情熱大陸「プラントハンター・西畠 清順(にしはた せいじゅん)」12/17放送まとめ TBS

2017年12月17日放送のTBS情熱大陸は、プラントハンター西畠 清順にしはた せいじゅん)さんに密着

西畠清順が挑む高さ30mの巨木を使った命懸けのプロジェクトにカメラが密着!

 

202017年12月17日の日曜日、夜11時25分からTBS系列で放送される情熱大陸

 

1998年4月の放送開始から今年で20周年を迎えることから、今回の放送は通常より放送時間を拡大した1時間枠でお送りするスペシャル版です。

 

今回のゲストは、プラントハンター西畠 清順にしはた せいじゅん)さん


(代表取締役を務めるそら植物園のHPより引用)

 

一見聞き慣れないこの「プラントハンター」という言葉ですが、簡潔に言うと食料・香料・薬・繊維等に利用される有用植物や、観賞用植物の新種を求め世界中を探索する人のこと

 

西畠さんは、幕末から150年続く花と植木の卸問屋「花宇」の五代目社長でありながら「人の心に植物を植える」をコンセプトに掲げ自らが立ち上げた「そら植物園」の代表取締役でもあります。

 

そんな西畠さん、プラントハンターの名にふさわしく国内外問わず様々な場所に赴いて植物を収集。

これまでに収集した植物は何と数千種類に及ぶほか、国内はもとより海外からの依頼にも答えており、年間の案件は2000件を超えるという「凄腕ハンター」です。

 

そんな西畠さんのプロフィールをご紹介すると・・・

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

西畠さんのプロフィール

1980年、兵庫県川西市出身の37歳です。

 

元々は植物に全く興味がなく、高校3年生までは野球少年だったそうです。

 

実家が150年もの歴史を持つ花と植木の卸問屋であることを考えれば、かなり意外ですよね。

 

また、高校卒業後も家業を継がずにオーストラリアへ語学留学をしたり、サーフィンに明け暮れる生活を送っていました。

 

 

そんな西畠さんに転機が訪れたのは、21歳の時。

バックパッカーをしていた時に、東南アジアのボルネオ島で「世界最大の食虫植物」と言われている「ネペンセス・ラジャ」に出逢ったこと。

ご本人いわく、「一目で心が奪われた」ことで大きな衝撃を受け、そこから植物に興味を持ったそうです。

 

そして帰国後、現在自らが社長を務める花宇に入社。

つまり、家業を継ぐ決心をした訳です。

 

それまで全く興味がなかった植物に興味を持たせ、かつ、家業を継ぐ決心までさせたんですから、「ネペンセス・ラジャ」との出逢いが、西畠さんにとっていかに衝撃的な出来事だったかが判りますね。

 

数年間はお父さんの下で厳しい下積みを経験したのち、20代前半の頃から海外へプラントハントに行くようになり、仕入れのルートを拡大。

これまでに収集した植物は、何と数千種類にも及ぶそうです。

 

現在は、企業や行政機関のイベントやランドスケープデザインなどで年間250万トンもの植物取引を行っているほか、2012年1月からは「人の心に植物を植える」をコンセプトに掲げた「そら植物園」をオープン。

 

様々な企業・団体・個人と、植物を使った多数のプロジェクトを進行し、精力的に活動しています。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

聖夜に一世一代の大勝負。命懸けのプロジェクトに密着!

実家が幕末から150年続く花と植木の卸問屋でありながら、植物に全く興味がなかった少年期および学生時代。

 

しかし、21歳の時に「ネペンセス・ラジャ」との「運命の出会い」を果たしたことから人生が急転。

 

プラントハンターとして日本のみならず海外にも出向き、これまでに数千種類に及ぶ植物を収集したほどの「植物好き」となった西畠さん。

 

 

そんな西畠さんは今、ある“壮大なプロジェクト”に挑もうとしています。

 

それは、なんと「高さ30メートルにもなる巨大樹木“あすなろの木”を使い、クリスマスツリーを立てる」というもの。

 

西畠さんは、このプロジェクトの為に富山県の山奥に分け入り、巨大な重機を使って“あすなろの木”を採掘。

 

さらに、この巨木を運搬するにあたり、通常は新幹線を運ぶ際に使われる特殊なトレーラーで陸上輸送したり、日本近海約1000kmを海上輸送したりするなど、全てが桁違いのスケールで行われたプロジェクト。

 

 

西畠さんは、一体なぜこのプロジェクトを実現させようと思ったのでしょうか。

 

 

そこには「本気で植物で世界を変えたい!」という熱い想いがあったのです。

だからなのか、億単位にものぼるその費用はすべて、西畠さんが銀行から借り入れをして融通しているという、まさに背水の陣。

今が一世一代の勝負の時」という西畠さんの言葉からは、このプロジェクトに賭ける強い意気込みが痛いほどに伝わってくるようです。

 

ある意味命懸けとも言えるこのプロジェクトの一部始終に、カメラが密着しました!

舞台となるのは、この季節多くのカップル等で賑わう神戸・メリケンパーク。

 

 

これまでプラントハンターとして培ってきた実力を総結集し、意地とプライドを賭けて挑むと言っても過言ではないこの前代未聞の挑戦は、果たして見事成功するんでしょうか。

 

その結末は2017年12月17日の日曜日、夜11時25分からの「20周年記念スペシャル」で明らかになります。

 

凄腕ハンターが命懸けで挑む壮大なプロジェクトを、どうぞお見逃しなく!!

 

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ