富澤たけし 霊感体質な元ヤンがお笑いの頂点へ――天才の原動力は地元愛!?

2018年1月17日放送の『今夜くらべてみました』に登場するサンドウィッチマン


(左・伊達みきおさん、右・富澤たけしさん:所属事務所のHPより引用)

 

王道のしゃべくり漫才やコントを得意とし、2007年、まだ全国的には無名といってもよかった頃に、M-1グランプリの敗者復活戦よりファイナルに返り咲き、見事優勝を手にしました。

あれから10年も経つとは思えないくらい、衝撃的な出来事でしたね。

 

M-1グランプリ優勝以降、全国でも絶大な人気を誇り、今なお精力的に活動を展開するサンドウィッチマン。

彼らの魅力は、とぼけたようなボケをかます富澤たけしさんに、伊達みきおさんのキレのあるツッコミが冴える、躍動感あふれるステージですよね。

しかし、ステージ上の間の抜けたキャラからは意外なことですが、ネタのほとんどは富澤たけしさんが作っているのだとか。

 

こんな面白いネタが書ける富澤たけしさん

実際は、どんな方なんでしょうね?

 

というわけで、今回は富澤たけしさんのプロフィールを含め、どんな方なのかについて調べてみました。

 

 

ヤンキーだった少年時代からお笑い界の頂点へ!


(東北魂TVのHPより引用)

 

富澤たけしさんは、1974年東京都板橋区生まれ。

父親の転勤の影響で各地を転々とし、最終的には1984年から宮城県泉市 (仙台市泉区) で

育ちました。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

仙台商業高等学校に進学。ラグビー部に入部し、後にコンビを組む伊達みきおさんと出逢います。

 

そんな富澤たけしさんですが、学生時代は「ヤンキーだった」ことで有名だそうです。

イメージでは、金髪でステージでもコワモテなイメージがある伊達みきおさんの方がヤンキーっぽいですが、伊達みきおさんはどちらかというと真面目な生徒だったようで、実際は逆だったようですね。

 

ここで気になるのは、富澤たけしさんの目。

写真を見ても分かる通り、右目がやけに細いのです。

「これは、もしかしたらヤンキー時代、喧嘩した時の後遺症では?」

などと思えてしまいますね。

 

しかし、この右目は、生まれつきのものだそうです。

右目が開かず、生後半年で手術を受け何とか開くようになったものの、今でも右目は裸眼では字も読めないのだそうです。

 

そんな富澤たけしさんは、1998年に伊達みきおさんとお笑いコンビを結成。

今のサンドウィッチマンが誕生しました。

なお、結成当初はお金がなく、数年間伊達みきおさんとアパートで共同生活をしていました。

そのため、ホモ疑惑まで出てしまったそうです(笑)。

 

そんなサンドウィッチマンの知名度を全国的に高めたのは、なんといっても2007年のM-1グランプリでの優勝です。

あまたの漫才師が一同に会し、その年のNo. 1を決定するこの大会で、サンドウィッチマンは敗者復活戦という枠から勝ち抜き、ファイナルに残っていた強豪を押しのけて、見事にグランプリを勝ち取ることができました。

 

それまで芽が出なかったサンドウィッチマン。

富澤たけしさんは思い悩み、コンビ解散も考えていたそうですが、長い下積みという苦労の末に掴み取った栄光だったのですね。

 

以降も、コントや漫才を基盤として、さまざまなお笑い番組に出演。

また、バラエティのゲストやワイドショーのコメンテーターなど、マルチな活躍をみせています。

 

 

霊感体質は本当?

そんなサンドウィッチマンの富澤たけしさんですが、お笑い以外にもうひとつ、注目すべきところがあります。

 

それは意外なことに何と「霊感体質」なのだそうです。

 

 

コービーカップに入れたスプーンが、誰も触っていないのに回りだしたり、霊が送ったのでは――と思えるメールが携帯に届いたり、など、幾度となく霊体験をされているそうで、相方の伊達みきおさんも一緒に目撃したことがあるのだとか。

 

しかし、富澤たけしさんは「(今までに霊体験は)何回もあったから、気にしない」と語っているそうです。

 

まさに、“猛者”の境地に入っていますね(笑)。

 

 

天才の転機――それは地元東北への「想い」だった

霊体験の話は置いといて、今や押しも押されぬ超実力派コンビとなったサンドウィッチマンの富澤たけしさん。

 

漫才やコントのネタもほとんどが富澤たけしさんが作ったものだそうです。

 

コンビとしての実力やネタづくりの才能は、他の芸人仲間からも折り紙付き。

 

あのビートたけしさんに「漫才の実力で売れたのはサンドウィッチマンとナイツだけ」とまで言わしめたこともあるそうで、

また相方の伊達みきおさんも「富澤は本当に天才。芸人辞めても普通に作家で食える」と語っているそうです。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

このように、業界からも“天才”と呼ばれる富澤たけしさん。

 

 

そんな富澤たけしさんの活動に大きな影響を与えた出来事がありました。

それは、2011年の東日本大震災です。

サンドウィッチマンのおふたりの故郷である仙台にも多大な被害を与えた震災。

 

この日、サンドウィッチマンのおふたりは、ロケで気仙沼を訪れ、地震に遭遇してしまったそうで、実際に命からがら避難することになってしまったそうです。

 

地元の悲劇を自らも体験した伊達みきおさんと富澤たけしさん。

おふたりはこの経験を「偶然ではなく運命」と感じ、東北の復興支援のための活動を展開します。

 

多くのチャリティー活動に参加し、震災復興を掲げて立ち上がったBSフジの番組『東北魂TV』に出演。

鳥居みゆきさん狩野英孝さんなど、東北出身の芸人らとともに「笑いで日本を元気にする!!」を合言葉に、活動を行っています。

 

(番組のHPはこちら)

http://www.bsfuji.tv/touhoku_spirit/index.html

 

 

自分の得意とする「お笑い」を基盤に、自ら率先して被災地の復興活動を行う富澤たけしさん。

その姿に勇気づけられる被災地の方も多いのだといいます。

 

お笑い界の頂点に上り詰めたサンドウィッチマンですが、今やその力を自分たちだけでなく、震災で大変な思いをする被災地の方々のために使っています。

 

このような地元愛こそが、サンドウィッチマンがお笑い界の頂点に君臨し続ける原動力になっているのかも知れません。

 

 

地元復興に熱い想いをかける富澤たけしさんが、コンビで「今夜くらべてみました」に登場!

そんなサンドウィッチマンの富澤たけしさんが、1月17日の「今夜くらべてみました」に出演します。

 

トリオ THE サンドウィッチマンとサンドウィッチマンが好きな女」というテーマで、相方の伊達みきおさん、無類の「サンド好き」で通る元フジテレビアナウンサーの八木亜希子さんとともに、爆笑トークを繰り広げます。


(番組のHPより引用)

 

一体どんな内容になるのでしょうか?

 

もしかしたら、本記事で取り上げた、ヤンキー時代の話や霊感体質の話、また地元東北の復興にかける想いなども話されるかも知れませんね?

 

 

いずれにせよ、お笑いに情熱をかけるサンドウィッチマン富澤たけしさんのトークから目が離せなくなること間違いなし!

伊達みきおさんのトークにも要注目です!

 

 

当日の放送をどうぞお楽しみに!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ