情熱大陸「映画監督・松本花奈(まつもと はな)」4/22放送まとめ TBS

2018年4月22日放送のTBS情熱大陸は映画監督松本花奈まつもと はな)さんに密着

若干20歳の女子大生映画監督

 

2018年4月22日、夜11時25分からTBS系列で放送される情熱大陸。

ゲストは、映画監督松本花奈まつもと はな)さんです。

 


(ご本人の公式twitterより引用)

 

松本さんは現在、若干20歳という年齢ながら、なんと14歳から映像制作を開始

そして、17歳の時に撮った自主製作映画で「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」において、審査員特別賞および観客賞をダブルで受賞。

 

これにより、かの有名な岩井俊二監督から賞賛され、当時「天才女子高生映画監督」と世間を騒がせたという驚きの経験を持っているほか、昨年の夏にはAKB48から派生したグループである「HKT48」の楽曲のMV(ミュージックビデオ)を制作

 

持ち前の若い感性と、物怖じせずに相手の懐へ飛び込んでいく思い切りの良さが業界内外で高評価を得ている「現役女子大生映画監督」です。

 

そんな松本さんのプロフィールをご紹介すると・・・

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

松本さんのプロフィール

1998年1月24日、大阪府生まれの20歳です。

現在は、慶応義塾大学の総合政策学部に在学しながら映画監督として活躍している松本さんですが、実は8歳の頃から「劇団ひまわり」所属の子役として活動。

 

代表的な出演作品としては、NHK朝の連続テレビ小説「ちりとてちん」(2007年)や、テレビ東京系で放送され長谷川博己さんが主演を務めたドラマ「鈴木先生」(2011年)などがあります。

 

そして、映像制作に取り組み始めたのは、中学2年生。

14歳の時でした。

 

ちなみに、そのきっかけは過去に子役として活動していたことが大きいようで、カメラなどの機材に興味を持ち、いろいろといじったりしているうちに制作に興味を持ったそうです。

 

まさに「好きこそ物の上手なれ」という言葉を体現していますよね。

 

そして、それから2年後の2014年…16歳の時、日本大学鶴ヶ丘高校在学中に監督・脚本・編集を全て自身が手掛けた映画作品「真夏の夢」がNPO法人映画甲子園主催の「eiga world cup」において最優秀作品賞を受賞。

 

また、この作品は翌年、「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」にエントリーされ、フォアキャスト部門で審査員特別賞をも受賞したんです。

 

2016年に入ると、その勢いはさらに加速。

同年に撮影した映画「脱脱脱脱17(ダダダダセブンティーン)」が、昨年に引き続きまたも「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」にエントリー。

オフシアター・コンペティション部門の審査員特別賞観客賞ダブルで受賞するという、驚くべき偉業を達成。

 

なおこの偉業は、同業者として松本さんの大先輩である岩井俊二監督をして「この作品はすでに事件だ」と言わしめたそうです。

岩井監督のこの言葉からも、松本さんの映画監督としての実力がどれほどのものなのか判りますね。

当時、若干17歳でありながら素晴らしい功績だと思います。

 

この功績が評価された松本さんは、同年「第29回東京国際映画祭」のフェスティバル・ナビゲーターに就任

 

最近の主な活動としては、昨年2017年の夏にAKB48から派生したグループ「HKT48」の楽曲「キスは待つしかないのでしょうか?」のMV(ミュージックビデオ)を制作。

 

若くして勝ち取った功績と実力を武器に、映画監督としてより良い作品を撮るべく日々試行錯誤を続ける毎日を送っています。

 

【スポンサードリンク】

 

 

数々の賞を総なめにした現役女子大生映画監督の映像制作現場を追った!

若干14歳から映像制作の世界に足を踏み入れ、2年後16歳の時に監督・脚本・編集の3つを自身が手掛けた映画作品「真夏の夢」で、NPO法人映画甲子園主催「eiga world cup」において最優秀作品賞を受賞。

また、2015年には同作品が「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」にエントリーされ、フォアキャスト部門で審査員特別賞も獲得しました。

 

さらに、2016年に撮影した映画「脱脱脱脱17(ダダダダセブンティーン)」で、オフシアター・コンペティション部門の審査員特別賞・観客賞をダブルで受賞するという偉業を達成。

 

そのほか、昨年の夏にはAKB48から派生したグループ「HKT48」の楽曲「キスは待つしかないのでしょうか?」のMV(ミュージックビデオ)を制作するなど、若干20歳という年齢ながら「現役女子大生映画監督」として、すでに押しも押されもせぬ地位を確立していると言っても過言ではない松本さん。

 

子役時代に興味を持ったこととはいえ、まさかここまでその力が開花するとはおそらくご本人も思っていなかったと思います。

 

しかもまだまだ年齢が若いだけに、これから今まで以上に力をつけ、将来的に故・黒澤明監督のように「世界の黒澤」ならぬ「世界の松本」と呼ばれる日も近いかもしれませんね。

 

 

さて、4月22日(日)に放送される情熱大陸では、そんな松本さんに密着取材を敢行。

今春、再び「HKT48」の新曲MV制作に挑むことになった彼女の仕事ぶりを徹底リポートします。

 

ちなみに今回の現場は、テーマはもちろん映像の世界観に至るまで、全て松本さんが舵を取らなければならない上、現場スタッフは全員年上というこれまでになく過酷なもの。

そういった状況の中、果たして松本さんはいったいどのように作品を作り上げていくんでしょうか。

さらに現在20歳の人間・松本花奈が表現したいものは何なのかを探るべく、番組から映像作成を依頼。

 

するとそこに映し出された映像に思わず・・・

 

お~っと、危ない!

この続きはぜひ番組をご覧になり、皆さんの目でしっかりと確かめて下さいね!

 

見終わった後にはきっと、松本さんの映画監督としての技量に度肝を抜かれ、彼女がこれまでに手掛けた作品を見てみようという気持ちになっていること必至ですよ!

 

皆さん、放送日をお楽しみに!!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ