情熱大陸「シンガーソングライター・半崎美子(はんざき よしこ)」3/11放送まとめ TBS

2018年3月11日放送のTBS情熱大陸はシンガーソングライター半崎美子はんざき よしこ)さんに密着

泣き歌の女王が紡ぎ出す“メンタルソング”制作の裏側に迫る!

 

2018年3月11日、夜11時20分からTBS系列で放送される情熱大陸

ゲストはシンガーソングライター半崎美子はんざき よしこ)さんです。


(ご本人のフェイスブックより引用)

 

札幌大学経営学部在学時から音楽を始めた半崎さんは、今年でキャリア18年目。

キャリア10年以上のシンガーソングライターでありながら事務所やレーベルには所属せず、ショッピングモールなどでのライブを中心に活動し、昨年2017年4月5日についにメジャーデビュー

聴く者の琴線に触れ、心を鷲掴みされるほどのメッセージ性の高い歌詞が特徴で、ひとたび歌い始めると会場のどこかで必ず涙する人がいることから、「泣き歌の女王」「ショッピングモールの歌姫」と呼ばれている「大型新人」です。

 

そんな半崎さんのプロフィールをご紹介すると・・・

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

半崎さんのプロフィール

1980年12月13日、北海道札幌市出身の37歳です。

 

音楽を始めたのは札幌大学経営学部在学中からですが、歌そのものはそれ以前から好きだったようで、高校生の時の学園祭で「DREAMS COME TRUE」の曲を熱唱し、見事優勝を果たしたそうです。

 

このことがきっかけとなったのかどうかは判りませんが、進学した札幌大学経営学部在学中に、本格的に音楽をやろうと決意した半崎さんは、入学からわずか1年で大学を中退し上京。

 

ですが、なかなか芽が出ず、ご本人いわく「様々な場所へ自分のデモテープを持って行ったり、DJがいるクラブで歌わせてもらったりしていた」そう。

 

しかし、だからといって決してめげる事なく、パン屋さんで住み込みで働きながら曲を書き続け、2007年に自主レーベルで制作したナンバリングCDをライブ会場限定で販売。

このことが、のちの半崎さんの楽曲作りの糧になったそうです。

 

そういった努力が実を結んだのか、その後はミニアルバム3枚をリリースしたほか、2010年には渋谷DUO -Music Exchange-、また地元・札幌時計台ホールでワンマンライブを開催するなど、確実にキャリアを積み重ねていきました。

 

そして、翌年2011年5月には、同年3月に発生した「東日本大震災」後に感じた自らの想いをその詞に込めた楽曲を、ラジオ番組「笑福亭鶴瓶 日曜日のそれ」に出演した際に、生演奏で披露。

 

なお、この曲は笑福亭鶴瓶さんによって「希望の桜」と命名され、のちにシングルとして発売される運びとなったんです。

おそらく、この希望の光は鶴瓶さんの心の琴線に触れただけではなく、魂をも揺さぶったのかもしれませんね。

 

また、同年12月に自身初のホールライブ「半崎美子 WinterLive2011-希-」を開催したほか、2014年にはニューシングル「ただいまの約束」を引っ提げ、地元・札幌を皮切りに全国インストアライブツアーを敢行。

大成功を収めました。

 

なお、この2014年から3年連続で、赤坂BLITZでの単独公演をソールドアウトさせるなど、破竹の勢いで爆進。

 

その後もシングル、アルバム、DVD発売記念のインストアライブを中心に活動を続けていた2016年、半崎さんに思いもかけない嬉しい出来事が。

 

なんとあの桑田佳祐さんが、自身がパーソナリティーを務めているラジオ番組で、半崎さんを「日本のアニタ・ベイカー」と呼び絶賛したことから瞬く間に口コミが広がったのです。

 

そして、2017年の4月5日、ついにミニアルバム「うた弁」でメジャーデビューを果たしたんです。

 

このことは数々のニュースおよびバラエティ番組などで取り上げられたほか、同年11月には「第50回日本有線大賞」の新人賞を受賞。

 

さらに、今年2018年の2月にはセカンドシングル「明日への序奏」をリリースするなど、これからの活躍が大いに期待されています。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

苦節17年
落涙必至のメンタルソング制作の工程にカメラが追った!

札幌大学経営学部在学時から音楽を始め、インストアライブを中心に活動。

ショッピングモールの歌姫と呼ばれるまでに知名度を上げ、昨年2017年、キャリア17年目にして遂にメジャーデビューを果たした半崎さん。

 

長い下積み生活を送ったことで日本全国に多くのファンを持つ彼女ですが、一体なぜここまで絶大な支持を受けているんでしょうか。

それは僕が思うに、彼女の楽曲制作法にあると思います。

 

半崎さんは日本全国のショッピングモールで出会った人たちの「人生エピソード」を歌詞に、そして、握手会でファンの方々と触れ合った際に感じた気持ちをメロディーにするそう。

 

つまり、詞・曲共に「ありのままの日常」を綴るということですよね。

まさに“シンガーソングライターならでは”の制作法だと思います。

 

 

さて今週日曜日、夜11時20分から放送される情熱大陸では、別名「メンタルソング」と呼ばれる半崎さんの楽曲制作に密着!

 

リスナーの琴線に触れることで心の底から感涙するというその楽曲は、いかにして生み出されるのか。

その裏側まで徹底リポートします!

 

それだけではなく、半崎さんはある知らせを受け、岩手県のとある中学校へ・・・

 

お~っと、危ない!

この続きはぜひ番組をご覧になり、あなた自身の目で確かめて下さいね!!

 

 

皆さんもぜひお見逃し、ならびに、お聴き逃しなく!!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ