風邪の治し方!咳や熱・頭痛を早く治したい

mask_kafun_woman

風邪の治し方! 咳や熱・頭痛を早く治したい

風邪、特に夏にひく風邪は長引くと言われていて厄介ですよね。

一般的にはかぜ症候群といわれるものです。

鼻やのど、気管支などの呼吸器の炎症が続くわけです。

熱も出ますよね。

なんとか、仕事や学校に早く復帰したい。

そこで今回は、いろいろなカゼの治し方を調べてみました。

【スポンサードリンク】

まずは予防から

出かける時にバッグにマスクは入っていますか?

電車やバス、人混み。

風邪の流行時期は、 そこらじゅうが危険地帯。

使い捨ての紙のマスクは必需品ですよ。

マスクでウイルスの侵入を全てふさぐことは出来ませんが、喉を乾燥から守りますし、一定の効果は期待できます。

咳が出ている場合は周りの人にも迷惑を掛けられませんよね。

手洗い、うがいはしていますか?

鼻も、コップに水を入れてちょっと吸い込んで出す。

これだけでも、鼻やのどについてしまったウイルスが活動する前に撃退できるのですよ。

危険な口呼吸

鼻は、なんといっても異物の侵入を防ぐ『鼻毛』がありますよね。

ですから、呼吸は鼻呼吸 が好ましいのです。

口呼吸の場合、口の中の乾燥 → のどにウイルスがつく→腫れる。という悪循環をもたらします。

また、歯並びなどにも影響がでるので、鼻呼吸を意識しましょう!

風邪かな?と思うタイミング

早くわかれば少しでも早く対応できますよね。

ですから、自分チェックは大事です。

鏡を見 て、目の下が青っぽくなっていると、疲労がたまり、抵抗力が落ちます。

なんだか、のどがガサガサしませんか?

鼻がつまっていませんか?

体をシャンとしているのが辛くありませんか?

そういう体のサインがあれば、初期の風邪であることが多いですよ。

【スポンサードリンク】

初期の風邪と思ったら・・

初期にこそ効き目があるのが、“葛根湯”です。

葛根湯は薬屋さんにもおいてありますが、病院にかかる時に、『風邪をひきやすいので』と出しておいてもらうと安心です。

漢方といえども、体質によっては合わない場合もあるからです。

しかも、病院で処方してもらったほうが安いという利点もありますよ。

常備していると安心ですね。

寒気がして、熱も出てきたら・・

もうこれは、しっかり寝ましょう。

ソファーでテレビを見ながらウタタネはNGです。

できるだけ部屋を暗くして、水分をたっぷりとって、温かくして寝て下さい。

そして、ここでも大切なのがうがいです。

出来れば”イソジン”

イソジンがなければ殺菌作用のある温めの緑茶が適しています。

トイレに行くとき、水分をとるときは、べッドから出たらうがいです。

うがいをしまくって下さい。

これで、のどは大分らくになりまよ。

腹巻もおススメです

薄いオシャレ腹巻でも効果ありますよ。

お腹の中心を温めると血流が良くなりますから、いらない悪いものは、汗になって出してしまうのです。

汗をかいたら、清潔な下着に着替えて下さいね。

頭痛は何とかならないの?

まず、風邪の頭痛ですが、どうしても熱がでて血流がふえると血管も膨張します。

つまり片頭痛のような痛みが出てしまうのですね。

これには、水分を多くとることで頭痛を和らげる効果があります。

体は冷やせませんから、ひたいに冷たい保冷剤をタオルに巻いてあてても気持ちがよくなりますよ。

風邪の時の食事は?

ビタミンCが多く含まれるものや、ショウガなど体を温めるものがこのましいですね。

ただあまりに匂いのあるものと、弱っている方には辛いです。

ショウガをちょっぴりすりおろ したハチミツ入りの紅茶リンゴジュース

温かいものならお粥

ほうれん草入りのポタージュなどもおススメですよ。

病院に行く場合・・

熱が上がり続ける、節々に痛みがある、下痢おう吐。

こんな場合は迷わずに病院へ直行です。

また、二週間咳が止まらない場合も、病院で相談してみましょう。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ