俳優・黒田大輔は劇団出身 名脇役と呼ばれる男の人物像と最新出演映画を紹介

春の日射しとそよ吹く風が心地良い今の時期、皆さん毎日を気分良く元気に過ごせていますか?

 

アクティブに動くことが好きなアウトドア派の方の中には、もはや「定番」とも言えるお花見や、サイクリングなどのスポーツで汗を流したり、映画館へ映画を観に行ったりという方もいらっしゃることでしょう。

 

ましてや自分が好きな俳優さんが映画に出演しているとなれば「絶対に観に行く!」というのがファン心理というものだと思います。

 

さて、常に最新の情報をゲットできるネット上では、この春を飛び越えて今夏に上映が開始される映画の情報が公開されています。

その中に僕が注目している俳優さんがいるんです。

 

その方は、2018年9月14日公開で、女性アイドルグループ欅坂(けやきざか)46の平手友梨奈さんが主演を務める「響-HIBIKI-」に出演する黒田大輔さんです。


(ご本人が過去に所属していた劇団「THE SHAMPOO HAT」のHPより引用)

 

黒田大輔さんは2003年から2013年までの10年間、劇団「THE SHAMPOO HAT」に所属。

 

その後、2015年に放送された連続ドラマ「天皇の料理番」で、主人公の佐藤健さんをいびり嫌がらせをするシェフ役で出演。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

また、2016年には女性アイドルグループ「乃木坂46」が発表した「サヨナラの意味」のカップリング曲「あの教室」のPV(プロモーションビデオ)に教師役で出演し、その独特の演技力がファンの間で話題に。

 

なお、現段階ではその名前をあまり知られていないんですが、これまでに出演した映画やドラマ作品はどれも有名なものばかり。

 

物語において重要なキーパーソンとなる役どころを演じることが多いため、“名脇役”としてこれからどんどんと知名度が上昇していくこと間違い無しの方です。

 

そんな黒田大輔さんのプロフィールをご紹介すると・・・

 

 

黒田大輔さんのプロフィール

1977年12月9日、千葉県出身の40歳です。

 

2003年から2013年までは 劇団「THE SHAMPOO HAT」に所属。

同劇団公演の舞台を中心に、劇団「五反田団」の舞台公演にも参加していました。

つまり元々は舞台俳優なんですね。

 

なお「THE SHAMPOO HAT」に所属していた頃も、並行して俳優として活動しており、その頃の主な出演作品を挙げると・・・

 

NHK朝の連続テレビ小説「」(2008年)や「梅ちゃん先生」(2012年)のほか、映画であれば「La・fuosaje 愛をつく女」(2005年)を皮切りに「アウトレイジ」や「踊る大捜査線 THE MOVIE」などがあります。

 

現在は、東京・渋谷にある芸能事務所「ダックスープ」に所属し、2015年に公開された映画「恋人たち」では名前通りの黒田大輔役で出演。

なお、黒田大輔さんはこの映画で、「高崎映画賞」を受賞しました(2016年)。

 

そのほか、2015年にTBS系列で放送され佐藤健さんが主演を務めたドラマ「天皇の料理番」や、昨年2017年には木村拓哉さん主演の「A LIFE〜愛しき人〜」など、様々な作品に出演。

 

近年の主な活動としては、2017年にTBS系列で放送されたドラマ「カルテット」最終回にてゲスト出演。

 

さらに今年2018年は、冒頭でご紹介した「響-HIBIKI-」以外にも、5月公開の「モリのいる場所」、またいずれも6月公開の「馬の骨」「万引き家族」に出演が決定しているなどこれからの活躍から目が離せません。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

劇団出身の名脇役が今年4本目の映画出演 元・舞台俳優の熱演を見逃すな!

2003年からの10年間を劇団「THE SHAMPOO HAT」の一員として過ごしながら、並行して俳優としても活動。

 

これまで数々の映画やドラマにおいて、重要なキーパーソンとなる役どころを多く演じてきたことから“名脇役”としての印象が強い黒田大輔さん。

 

そんな彼は、すでに今年に入り4本の映画に出演することが決まっているんですが、その4本目となる作品名は「響-HIBIKI-」。

 


(「響-HIBIKI-」のHPより引用)

 

2014年より「ビッグコミックスペリオール」(小学館)にて連載が開始され、累計発行部数100万部を突破、「マンガ大賞2017」の大賞を受賞した人気コミック「響~小説家になる方法~」を実写化したものです。

 

圧倒的な文才を持ち、自分の信念に正直で破天荒な一面を持ち合わせる、15歳の天才女子高生小説家・響(ひびき)。

 

彼女が、過去の栄光にすがる有名作家・スクープの欲だけで動く記者・生きることに挫折した売れない小説家など・様々な人に影響を与えていく模様を描くというもの。

 

なお、本作品での黒田大輔さんの役どころはまだ不明ですが、これまで数々の映画やドラマでキーパーソンとなる役どころを多く演じてきた黒田大輔さんだけに、本作品においてもそういったポジションに位置していることは、おそらく間違いないでしょう。

 

 

元・舞台俳優としての実績を持つ“名脇役”の熱演を目に焼き付けるためにも、絶対に見逃す訳にはいかないので、公開と同時に劇場に足を運びたいと思います。

 

よろしければ、皆さんも黒田大輔さんの熱演を、ぜひ劇場でご堪能下さい!!

 

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ