簡単セルフマッサージ!自分一人で疲労回復【Part6】足裏編

433468
足裏には、全身の疲労回復のツボがあると言われていますね。

よく、足裏マットと言って、固い丸いポチポチのマットがありますが、試したことがありますか?

気持ちがいいというより、痛かったのではないでしょうか?

セルフマッサージでは、身も心も疲労回復したいので、やはり自分の手や、痛みを伴わない道具を使ってみましょう。

まずは、足を浴槽又はシャワーで気持ちよく洗い温めます。

【スポンサードリンク】

前回は、簡単セルフマッサージ!自分一人で疲労回復【Part5】背中編 をご紹介しました。

今回は、簡単セルフマッサージ!自分一人で疲労回復【Part6】足裏編 をお送りします。

足裏のツボを知ろう

直接ストレートな足裏のツボは、足の裏の人差し指の骨をかかとに向かってたどった窪みの湧泉(ゆうせん)です。

a_hiro
これは、万能のツボでもありますね。

また、湧泉から少し下がると、足裏の中心になりますが、そこから足の内側にそって土踏まずがあるわけです。

この土踏まずまでの線は特に内臓の調子を整えるツボになりますから、覚えておきましょう。

足裏をセルフマッサージしよう

指の先から始めましょう。

足の指の付け根から、爪の先までのマッサージです。

ゆっくり息をしながら、一本一本もみあげて、指と指と間もまんべんなくマッサージします。

湧泉、土踏まずは、少しづつ場所を移動しながら、両方の手の親指でゆっくり押していきましょう。

かかとをトントン

マッサージに行くと必ずしてくれますね。

かかとや、土踏まずをグーにした手でトントン、気持ちの良い程度に叩いて下さい。

青竹ふみ

青竹ふみと、かかと伸ばしが一体になった、セルフマッサージ用のソフト板がありますよ。

このような器具を使っても良いですし、家になければ敷居が利用できます。

家じゅうがバリアフリーの場合は、ラップなどの芯にタオルをきつく巻いて、輪ゴムでしっかりくるんでも利用できます。

ゆっくり足踏みをすると気持ちよく、マッサージ効果が出ますよ。

【スポンサードリンク】

樹液シートって?

ひと頃、樹液シートといって、寝る前に足の裏にシートを貼り、朝はがすとシートに体の老廃物が出ますという品がありました。

使ってみたことはあるのですが、アレルギー体質の人だと、かえって赤くなったり、痒くなったりしますから、確かめてからがいいようです。

寝ている間に汗はかくわけで、ピンポイントに老廃物が出たとは感じませんでした。

ツボ押しスリッパ

ツボにそってゴムの突起のあるスリッパがありますね。

これは、ゴムですから、痛くないですし、使っていると他のスリッパでは物足りなさがあるので、おススメできます。

オイルで手入れ

足の裏、とくにカカトはヒビが入ったり、魚の目やタコができやすいですね。

表面の皮膚にかたよった重さがかかっているからです。

マッサージする際に、香りのサッパリしたオイルを利用すれば、疲労回復とともに、足裏のお肌の回復にもなりますね。

香りの苦手な方も、足裏ならば呼吸器からは遠いので、ほんのりした香りのオイルでもいいですし、オリーブオイルやワセリンもおススメですよ。

第2の心臓と言われている足裏

マッサージに行かれるときには、どんな施術をしているのか覚えておくのもいいですね。

『これは、一人でもできますか?』とか聞きながら。

また、家で履くソックスは5本指ソックスがおススメです。

指の間を開いておくことで血行が良くなりますよ!

次回は、簡単セルフマッサージ!自分一人で疲労回復【Part7】ふくらはぎ編 をお送りします。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ