三宅健太さんの声が渋い!二枚目役でもバッチリ⁉

少年ジャンプで連載される、ヒーローが当たり前の職業になっている世界を描く『僕のヒーローアカデミア』。

 

(僕のヒーローアカデミア公式HPより引用)

 

人間の80%が何らかの超人的な特殊能力をもって生まれる世界のお話となっています。

その特殊能力のことを「個性」と呼び、その「個性」を悪用するヴィランと闘うヒーローは人々の憧れの的。

主人公の緑谷出久(みどりや いずく)もそのヒーローに憧れる少年の一人です。

 

しかし、彼は「個性」=超人的な特殊能力を持たずに生まれてきました。

それでも、ヒーローになって活躍したい緑谷出久は、ヒーローアカデミアという学園に入ってヒーローになろうとするのですが…

 

彼の入学が絶望的と言われる中で、平和の象徴と謳われるヒーロー「オールマイト」という人物に助けられ、彼から力を譲り受けて試験をパスし、入学を果たします。

 

僕のヒーローアカデミア』は、色々な学園での試練を乗り越えながら成長する主人公たちの物語です。

 

世界観として、8割の人間が何らかの超人的な特殊能力を持っているということもさることながら、何も力を持たないはずの普通の男の子が主人公である、というのが面白いですね。

 

ここまでの主人公設定は、1988年に公開された大友克洋さん原作の映画『アキラ』(https://www.bandaivisual.co.jp/akira/akirastory.html)みたいですが、違うのは勇気と心意気が認められて偉人から能力を譲り受けることができたということです。

 

このヒーローの中のヒーローで人々の憧れの的で、主人公に力を授けるキーパーソンでもある「オールマイト」の声を担当するのが、三宅健太さんです。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

三宅健太さんの声は渋くてかっこいい!


(三宅健太さん写真―GREE公式ブログより引用)

 

三宅健太さんは沖縄県出身で、1977年8月23日生まれの声優ナレーターです。

アミューズメントメディア総合学院声優学科を卒業しておられます。

しかしその後、オーディションに合格できず、なかなか声優としての仕事が得られず苦労したといいます。

 

吹き替えの仕事でも失敗してしまった経験もあったといいます。

あまりの緊張に台詞を出すことができずに椅子に座ったまま放心してしまい、その際スタッフの人にものすごく怒られたというエピソードも。

 

今でこそ、ゴツイ二枚目系のキャラクターを上手く演じる第一人者のように思えますが、自信を失って、それが声に出てしまって…という時もあったようですね。

 

しかし、『ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース』でアヴドゥル役に抜擢されたことをきっかけにして、多くの仕事を受けることができるようになったそうです。

 


(「ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース」の公式HPより引用)

 

そして、ここにアヴドゥル(三宅健太さん)の渋い声が

 

 

強くて頼りがいのありそうな素敵な声ですよね!

男も聞き惚れるいい声。

このアニメ、毎週楽しみしていたアニメなので、一度ご覧ください。

声の素晴らしさ、ストーリーの素晴らしで、きっと一気見してしまうこと間違いなしです。

 

さらに、いかつい系のキャラクターや洋画俳優の声を引継いで活躍もされています!

亡くなられた笹岡繁蔵さん鈴置洋孝さん郷里大輔さんから持ち役の一部を三宅健太さんが引き継いで、渋くてイカツイ持ち味を発揮しています。

 

また、ゲームが好きな方に人気のファイナルファンタジーの最新作、ファイナルファンタジー15の、これまたイカツイキャラ、兄貴的キャラであるグラディオラス・アミシティア役も担当されています。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

流石プロ…使い分けも問題なし!

ここまで、三宅健太さんが演じたキャラクターを少しご紹介しました。

その多くは、イカツくて、カッコいい渋いキャラクター。

 

そんな中で、異彩を放つキャラクターがいます。

 

それが、鋼の錬金術師ガーフィ-ルです。

このキャラクターは、ラッシュバレーで機械鎧職人を営む…筋肉ムキムキのオカマ♡

オカマなので、もちろん口調もオカマ言葉です。

このキャラクターを三宅健太さんが演じていました。

渋くてかっこいい声のイメージから一転、少し高めの声音でオカマ言葉を使い、もしかしたら…と思ってしまうほどの好演でした。

 

そして、同作品で三宅健太さんはもう一役、スカーを演じています。

スカーは、多くの同胞の命を奪った国家を強く憎み復讐の鬼となったキャラクター。

こちらは、三宅健太さんの声のイメージに合った渋くてかっこいいキャラクターです。

 

そんな2キャラを演じる三宅健太さんが、あるイベントで見せた…魅せたプロの業があります。

 

それが、その2キャラを交互に演じるというもの。

一人の女性声優さんとはスカーとして応対し、もう一人の女性声優とはガーフィ-ルとして応対するというもの。

 

最初はゆっくりと進む会話が、次第に早くなり、最後はまくし立てられる様に交互に話しかけられます。

それに見事、応対する三宅健太さんですが、最後の方はあたふたと焦りまくり。

 

それを見ている私たちは面白いのですが…。

 

しかし、その焦りも演技なんです。

即座に渋い声と、オカマ声を使い分け、果ては焦った声すらも演技。

 

まさに、プロの業です。

 

 

まとめ

色々と渋い、イカツイ声を担当する三宅健太さん。

かと思えば、オカマ役も演じられる素晴らしい声優さんです。

 

そんな三宅健太さんが、2018年8月3日公開予定の映画『僕のヒーローアカデミアTHE MOVIE 〜2人の英雄〜』に出演されます。

三宅健太さんが演じるオールマイトは、多くの人から尊敬される役。

役柄に合った素晴らしい声で演じられているので、アニメを見ていたという方はもちろん、初めて観るという方も聞き惚れる美声です。

 

ですので、2018年8月3日公開予定の映画『僕のヒーローアカデミアTHE MOVIE 〜2人の英雄〜』を観に行きましょう。

 

そして、プロの業を堪能しましょう!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ