丘みどり アイドル風演歌歌手からイメチェンでヒット!紅白出場も!

丘みどりさんというお名前を聞いたことがあるでしょうか?

 

この1~2年でヒットして知名度を上げた女性演歌歌手です!

今回、今夜くらべてみましたに出演されるということで、丘みどりさんを紹介したいと思います。

 

そのプロフィールやヒットの秘密などを調べてみました!

 

 

丘みどりさんのプロフィールや経歴をご紹介!


丘みどりさんのTwitterより引用

 

プロフィール

  • 1984年7月26日生
  • 本名  岡 美里
  • 身長  157cm
  • 血液型  A型
  • 兵庫県宍粟郡安富町(現・姫路市)出身
  • 所属事務所  アービング
  • レコード会社  キングレコード

 

ということで…

具体的にはどんな方なのでしょうか?

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

小学5年生のとき、『兵庫県日本民謡祭名人戦』で優勝したこともある民謡大好き少女だったそうです。

その後も、多くの民謡コンクールで優勝をしておられます!

 

高校卒業後にはホリプロ大阪のHOP CLUBというアイドルグループのメンバーとして活動していたそうです。

元アイドルとは、面白い経歴ですね。

 

そして…

2005年、『おけさ渡り鳥』でデビューして地元でもある関西で活動を開始しましたが、なぜか活発な活動はなく、公式のブログで趣味のことを書いていたそうです。

 

その後、十年間売れない状況が続いた、2015年。

10年ぶりにNHK歌謡コンサートに出演してテレビで出演するようになり、知名度が一気に急上昇しました。

 

そして、2016年。

レコード会社移籍後に発売した第1弾のシングル「霧の川」で、オリコン演歌ランキング1位を獲得。

 

NHKの歌番組にもたびたび出演するようになり、現在発売中の新曲「佐渡の夕笛」もオリコン演歌ランキング1位を獲得!

 

さらに2017年11月4日、デビュー13年目にして初の単独公演を実現。

 

そして…ついに…2017年11月16日…。

2017年末に行われる第68回紅白歌合戦に出場することになりました!

 

 

?ヒットの秘密は?なぜ10年知られなかったの?

次に、ヒットの秘密にも迫っていきたいと思います。

2005年にデビューした直後、お母さんが癌に倒れて看病のために活動を休止していたらしいです。

 

親子で精一杯、癌と戦ったのですが…

残念ながらお母様は2006年、47歳の若さで息を引き取ったそうです。

大切な母との別れ…

悲しさ、悔しさで胸が締め付けられる想いだったでしょうね。

ものすごく泣いたと思います。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

そんな娘を想ってか、お母さんは生前こんな言葉を残していたそうです。

お母さんは幸せだったよ。

したいと思うことがいっぱいあるお母さんの分まで、色んな事にチャレンジしてほしい。

やって後悔の生き方をして欲しいと…。

自分のために…夢に向かって一生懸命進んでほしいという、お母さんの暖かく愛に溢れた言葉ですね。

 

この言葉を胸に、丘みどりさんは、2007年から芸能活動を再開します。

気持ちとは裏腹に、ヒット曲は出ず、地道な活動が続いていました。

 

苦しく辛い日々が続いた時、移籍の話がでます。

それまでのレコード会社からキングレコードに移籍

 

そこで、アイドル然とした衣装から着物といった従来の演歌スタイル衣装チェンジしてイメージがガラッと変わった丘みどりさんは、持ち前の歌唱力と相まってブレイク。

 

つまり、大切な母との別れを乗り越えて、苦労を重ねてきたその経験が乗った歌唱力に加え、その想いのこもった歌に合うイメージに変わったことで、状況が好転し、ブレイクしたのだと思います。

 

 

独自の打ち出し方を試し、ついにヒット!

丘みどりさんにはアイドル衣装イメージで打ち出していた時代からのファンも多く、その時代からの苦労を共にしていたファンの方々もきっと彼女のブレイクを喜んでいると思います。

また、演歌ファンも、気持のこもった歌に魅了されファンとなっています。

 

十年の辛く悲しい苦労があったからこそ、他の演歌歌手にはない種類のファンという大切な財産を獲得できたのかもしれません。

 

そんな丘みどりさんが、2018年1月1日放送予定の今夜くらべてみましたに出演されます。

そこで、10年間の苦労の話を面白おかしく話してくれるのでしょうか。

それとも、大切な財産であるファンとの想い出を話してくれるのでしょうか。

どんな話をしてくれるか、今からワクワクがとまりません。

 

ですので、2018年の1月1日は、今夜くらべてみましたを見て、

笑い初めにしましょう!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ