情熱大陸「ER救命医・今 明秀(こん あきひで)」2/11放送まとめ TBS

2018年2月11日放送のTBS情熱大陸は、ER救命医今 明秀こん あきひで)さんに密着

八戸発祥のサンダーバード作戦って何?スーパードクターに密着!

 

2018年2月11日の土曜日、TBS系列で夜11時から放送される情熱大陸

ゲストは、ER救命医の今 明秀(こん あきひで)さんです。


(自らが院長を務める八戸市立市民病院のHPより引用)

 

今さんは現在、救命医であればその名を知らない者はいないと言われているほど有名な救命救急センター八戸ER(青森県八戸市)にて院長として勤務。

 

医療の過疎化が進んでいると言われているこの地で、ドクターカーやドクターヘリを同時にひとつの現場に急行させるその名も「サンダーバード作戦」を展開し、これまでに数多くの重症患者をその手で救ってきた“スーパードクター”なんです。

 

そんな今さんのプロフィールをご紹介すると・・・

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

今さんのプロフィール

1958年、青森県青森市出身の59歳です。

 

青森高校を卒業後、僻地や地方の医師を育成する目的で設立された自治医科大学の6期生になり、1983年に同大学を卒業。

その後、青森県立中央病院で2年間の臨床研修を行い、内科、外科、産婦人科、小児科などいろいろな診療科目をローテーションしたあと、最終的に外科を選択。

 

のちに青森県大間の診療所などで僻地診療に5年携わりましたが、2年目の時に、山間部の峠が越えられなかったことが理由で患者さんの命を救えなかったという忘れられない出来事を経験。

 

1985年に、倉石村国保診療所に外科医として勤務するようになったものの、この時の経験から「この地に一流の医療センターを作りたい」という志を抱くように。

 

しかし当時の青森県では、現場で働く救急専門医は1人もいなかったため、1997年に救急救命医療を学ぶために日本医科大学附属病院の高度救命救急センターの門を叩いたことから、同病院に関連している川口市立医療センターに勤務することになりました。

 

1年365日、24時間働き詰めの毎日の中、今さんは次々と手術をこなしながら、救急救命技術を習得。

勤務2年目には、若い医師を教えるまでになっていました。

 

そんな時、今さんにまたとないチャンスを伴った転機が。

 

地元青森へ帰って救命救急を行うことを考えていた頃、青森県立中央病院・弘前大学・八戸市民病院の3か所からオファーを受けたんです。

 

そこで、「自分は青森で救命救急をやりたい。そのためにドクターヘリを飛ばしたい」と今さんが希望を伝えたところ、青森県立中央病院と弘前大学からは断られてしまいました。

当時は日本全国で7機しかドクターヘリが飛んでいない時代で、予算的に無理だったのかもしれません。

 

しかし、唯一、八戸市民病院では市長がドイツを訪問した際にヘリポートの必要性を感じ、用意されていたんです。

そこで、今さんは2004年に八戸市民病院へ。

それと同時に、同病院の救命救急センターの所長に就任。

 

ここから今さんはドクターヘリ体制の確立に向けて、政治的なアピールや地元との再三に渡る交渉など、医師としての枠にとどまらず各方面に奔走。

 

その「本気度」が実り、2007年に「ドクターヘリ法案」が成立すると、国からの財源で2009年、ついに八戸にドクターヘリ体制を確立したのです。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

さらに2016年には、なんと日本初となる「移動手術車」を地元の大学と共同開発し現場に導入するなど、次々と斬新な試みにチャレンジ。

 

その結果、八戸ERを押しも押されぬ日本屈指の救命救急センターへと押し上げ、2017年からは八戸市立市民病院の院長に就任

 

還暦を目前に控えた現在も、院長として若手医師の指導・育成はもちろん、常に治療の最前線に立ち、一人でも多くの患者さんを救うべく日々奮闘しています。

 

 

メイドイン・八戸の“サンダーバード作戦”を導入したスーパードクターの慌ただし過ぎる仕事ぶりとは?

高校卒業後に医師としての道を歩み始め、青森県大間の診療所での忘れがたい出来事をきっかけに「この地に一流の医療センターを作りたい」という想いを持ち、結果的に八戸市立市民病院を「八戸ER」という「超」が付くほど有名な救命救急センターへと成長させた今さん。

 

その驚くべきガッツとバイタリティの根源にあるものは、おそらく今さんが信条としている「患者を助ける為ならどんな手も打つ」という“熱い気持ち”なのではないでしょうか。

 

そしてそこには、やはり診療所での出来事が関係していることは言わずもがなだと思います。

 

そう考えれば、あの出来事が今日の今さんの医師としての“核”を作っていると言っても過言ではないでしょう。

まさに医師の鑑ですよね。

 

 

さて、今週日曜日夜11から放送される当番組では、そんな今さんの仕事ぶりに密着!

 

1分1秒たりとも休むことが許されない、ピンと張り詰めた空気が常に充満している空間で、59歳という年齢をまるで感じさせず、要請があればドクターヘリやドクターカーに乗り込み、サンダーバード作戦で患者のもとへ駆けつけるという、その慌ただし過ぎる医療現場を徹底リポートします。

 

これを見れば、サンダーバード作戦の生みの親であり、これまで幾多の患者をそのたぐいまれな技術で救ってきた“スーパードクター”今さんの仕事に対する熱意に感服し、みなさんがそれまで持っていた医療技術に対する概念がひっくり返ること間違い無しですよ!

 

 

スーパードクターのスーパーテクニックを、ぜひお見逃しなく!!

 

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ