小栗旬の事務所はどこ!? そして小栗旬が次に目指す夢とは!?

小栗 旬さんという俳優を知らない方はほとんどいないでしょう。

 


(公式HPより引用)

 

数々のドラマや映画に出演し、イケメン俳優としてだけではなく、実力派俳優としてもその名を轟かせています。

 

そんな小栗旬さんですが、現在、所属している事務所の取締役を務めているのをご存知ですか?

さらに、目指す壮大な夢 (さき) もあるといいます。

 

今回は、小栗旬さんのそんな一面を掘り下げたいと思います。

 

 

俳優だけでなく、映画製作や事務所運営などマルチに活躍!

まずは、小栗旬さんのこれまでを振り返ってみましょう。

<プロフィール>

  • 小栗旬(おぐりしゅん)
  • 生年月日 1982年12月26日
  • 出身地 東京都
  • 身長 184cm
  • 血液型 O型
  • 職業 俳優・声優
  • 配偶者 山田優
  • 所属事務所 トライストーン・エンタテイメント

 

小栗旬さんは、幼い頃から芸能界に興味があり、小学校6年生でオーディションに応募し、エキストラなどを務めています。

1998年、反町隆史さん出演のドラマ「GTO」に生徒役で出演し知名度を上げ、また、2003年からは蜷川幸雄さん演出の舞台に出演しています。

 

さらに、2005年「花より男子」花沢類役で一気に人気に火がつき、「花ざかりの君たちへ」の大ヒットでその人気を不動のものとします。

 

その後も、ドラマ「リッチマン・プアウーマン」、映画「クローズZERO」や「宇宙兄弟」など、数々のヒット作品で主演を務め俳優としてのキャリアを重ねていきました。

さらに、その活躍は俳優だけではなく、声優としてアニメ作品に出演したり、2010年には映画「シュアリー・サムデイ」で映画監督としてデビューしたりするなど、マルチな才能発揮し、多方面で活躍されています。

 

 

また、プライベートでは2012年に山田優さんとの結婚を発表。

 


(所属事務所のHPより引用)

 

2014年には第一子が、2017年には第二子が誕生し、二児の父となっています。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

小栗旬、実は事務所の取締役!!

そんな小栗旬さんが所属するトライストーン・エンタテイメントは、俳優を中心に多くの所属タレントを抱えており、小栗旬の他にも、綾野剛さん、田中圭さん、女性歌手のmiwaさんなどがいます。

 

また、スカウトやオーディションを開催し、若手発掘にも力を入れています。

 

 

そんな多くのタレントを抱えるトライストーン・エンタテイメント。

その会社の取締役を小栗旬さんが務めていたのです。

 

小栗旬さんがそのトライストーン・エンタテイメントの取締役に就任したのは、2014年2月のことでした。

 

30代での取締役就任とは、異例の大出世ですね!

 

代表取締役社長の山本又一朗さんは、元々は映画プロデューサーとして活動していた人で、タレントのマネジメントの他にも映画制作を行っています。

 

ちなみに、このトライストーン・エンタテイメントは、「あずみ」や小栗旬さんが主演を務めた「ルパン三世」を制作した会社なんだとか。

最新作としては、2017年1月21日に公開された園子温監督の「新宿スワン2」があります。

 

俳優のみならず映画監督など制作にも関心がある小栗旬さんをとても可愛がっていて、そのことが、小栗旬の大出世の理由なのかも知れませんね。

 

 

小栗旬が目指す夢(さき) ――。次期社長? 独立の噂も!?

取締役から次期社長へ!?

数々の有名ドラマに出演し、自分で監督として映画作品を撮影するなど、作品や役者として高い理想をもつ小栗旬さん。

今後、事務所の次期社長になるのでは、とも言われています!

 

これはすごいですね!

 

 

しかし、一方では……

 

事務所を辞めて、独立しようとしているという噂もあります!

どうして、安定した事務所を捨ててまで、独立しようと考えているのでしょう?

 

 

気になりますね…。

 

 

実は、小栗旬さんには、今の芸能界に対する不満や疑問、そして、それを何とかしたいという強い想いがあるようなのです。

 

 

日本の芸能界を変える!

現に小栗旬さんは、対談やインタビュー、テレビ番組でのトークなどで、たびたび今の日本の芸能界について苦言を呈しています。

 

具体的には、

  • 大手事務所の所属タレントばかりが優遇される状態
  • 俳優が長時間労働を強いられている割に働きに見合った報酬や保障制度がない

ということに疑問を持っているそうです。

 

 

今の芸能界の現状を変えたい!

俳優の労働条件をよくしたい!

 

というのが、小栗旬さんが独立を望む理由のようです。

 

 

現に、小栗旬さんも売れっ子俳優になるまでは給料が少なく、アルバイトをしながら生計を立てていたそうです。

自分が体験してきたからこそ、今の若手俳優たちの苦しさも分かるのでしょうね。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

アメリカのシステムを日本にも導入したい!!

小栗旬さんが、「芸能界の変革のモデル」として参考にしているのは、アメリカの芸能事情なのだそうです。

 

アメリカでは、日本のような芸能事務所というのは存在せず、俳優が斡旋業者と直接交渉し、仕事を紹介してもらうというシステムが構築されており、そんな俳優たちをサポートするため、「SAG-AFTRA」という組合があります。

 

俳優の労働環境を改善するために、日本でも俳優の労働組合を立ち上げたい

小栗旬さんはそう考えているようなのです。

 

実際、仲のいい俳優仲間を集めて、独立を画策しようとしているという噂もあります。

 

 

そんなビッグなことを考え、また実行しようとしている小栗旬さん、すごいです…。

 

しかし、「皆、結構いざとなると、乗ってくれない」と小栗旬さんは悩みを語ります。

 

また、あまりに過激な発言が目立つため、「小栗旬を使うな」との命令が出しているという噂も…。

 

 

しかし、小栗旬さんはこうも語っています。

「『誰かに殺されるかもしれない』くらいの覚悟で戦わないと、日本の芸能界を変えるのは相当難しい」

 

つまり、すべて覚悟のうえでの行動なのでしょうね。

相当に強固な信念を胸に秘めていることがうかがえます。

 

 

まとめ

小栗旬さんは、俳優としてだけではなく、映画製作に携わったり、所属事務所の取締役を務めたりと、さまざまな分野でその手腕をふるっています。

 

しかし、彼が本当に望むのは、「日本の芸能界を変える!!」ということであり、そのために独立をしたいと考えているようです。

 

彼の目指す夢 (さき) は、とてつもなく大きく、また相当困難な道でもあります…。

 

しかし、大きな信念をもち、活動している小栗旬さん。

 

その志を曲げることなく、いつか日本の芸能界に革命をかもしれませんね!!

 

 

今後の小栗旬さんから目が離せません!!

 

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ