍がますます期待されています。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

幼い頃からの夢を掴んだシンデレラガールがサイボーグに!?今冬はこの作品で熱くなれ!

幼少期から女優を志し、幼くしてアメリカ・メリーランド州からニューヨークへと転居。

 

以後、自宅の自室で泣く・眠る・怒る・興奮するといった表情の練習を行いながら過ごし、24歳の時に女優としてのキャリアを積むためにロサンゼルスへと渡ると、2010年から活動を開始。

 

翌2011年に放送されたテレビドラマ「アメリカン・ホラー・ストーリー 呪いの館」で本格的にデビュー。

 

2013年には3Dアニメーション映画「メアリーと秘密の王国」に出演したほか、また2015年にはSFスリラー映画「メイズ・ランナー2 砂漠の迷宮」で演じた「ブレンダ役」がヒット。

 

これにより、今年2018年に「メイズ・ランナー」シリーズ第3弾「メイズ・ランナー 最期の迷宮」に再びブレンダ役で出演するなど、今やハリウッド映画界において大きな注目と期待を集める存在となったローサさん。

 

僕が思うに、彼女がデビューから8年という比較的短い期間でここまでの「大物」になれたのは、やはり前述したように幼少期から「女優になりたい」という夢・目標を持ち、それに対してストイックなまでの努力を重ねてきたからに他ならないと思います。

 

そう考えればローサさんは、まさに「シンデレラガール」と言えるかもしれませんね。

 


(ご本人の公式インスタグラムより引用)

 

さて、そんなローサさんが今年12月に公開されるサイバーパンクアクション映画「アリータ  バトル・エンジェル」で演じるのは、何と女性サイボーグ「アリータ」。

 

そのあらすじを簡潔に説明すると・・・

 

彼女は荒れ果てた街「ティファレス」のスクラップ置き場に捨てられており、それを発見したサイボーグ技術者の手によって復活するものの、捨てられる前の記憶は一切残っていない。

 

後に、そのずば抜けた格闘センスを活かして賞金稼ぎをしながら、自分は一体何者なのかを解き明かそうとするが・・・というもの。

 

おそらく、サイボーグ役を演じるということは、ある意味生身の人間を演じることよりも難しいことと思います。

 

ですが、小さい頃から女優になることを目標に努力を重ね、今や抜群の演技力を持っているローサさんなら、きっと強く美しい女性サイボーグを魅力的かつ華麗に演じてくれることでしょう。

 

皆さんも今年の冬はぜひ映画館に足を運び、ローサさん演じる女性サイボーグ「アリータ」の強く美しい姿に自らを投影させることで、外の寒さを吹き飛ばすほどのHOTな気持ちを体感してくださいね!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ