リオオリンピック!柔道の見どころとルール、日本時間の放送予定・日程!

jyudo838

日本の伝統のスポーツである柔道!

今回はリオオリンピックの日本時間の放送予定・日程をまとめました。

柔道は嘉納治五郎という人物が講道館柔道、今の日本の柔道の創始者です。

柔道の父」と呼ばれ、「日本体育の父」とも呼ばれていますね。

柔道は金メダル量産をいつも期待されるスポーツです。

けれども、世界の強敵はどんどん現れ、ルールも国際化しています。

胴着も白と青に統一されています。

柔道のルールが分かりにくい方のためにルールの説明をしましょう!

ルールを学べば、今まで以上に競技を楽しめますよ!

【スポンサードリンク】

柔道の階級とルール

柔道は体重別になっています。

男子は、60㎏級、66㎏級、73㎏級、81㎏級、90㎏級、100㎏級、100㎏超級です。

女子は、48㎏級、52㎏級、57㎏級、63㎏級、70㎏級、78㎏級、78㎏超級です。

試合は、

『一本』

相手の背中が畳につくように投げる『投げ技』

相手の脚で自分がはさまれないようにし、相手の背中をおさえる『固め技』などがあります。

主審が一本!と手を上げたら、勝負ありです。

『技あり』

『一本』まではいかないが、技が認められる場合。

固め技をかけて、20秒以上25秒未満。

技あり2回で合わせ技一本になります。

技ありを取った後、抑え込み20秒でも技あり2本で合わせ一本となります。

『有効』

ある程度技が認められた時。

『指導』

消極的ととらえられた時。

指導2回で有効、3回で技あり・4回で一本、技あり2回で合わせ技一本。

5分間の試合時間で決着がつかないと、ゴールデンスコア式というサドンデスの延長戦になり、それでも決着がつかない時には、3人の審判による旗判定になります。

試合は一回戦、二回戦と進み、準決勝まで勝ち残った選手に負けた人は、敗者復活というトーナメントのチャンスが残ります。

準決勝で負けた人は、敗者復活の勝者と3位の銅メダルをかけて戦います。

1回戦から決勝までのおよそ9時間の間に、何度も試合をしますから、卓越した体力が必要になります。

【スポンサードリンク】

柔道の日程

8月6日 PM9:00から、夜中をまたいで翌日8月7日の朝まで

  • 男子は60㎏級、高藤直寿(たかとうさおひさ)選手。
  • 女子は48㎏級、近藤亜美(こんどうあみ)選手。

8月7日 PM8:56から、夜中をまたいで翌日8月8日の朝まで

  • 男子は66㎏級、海老沼匡(えびぬままさし)選手
  • 女子は52㎏級、中村美里(なかむらみさと)選手

8月8日 PM10:00から、夜中をまたいで翌日8月9日の朝まで

  • 男子は73㎏級、大野将平(おおのしょうへい)選手
  • 女子は57㎏級、松本薫(まつもとかおり)選手

8月9日 PM9:00から、夜中をまたいで翌日8月10日の朝まで

  • 男子は81㎏級、永瀬貴規(ながせたかのり)選手
  • 女子は63㎏級、田代未来(たしろみく)選手

8月10日 PM10:00から、夜中をまたいで翌日8月11日の朝まで

  • 男子は90㎏級、ベイカーマシュー選手
  • 女子は70㎏級、田知本遥(たちもとはるか)選手

8月11日 PM10:00から、夜中をまたいで8月12日の朝まで

  • 男子は100㎏級、羽賀龍之介(はがりゅうのすけ)選手
  • 女子は78キロ級、梅木真美(うめきまみ)選手

8月12日 PM9:00から、夜中をまたいで翌日8月13日の朝まで

  • 男子は100㎏超級、原沢久喜(はらさわひさよし)選手
  • 女子は78㎏超級、山部佳苗(やまべかなえ)選手

見どころは?

柔道の試合は軽い階級から始まっていきます。

過去には、『ヤワラちゃん』こと谷選手や、男子では野村選手が連覇していた軽量級。

前回のロンドンでは残念ながら金メダルには届きませんでした。

けれども、日本の代表になるほうが難しい階級ですから、平常心で戦えば大丈夫。

男子の重量級も、山下選手や篠原選手(今はお笑い路線?)、井上選手、鈴木選手など重量級の伝統を受け継いできています。

日本選手権での戦いを見ても、レベルも高い中、積極的な攻撃のできる選手が代表に選出されていますから、王者と言われているフランスのリネール選手を攻略して、新たな重量級の王者誕生が期待されますね。

女子は中量級で前回金メダルをとって、きりっとした表情で試合をした松本選手が出ます。

今回は、その野生味に加えて、貫禄も出て来ました。

女子重量級は、中国選手がとんでもなく強い階級です。

技が切れるというより、圧倒的な腕力と体重で相手は動けなくなります。

なんとか足技などで揺さぶるスキを見つけて欲しいですね。

『道』という名前がついているのは、単なるスポーツではないヤワラの心を大切にした修行の道!

いかんなく日本柔道を世界に見せて下さい!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ