○○な人の末路出演大西礼芳 多彩な趣味を持つ男前女優の素顔とは?

皆さん、こんにちは!

春のポカポカ陽気が気持ち良い今の季節ですが、もうお花見などには出かけましたか?

 

中にはお花見などにあまり関心が無く、毎日テレビを見て過ごしているという方も多いことと思いますが、今年の春ドラマも非常にバラエティーに富んだ様々な作品がエントリー。

 

そして、そのドラマに出演する俳優・女優さんたちも、そうそうたる面々が顔を揃えています。

 

その中から今日、僕がご紹介するのは今月23日から日本テレビ系列で深夜0:59から放送される連続ドラマ「○○な人の末路」に出演する大西礼芳おおにし あやか)さんです。


(所属事務所の公式HPより引用)

 

大西礼芳さんは、京都造形芸術大学在学中の2010年に、映画「MADE IN JAPAN〜こらッ!〜」で演技未経験ながらヒロイン役に抜擢されたことで、女優としてデビュー。

 

その後は、NHK大河ドラマ「花燃ゆ」(2015年)や「真田丸」(2016年)、また最近では「フランケンシュタインの恋」(2017年)や、ご本人の公式ブログ名にもなっている「ごめん、愛してる」(同)などに出演。

 

これからますますの飛躍・躍進が期待されている女優さんです。

 

そんな大西礼芳さんのプロフィールをご紹介すると・・・

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

大西礼芳さんのプロフィール

1990年6月29日、三重県度会(わたらい)郡度会町出身の27歳です。

 

三重県立宇治山田商業高等学校を卒業後、京都造形芸術大学映画学科俳優コースに進学し、演技を学びました。

 

なお、在学中は同大学映画祭の運営や映画の配給など、俳優以外の分野にも携わったそうです。

 

そして1年生の時に、同学科のプロジェクト「北白川派映画芸術運動」の第二弾として製作された映画「MADE IN JAPAN 〜こらッ!〜」で演技未経験ながら、ヒロイン・雛子役に抜擢。

 

このことがきっかけとなり、女優としてデビューを果たすこととなったんですが、実は大西礼芳さんは元から女優志望だったという訳ではなく、ご本人いわく「演技に興味はありましたが、選択肢のひとつというだけでした。」とのこと。

 

では、なぜこの映画出演をきっかけに、女優としてやっていくことを決めたのでしょうか。

 

実はこの映画は演技だけではなく、宣伝や配給なども大西礼芳さんを含む学生達で全て行ったそうなんです。

その過程において、映画を創る時には真剣そのものでも、宣伝・配給となると多くの人が途端にその映画に対して無関心の状態に。

これにより周囲との「温度差」を感じたことで、「自分はこのままこの映画を背負って、役者をやっていく。」と決意を固めたそうです。

ある意味、とても“男前”な女性ですよね。

 

そこからは女優として、先述した作品の他にNHK朝の連続テレビ小説「花子とアン」(2014年)、「べっぴんさん」(2016年)や、嵐の松本潤さんと女優の有村架純さんがW主演を務めた「ナラタージュ」(2017年)など、数々の作品に出演。

 

さらに今年2018年に入ってからは、ドラマ「トドメの接吻」、「卒業バカメンタリー」に出演したほか、今年7月と来年の初夏にはそれぞれ映画「菊とギロチン」、「嵐電」の公開が控えているなど、今後もその活躍から目が離せません。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

男前で多趣味な将来有望女優がお天気お姉さんを熱演 その演技力に乞うご期待!

京都造形芸術大学に在学中だった2010年に、演技未経験ながら当時所属していた映画学科のプロジェクト「北白川派映画芸術運動」の第二弾として製作された映画「MADE IN JAPAN 〜こらッ!〜」においてヒロイン役に抜擢されたことをきっかけに、女優としてデビュー。

 

以来、様々なドラマおよび映画に出演し、トップ女優への階段を着実に登っている大西礼芳さん。

 

既述したように、女優デビュー作であり初主演となった映画「MADE IN JAPAN 〜こらッ!〜」を制作する過程で、周囲との温度差を痛感。

このことから「自分はこのままこの映画を背負って、役者をやっていく。」という決意を固めたほどの“男前”な方だけに、ひょっとするとこの人は昔気質の職人さんのように「仕事一筋」な性格なのではないかと思う人も多いと思います。

 

ですが、決してそんなことはなく、趣味は映画および音楽鑑賞と絵を描くこと、また特技は日本舞踊(6年間)・英会話・サックスというように非常に多彩。

言わば、とても多趣味な方なんです。

 

これだけ多趣味だと、たとえ休日であっても暇を持て余すことはまずないでしょうね。(笑)

 

これから今まで以上に知名度が上がれば上がるほど活動が忙しくなることは明白なので、たまには趣味でゆっくり息抜きをして英気を養いながら、末永く活躍して行って欲しいものですね。

 

 

さて、そんな大西礼芳さんが今月23日から日本テレビ系列で深夜0:59から放送される連続ドラマ「○○な人の末路」に出演します。

 

大西礼芳さんが演じるのは、気象キャスター(通称・お天気お姉さん)の立花 薫。

 

主演では無いものの、主人公4人がいつも視聴する人気情報番組の気象キャスターなだけに、物語において何かしらの重要なポジションの役どころであることは間違いありません。

 

男前で多趣味な将来有望女優が、果たして本ドラマでどのような演技を見せてくれるのか、そしてその演技力にも今から乞うご期待ですよ!

 

皆さん、放送開始日をお楽しみに!!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ