情熱大陸「ラーメン店主・飯田将太(いいだ しょうた)」1/7放送まとめ TBS

2018年1月7日放送のTBS情熱大陸は、ラーメン店主飯田将太いいだ しょうた)さんに密着

全てはこの一杯のために!ラーメンに命を懸ける職人を追った!

 

来年2018年の1月7日、夜11時からTBS系列で放送される情熱大陸。

記念すべき新年最初のゲストは、ラーメン店主飯田将太さんです。


らぁ麺屋飯田商店 飯田将太のTwitterより引用

 

飯田さんが自らのお店「らぁ麺屋飯田商店」を構えているのは、日本有数の温泉地として知られている神奈川県・湯河原町。

今年でオープンから8年目を迎え「ラーメンの聖地」と噂されているほどの名店。

 

また、飯田さん自身は、数多いラーメンファンの方々の間で絶大な人気を誇るランキング本「TRYラーメン大賞」において今年最高賞を獲得した「凄腕ラーメン職人」なんですよ。

 

 

そんな飯田さんのプロフィールをご紹介すると・・・

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

飯田さんのプロフィール

1977年、神奈川県真鶴町出身の40歳です。

 

大学卒業後に和食の奥深さに心惹かれたことから、東京の日本料理店などで腕を磨いていましたが、25歳の時に水産加工食品卸業を営んでいる実家に多額の負債があることを聞き、急遽里帰り。

 

返済のために、叔父が営むラーメンチェーン店「ガキ大将ラーメン湯河原店」の店主となり、8年間もの間ほぼ休みなしで働いたそうです。

並大抵ではない精神力の持ち主ですよね。

 

そんな多忙を極める日々を送っていたさなか、飯田さんに転機が訪れます。

 

そのきっかけとなったのは、かつて「ラーメンの鬼」と呼ばれ「支那そばや」の店主を務めていた故・佐野実さんの一杯を口にした事でした。

 

あまりの美味しさに強い衝撃を受けた飯田さんは「自分もオリジナルの味で勝負したい」という想いで、今から8年前の2010年、32歳の時に「らぁ麺屋飯田商店」をオープン。

 

オープン当初はお客さんが1人も来ないという日もあったそうですが、今では連日開店前から多くのラーメンファンや食通の方々が列をなすまでになったことから「ラーメンの聖地」と噂されるほどの名店に。

 

その効果もあってか、飯田さんは今年、ラーメン愛好家の方々の間で絶大な人気を誇っているランキング本「TRYラーメン大賞」において最高賞を受賞。

 

しかし、決してその栄光にあぐらをかく事無く、現在夢中になっているというそばの食べ歩きをしながら、ラーメンをそば以上のメジャーな麺料理にするために日々研究を重ねているという「努力の人」です。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

一杯入魂!ストイックなラーメン職人の仕事ぶりに密着!

元々は和食の奥深さに惹かれ、東京の日本料理店などで腕を磨いていたものの、実家に負債があると聞き、叔父が営んでいるラーメンチェーン店「ガキ大将ラーメン湯河原店」の店主に。

 

これがきっかけとなってラーメンとの出会いを果たし、現在では日本全国からお客さんが押し寄せ「ラーメンの聖地」と噂されているほどの名店「らぁ麺屋飯田商店」を開店。

 

さらに、今年ラーメンファンの方々の間で絶大な人気を誇るランキング本「TRYラーメン大賞」において最高賞を獲得したことも相まって、猫の手も借りたいというほど多忙な毎日を送っている飯田さん。

 

しかし、彼には「ラーメンをそば以上のメジャーな麺料理にする」という目標があります。

 

そのために日々様々な名店の蕎麦を食べ歩き、研究に勤しんでいる訳ですが、彼がそこまでストイックに、そして「一杯入魂」と言わんばかりに一杯のラーメンに自分の情熱の全てを注ぎ込む理由は一体どこにあるのか。

 

皆さん気になりませんか?

 

 

来年2018年の1月7日、夜11時から放送される当番組では、1年の中で最も書き入れ時と言われる12月、いつも以上に多忙を極める日々を送る飯田さんに密着!

 

オープン当初お客さんが1人も来なかったという辛く苦しい時代を乗り越え、今や日本全国からお客さんが押し寄せるまでになった超人気店の人気の秘密を探るほか、

「ラーメンをそば以上のメジャーな麺料理にする」という目標を実現させるためストイックに自らを追い込むラーメン職人の姿を追いました!

 

これを見れば、きっとあなたも“ストイックラーメン職人”飯田さんの仕事ぶりに見惚れ、来年の大晦日は年越しそばじゃなくて年越しラーメンを食べよう!」と思うこと間違い無しですよ!

 

 

皆さん、放送日をお楽しみに!!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ