マツコの知らない横浜中華街の世界!9月27日放送まとめ

matsuko092702

9月27日のマツコの知らない世界はスペシャル、第二弾は横浜中華街の世界です。

中華街というと、神戸の元町と横浜が有名ですね!

ファンも多いですし観光客も訪れる横浜中華街は、年間200万人もの人出だそうです。

9月27日放送では、すごい案内人が登場!

とてもバランスの良い紹介でした。

案内人は俳優・藤竜也さん

渋さとカッコよさを併せ持つ俳優、藤竜也さんが案内人です。

御年、75歳。

さすがは現役の俳優さんですから、とても若いのにびっくりでした。

藤さんは幼児期に中国の北京から日本に帰国。

地元が横浜ということで、小学校の頃から中華街はおなじみです。

2008年から、地元の商店街の方たちと『チャイナタウン探検隊』というサークルを結成。

中華街の完全制覇を目指し、これまでに100店舗以上を食べ歩きしているそうです。

また、映画の撮影をきっかけに、ご自宅で教室も開いています。

そして、一緒に出演したのは、映画で共演している上野樹里さん

最近結婚されて、料理研究家の平野レミさんがお義母様です。

【スポンサードリンク】

お土産が・・・

中華のお菓子の王道。

ゴマ団子でした。

マツコさんも、『こんなの食べたことない』と大喜び。

中華街の老舗、翠香園菓子部

創業90年の老舗・翠香園のゴマ団子で130円です。

http://www.chinatown.or.jp/shop/%e7%bf%a0%e9%a6%99%e5%9c%92%e8%8f%93%e5%ad%90%e9%83%a8/

ここで、スタジオに中華街のセット登場。

藤さんおススメの4店の登場です。

世界1の料理人が作る小籠包の専門店、『上海豫園小籠包館』

http://www.shanghaiyoen.co.jp/

今回は、このお店でしか味わえない豆苗炒め1296円と小籠包756円から864円が登場。

マツコさんの感想・・・豆苗炒めは、油っこくない、サラダみたいと絶賛でした。

生のまま強い火力で30秒炒めるのだそうです。

小籠包は、ずっと飲んでいたい、スープが美味しいと大喜びでした。

この道40年のお母さんの味にリピーター続出の『中華飯店』

https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140104/14007964/

武骨な形の絶品シューマイ5個600円と、お母さんのやさしさが沁みわたる透明スープの鳥そば700円。

また、絶品のモツ料理のウラメニュー、モツ焼きそば750円が登場しました。

マツコさんの感想・・・お店のお母さん手作りのシュウマイは、これ美味しいんだけどー。

鳥そばは、ツルツルの麺で、やさしいとのこと。

モツ焼きそばも美味しいと嬉しそうでした。

ここで、お腹がかなり一杯になった皆さんに、ちょっと寄り道で

開運花文字の『横浜大世界』

http://www.daska.jp/floorguide/comfort06.html

訪れる人のオーラを色に表して、名前を美しく文字にします。

ちなみにマツコさんは、ピンク(美しさ)黄(財運)紫(健康)。

新婚の上野樹里さんにはパンダ(かわいい)蝶(夫婦)が描かれていました。

【スポンサードリンク】

本格中国茶が味わえる数少ない専門店『悟空茶荘』

goku-teahouse.com/店舗紹介/悟空茶荘

レトロな店構え。

多くの有名人に愛されたお店で、美空ひばりさんや大原麗子さんも通っていたそうです。

今回は、八宝茶850円と春風ジャスミン茶800円、白芽奇蘭ウーロン茶830円でした。

ウーロン茶は茶葉に直接ではなく、急須の上からお湯をかけてから楽しみが始まります。

マツコさんの感想・・・香りを楽しむのね。

ウーロン茶は脂をとかしますから、中華料理の後にはピッタリですね。

知る人ぞ知る名店『節筵(せつえん)』

http://r.gnavi.co.jp/3ksgu9n00000/

〆にピッタリのスープチャーハン1080円と、本場の辛ウマの四川風マーボー豆腐1290円です。

スープチャーハンは、あんかけではなく、お茶漬けのような、サラサラ食べるタイプ。

マーボー豆腐はフルーティーな味わいだそうです。

マツコさんの感想・・・一番好きかな?と、お皿を抱えて食べ続けていました。

一日だけ!藤樹里飯店の杏仁汁粉レシピをご紹介

藤竜也さんはトマトと卵の中華炒めでした。

材料は湯むきして種を取ったトマトと卵に塩こしょうと紹興酒。

自前の中華鍋で手早くフワフワに作っていました。

上野樹里さんが、ご主人と相談したオリジナルの杏仁汁粉のレシピ!

作り方

1. ココナツミルク400mlと低脂肪乳100mlに三温糖大さじ3を入れて温める。

2. お餅を鍋で3分煮る。

3.1の鍋にココナツオイル大さじ2とアーモンドエッセンス20滴を入れる。

4. お椀に煮たお餅を入れて、3をかける。ホンとだ、杏仁ポイとのことでした。

 

横浜は、みなとみらいやレンガ倉庫、日本丸に山下公園。

異国情緒があふれ、見どころはたくさんあります。

中でも中華街は、門を一歩入ると両側にお店が並び、肉まんの香りや香ばしい匂いがします。

お腹の調子を整えて、お店巡りに出かけたいですね。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ