情熱大陸「将棋棋士・羽生善治/囲碁棋士・井山裕太」2/18放送まとめ TBS

2018年2月18日放送のTBS情熱大陸は将棋棋士羽生善治さん囲碁棋士井山裕太さんに密着

羽生善治×井山裕太 国民栄誉賞を受賞した2大スーパースター

 

2018年2月18日、夜11時からTBS系列で放送される情熱大陸

 

ゲストは将棋棋士の羽生善治さんと、囲碁棋士の井山裕太さんのお二方です。


(日本将棋連盟のHPより引用)

 


(日本棋院のHPより引用)

 

一見接点が無さそうに見える(?)お二方ですが、何と今年の年明け早々に2人揃って国民栄誉賞を授与されることが決定するという偉業を成し遂げたんです。

 

両者共に中学生でデビューするや否や、たぐいまれなる才能・圧倒的な強さで将棋界、囲碁界に旋風を巻き起こし、その名を不動のものとしている人物。

 

ひょっとすると皆さんの中には、彼らに憧れて将棋または囲碁を始めたという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

ということでここからは、お二方のプロフィールをその輝かしい戦績を交えてご紹介していきます。

 

 

まずは羽生善治棋士から。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

羽生善治さんのプロフィール

1970年9月27日、埼玉県所沢市出身の47歳です。

 

幼稚園からは東京都八王子市に転居し、小学校1年生の時近所に住む同級生から将棋の駒の動かし方を教わったことから、将棋の魅力に開眼したんだそうです。

 

若干小学1年生にして、将棋に興味を示した羽生さんももちろんですが、羽生さんに将棋を教えた同級生の方も凄いですよね。

どちらもとても「渋い」小学生だと思います。

 

そして、羽生さんが2年生になった夏にある出来事が。

 

どんどんと将棋にのめり込み熱中している羽生さんを見た彼の母が将棋道場「八王子将棋クラブ」の「第1回夏休み小中学生将棋大会」に出場を申し込んだことで、大会デビューを飾ったんです。

 

成績は1勝2敗で失格と揮いませんでしたが、以後は毎週末に「八王子将棋クラブ」の道場に通うようになり、5年生時にはアマチュア五段を獲得。

 

またアマチュア名人戦の都下予選を史上最年少で通過したほか、8月には東京の4つの小学生大会で優勝。

 

さらに6年生になると「小学生将棋名人戦」で見事優勝を飾るなど、その実力は瞬く間に開花。

 

そして同時期に日本将棋連盟のプロ棋士養成機関である「奨励会」に入会すると、1年あまりで6級から初段に昇段するなど驚異的な速度で昇級・昇段を重ね、中学3年生だった1985年12月18日に、三段での13勝4敗を記録。

 

このことから、当時の規定により四段に昇段してプロ昇格を果たしました。

 

プロとなってからもその勢いはとどまることを知らず、デビューから2年後の1987年12月に行われた天王戦での優勝に始まり、翌年1988年には当時現役の名人経験者4人をすべて撃破するなど、ここからの数年間はまさにフィーバー状態。

 

そして1996年の2月13~14日にかけて行われた谷川浩司棋士との一戦を制し、何と七冠独占を達成。

 

なお、この偉業はタイトル戦の数が6つ以上になった1975年度以降、初の出来事だったそうです。

 

このことが、羽生さんが将棋界において「生ける伝説・レジェンド」と言われるきっかけになったのかもしれませんね。

 

その後は、連勝ばかりでは無いもののその強さを見せつけるには十分過ぎる実力を発揮し、2008年6月17日に「第66期名人戦」で森内俊之名人を破り、名人位と三冠に復帰し、通算5期獲得により「永世名人」の資格を獲得。

 

これにより史上初の「永世六冠」(永世名人、永世棋聖、永世王位、名誉王座、永世棋王、永世王将)を達成したほか、昨年2017年12月には初の「永世七冠」(永世竜王、十九世名人、永世王位、名誉王座、永世棋王、永世王将、永世棋聖)をも達成。

 

このように、プロデビューから30年以上が経った今でも、その実力・存在感共に「将棋界のスーパースター」「レジェンド」と呼ぶに相応しい人物です。

 

 

 

 

 

続いて、井山裕太さんのプロフィールです。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

井山裕太さんのプロフィール

1989年5月24日、大阪府東大阪市出身の28歳です。

 

井山さんが囲碁と出会ったのは、何と5歳の時。

父が買ってきたテレビゲームがきっかけだったそうです。

 

先にご紹介した羽生さんは小学校1年生の時に同級生から、そして井山さんはわずか5歳で父親が買ってきたゲームソフトからその道に興味を持った訳ですが、そう考えれば「その道を極めている人物」というのは、幼少期からその素質を持っているものなのかと思いますね。

 

その後6歳でテレビの囲碁大会「ミニ碁一番勝負」に出場し、何と一気に5人抜きを達成。

 

この快挙が、当時同番組の解説者を務めていた石井邦生棋士に認められ弟子入りを果たすと瞬く間に実力を付け、小学2年生、3年生と「少年少女囲碁大会全国大会」を2連覇したほか、1998年に行われた「全日本こども囲碁大会」でも優勝を飾るなど、将来大物になるという片鱗をまざまざと見せつけました。

 

そして中学1年生となった2002年にプロ入りを果たすと「初の平成棋士」として注目され、様々な新聞に取り上げられた井山さんですが、その注目に応えるかのように次々と勝ち星を挙げ、みるみるうちに昇段。

 

2005年10月に行われた「第12期阿含・桐山杯全日本早碁オープン戦」で、小林覚棋士を破り優勝を飾ったことで、史上初となる四段から七段への「飛び級昇段」を成し遂げました。

 

その後も破竹の勢いで走り続け、20歳となった2009年には「名人リーグ」を8戦全勝というこれ以上無い戦績で張栩(ちょう・う)棋士と対戦して勝利を飾り、見事「名人」の座を獲得しました。

 

 

さらに2012年には史上2人目となる「五冠」を、そして翌年2013年には史上初となる「六冠」を達成。

 

23歳10カ月という、史上最年少での栄冠となったほか、2016年には遂に「七冠」を成し遂げました。

 

 

近年の主な活躍としては、昨年2017年に囲碁・将棋界を通じて史上初の年間グランドスラムを達成。

 

今年はまだ目立った戦績はありませんが、何かしらの偉業を成し遂げてくれること間違い無しの「囲碁界のゴールデンルーキー」として、熱い注目を浴びています。

 

 

 

 

国民栄誉賞を受賞した2人のスーパースターの人となりに密着!

それぞれ小学1年生、5歳という幼少期から、将棋囲碁に親しんできた羽生さんと井山さん。

 

お二方ともその世界において頂点を極めているといっても過言ではない存在ですが、僕が思うに両者がこれほどの素晴らしい戦績を残せているのは、生まれ持っての才能もさることながら、やはり1にも2にも「たゆまぬ努力」を継続しているからではないでしょうか。

 

そう考えれば、一見物静かに見えても双方の胸にはいつも「静かな炎」が燃えているんでしょうね。

 

 

 

さて、今週日曜日夜11時から放送される当番組では、常に心に静かな炎を燃やし続ける「2人のスーパースター」に密着!

 

 

国民栄誉賞受賞の舞台裏はもちろん、2人が日頃お互いに対して素朴な疑問や本音をぶつけ合う対談のほか、さらには放送前日に予定されている羽生さんと藤井聡太棋士との公式戦初対局の模様もお送りします。

 

 

ぜひご覧になり、お二方の人となり、そして羽生棋士の強さをその目で確かめて下さい!

 

 

皆さん、お見逃しなく!!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ