情熱大陸「女子相撲選手・野崎 舞夏星(のざき まなほ)」6/10放送まとめ TBS

2018年6月10日放送のTBS情熱大陸女子相撲選手野崎 舞夏星のざき まなほ)さんに密着

女子相撲界・期待の星が再び世界へ

 

(ご本人のTwitterより引用)

 

野崎さんは小学校2年生の時に、それまで通っていたレスリングクラブから足腰の力を強化するために相撲を薦められたことがきっかけで相撲の世界へ。

以後は、地元および他県の大会に出場して好成績を収め、幾度もの優勝を経験。

 

さらに2013・2014年には、大阪府堺市で開催された「国際女子相撲選抜堺大会」を2連覇しただけでなく、2連覇を果たした2014年に台湾で行われた「第4回世界女子ジュニア相撲選手権大会」の軽量級で優勝

 

当時高校生ながら初の世界一に輝くなど、現在、「女子相撲界・期待の星」として、大きな注目を集めている選手です。

 

そんな野崎さんのプロフィールをご紹介すると・・・

 

 

【スポンサードリンク】

 

野崎さんのプロフィール

1996年7月17日、静岡県浜松市出身の21歳です。

 

ちなみに、「舞夏星」という名前の由来は「夏に舞う星のようにキラキラした女性になって欲しい」との想いから名付けられたそうです。

とても素敵でロマンチックな名前ですよね。

 

野崎さんが相撲と出会ったのは、小学校2年生の時。

それまでは、レスリングを習っていたお兄さんの影響で自身もレスリングを習っていたんですが、レスリングクラブから「足腰の力を強化するために」と薦められたことがきっかけでした。

 

その後、レスリングと並行しながら相撲を開始。

 

そして、4年生で地元企業の相撲クラブへ入会すると、6年生だった2008年に開催された「第17回わんぱく相撲静岡県大会」における5・6年生の部での優勝を皮切りに、静岡県大会や他県大会を次々と制覇

 

その甲斐あって、静岡県相撲連盟の県相撲番付では、中学校へ進学した2009年度に小結、2010年および2011年度に関脇、そして2013年および2014年には大関と、見る見る間に昇進。

 

なお、高校(静岡県立浜松西高等学校)在学中は柔道部に所属しており、何と初段の腕前だったそうですよ。

まさに「根っからの体育会系女子」なんですね。

 

ちなみに、2013年・2014年には、同年、堺市(大阪府)で開催された「国際女子相撲選抜堺大会」を、怒涛の2連覇

 

それだけではなく、2連覇を果たした2014年に台湾で行われた「第4回世界女子ジュニア相撲選手権大会」の軽量級で優勝を果たしたことで、なんと現役高校生にして、また日本人として初となる世界一の座を獲得したんです。

 

驚くべき偉業ですよね。

 

この偉業に関しては、相撲以外にも、バックボーンとなったレスリングや柔道など、様々なスポーツ経験を持っていることが功を奏したのはもちろんですが、やはりそれ以上に彼女には類いまれなる才能があることがお判り頂けると思います。

 

近年の主な活動としては、2015年に高校を卒業すると立命館大学へと進学し、相撲部に在籍。

 

その後の大会では、同大の先輩にあたる山中未久選手に苦杯を嘗めたことで準優勝の座に甘んじたものの、同年6月に開催された「第1回全国女子相撲選抜ひめじ大会」で山中選手に初勝利

 

これにより同大会で初優勝を飾るなど、これからの女子相撲界を背負っていく存在として申し分ない活躍ぶりを見せています。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

幾度もの怪我を乗り越えて 若き女子力士のラストチャレンジに密着!

小学校2年生の時、それまで通っていたレスリングクラブから「足腰の力を強化するために」と薦められたことから相撲を開始。

 

その後は地元・静岡はもちろん、他県の大会にも出場を重ね、何度となく優勝を経験。

 

さらに2013・14年に大阪・堺で開催された「国際女子相撲選抜堺大会」の2連覇のみならず、2014年に台湾で開催された「第4回世界女子ジュニア相撲選手権大会」の軽量級で優勝

 

なんと高校生および日本人として初となる世界一の座に就き、現在女子相撲界を背負って立つ“若き闘将”として熱い注目を浴びている野崎さん。

 

こうやってこれまでの経歴を振り返ってみると、まさに順風満帆。

一見、連勝街道を突っ走ってきたかのように思える申し分ないものなんですが、実はその裏には数知れない挫折の日々が。

 

というのも野崎さんは、これまでの激しい取り組みの中で何度となく右肩の脱臼および手術を経験しているんです。

 

やはり、相撲という人間の身体と身体が常に激しくぶつかり合う競技の世界に身を投じている以上、怪我というものは避けて通れないもの。

 

そうは解っていても、あまりに何度も繰り返してしまうと、時として心が折れそうになることもあると思います。

 

ちなみに、ご本人は自身の性格について「凄く負けず嫌い」と言っているそうですが、確かに負けず嫌いの性格でなければ、何度もケガに泣かされながらも相撲を続けようとは思わないんではないでしょうか。

 

そう考えれば、野崎さんの性格はまさに「アスリートの鑑」と言えると思います。

 

そんな野崎さんが、現在目標としているのは、来月7月22日に台湾で開催される「世界選手権大会」での優勝。

 

というのも野崎さんは、来年就職を考えているそう。

ということは、この世界選手権への出場が、彼女にとって「世界へのラストチャレンジ」となるんです。

 

果たして、野崎さんは自身最後の世界選手権で見事優勝し、自らの相撲人生に「有終の美」を飾ることができるんでしょうか。

 

 

さて、今週日曜日11時から放送される情熱大陸では、ラストチャレンジを成功させるべく、男子部員らと共に日々厳しい稽古に明け暮れる野崎さんに密着!

 

また練習風景だけではなく、その知られざる素顔も余すところなくご紹介しますよ!

 

これを見れば、あなたも野崎さんの負けず嫌いな気持ちを全面に押し出して相手に向かっていくその姿と、稽古以外の場面で垣間見せる素顔とのギャップに驚き、きっと彼女のファンになること間違い無しかも!?

 

皆さん、ぜひお見逃しなく!!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ