情熱大陸「歌舞伎俳優・九代目 松本幸四郎(まつもと こうしろう)」10/15放送まとめ TBS

2017年10月15日放送のTBS情熱大陸は、歌舞伎俳優・松本幸四郎(まつもと こうしろう)さんに密着

松本幸四郎・生まれ変わる歌舞伎界の重鎮 集大成の舞台と意外な素顔

 

10月15日 (日) 23時よりMBS系列で放送の情熱大陸。

ゲストは松本幸四郎さん


(番組の公式Twitterより引用)

 

時を遡れば江戸時代より、約400年もの長きにわたって大衆に愛され、今や日本が世界に誇る伝統文化芸能である歌舞伎。

そんな歌舞伎界において、「歌舞伎界のレジェンド」の名を欲しいままにしている人物が、満を持して情熱大陸に登場です!

 

そのうえ、映画・ドラマ・CMでも幅広く活躍し、七代目市川染五郎さんや、女優・松たか子さんの父親としても有名な松本幸四郎さん。

一体どのようなテーマで番組に出演されるのでしょう?

気になります!

 

でも、それを語る前に、少しウォーミングアップ。

そんな松本幸四郎さんのプロフィールを簡単にご紹介します・・・

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

松本幸四郎さんのプロフィール

松本幸四郎さん (本名・藤間 昭暁さん) は1942年8月19日、東京生まれ。

初代・松本白鸚 (当時は八代目松本幸四郎) と同じく歌舞伎界の名門である初代中村吉右衛門の娘である正子さんとの間に長男として誕生しました。

 

そんな歌舞伎界の御曹司として誕生した松本幸四郎さん。

初舞台はなんと3才!

二代目・松本金太郎を襲名したそうです。

 

おそれいりました……。

そんな幼少期から大舞台を踏んでいたとは……次元が違います。

 

小学校1年生の頃、六代目市川染五郎を襲名。

小学校3年生で、父ら親族も通ったカソリック系の学校・暁星学園に編入。中高ともに、同系列の学校に通います。

そして、大学は日本の私立大学のトップに君臨する早稲田大学第一文学部演劇学科に進学しました (後に中退) 。

 

以降、歌舞伎役者としてめまぐるしい活躍をみせます。

そして1981年、現在の九代目・松本幸四郎の名を襲名しました。

 

 

また、歌舞伎だけでなく、ミュージカル、舞台、ドラマ俳優としても活動します。

 

1970年、ニューヨーク・ブロードウェイに渡り、ミュージカル『ラ・マンチャの男』を主演。松本幸四郎襲名後も同作の公演は続けられ、2008年で上演が通算1100回を突破。

2015年10月には、同劇場ミュージカル公演男性座長最年長記録(72歳)を更新しました。

他にも、『ドンキホーテ』『王様と私』といったミュージカルにも出演。

 

さらに、1982年から、イギリスの劇作家ピーター・シェーファーによって著された戯曲『アマデウス』の舞台にも出演。

音楽史では永遠の謎とされるモーツァルトの死を題材に、同時代の宮廷楽長アントニオ・サリエーリによる暗殺説を軸として展開するこの物語。

松本幸四郎さんは、宮廷楽長として揺るぎない地位と名声を築きながら、若き天才音楽家・モーツァルトの嫉妬し葛藤するサリエーリ役を熱演。

こちらも長きにわたって愛され、公演はこれまでに450回を突破しています。

 

さらにドラマ俳優としても、NHKの大河ドラマ『山河燃ゆ』や『王様のレストラン』などに主演したほか、数々のヒット作・話題作にも出演し、存在感ある演技を披露しています。

 

 

プライベートでは、1969年に藤間紀子さんと結婚。紀子さんは現在、株式会社松本幸四郎事務所の社長として、夫の活動を支えています。

またおふたりの子供には、七代目市川染五郎さん松本紀保さん松たか子さんがおり、それぞれ説明不要の活躍を見せていますね。

 

ご自身はもちろん、ご家族も目まぐるしい活躍を見せる。

まさにスーパー家族ですね。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

さらば松本幸四郎!有終の美を飾るべく挑む舞台と、知られざる素顔を追った!

歌舞伎界の御曹司として生まれ、わずか3歳で初舞台を経験。

さらにその活動の幅は歌舞伎界だけにとどまらず、ドラマ、ミュージカルなど幅広く活躍しています。

 

さて、そんな松本幸四郎さん。

実は、36年もの間慣れ親しんだ「松本幸四郎」としての活動を、来年2018年1月で終えてしまうというのです!

 

こう書くと、「――引退?」と思われるかも知れませんが、ご安心を。

そうではありません。

 

自らの父の最後の名跡である「二代目・松本白鸚」を襲名することになったのです!

 

そんな彼が「36年間の集大成」として幸四郎の名で最後に挑むのは、その名を襲名した翌年1982年に初めて挑戦した現代劇であるアマデウス。

また、演者としてだけではなく、2004年からは演者としてだけではなく演出も手掛けているという意欲作です。

 

まさに「幸四郎としての有終の美」を飾ろうと、全身全霊で舞台に挑もうとしている松本幸四郎さん。

75才という年齢を感じさせないエネルギーを感じます。

 

次回放送の情熱大陸では、そんな彼の姿に密着!

番組では、その鬼気迫る演者兼演出家としての顔を徹底リポートするほか、家族のみが知る驚きの素顔までも浮き彫りにします。

 

これを見れば、松本幸四郎改め「二代目・松本白鸚」の新たな魅力が発見できる事間違いなしですよ!

 

 

皆さん、絶対にお見逃しなく!!

 

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ