情熱大陸「乳腺外科医・大野 真司(おおの しんじ)」3月26日放送まとめ TBS

2017年3月26日放送のTBS情熱大陸は、乳腺外科医・大野 真司(おおの しんじ)さんに密着

 

年間1000件以上の手術を受け持つ天才乳がん専門医

  

皆さんは「乳がん」という病気について、どれぐらい詳しくご存知でしょうか?

日本では女性が発症するがんの中で最もその率が高いと言われ、年間で約9万人、実に日本人女性の11人に1人が発症しているという恐るべき病気です。

実は、何と女性だけではなく男性も発症の危険があるといいます。

 

この事実を知った時はかなりビックリしましたが、そう考えると性別は関係ないという事ですよね。

 

ちなみに男性の場合は、”主に60歳を超えてから発症するリスクが高くなる”という統計があるそうです。

 

さて、少し前置きが長くなりましたが、今日はそんな乳がんの治療を専門とする東京の

「公益財団法人がん研究会有明病院・乳腺センター」

院長補佐・センター長を務め、乳腺外科医として活躍している医師・大野 真司(おおの しんじ)さんをご紹介します。

 

大野さんは何と年間1000件以上にもおよぶ乳がんの手術を担当し成功させています。

多くのがん治療に用いられている放射線や抗がん剤、また分子標的治療薬やホルモン剤など、数ある治療法の中から患者さん1人1人に適応したものを選択して高度なチーム医療を行っている乳腺センターにおいて、まさに”要“(かなめ)と言える存在です。

 

そんな大野さんのプロフィールと経歴を時系列でご紹介すると・・・

【スポンサードリンク】

 

大野さんのプロフィールと経歴

1958年(昭和33年)福岡県出身の58歳です。

 

1984年(昭和59年)、26歳の時に地元・福岡の九州大学医学部を卒業したのち、同大同部の附属病院で医師として第2外科に勤務しました。

 

そして1989年(平成元年)にはアメリカのテキサスに渡り、テキサス大学にて腫瘍学の研究員を務めます。

1993年(平成5年)および1997年(平成9年)には自らの出身大学であり医師を務めた九州大学附属病院の第2外科にて助手(93年)、および併任講師(97年)を歴任されました。

 

2000年(平成12年)には国立病院九州がんセンター乳腺科の部長に就任。

 

さらに2012年(平成24年)には同センターの臨床腫瘍研究部長、2014年(平成26年)に研究センター長に昇進。

 

そして2015年(平成27年)4月より現職に就かれました。

「がん研究会有明病院・乳腺センター」にて院長補佐およびセンター長を務めているほか、また九州大学特別講師徳島大学客員教授広島大学非常勤講師としての顔も持っており、その活躍の場は医療の現場だけにとどまりません。

 

重視しているのは救った人の数などではなく「サバイバーシップ」

 

冒頭でも打ったように、乳がん専門医としてこれまで年間1000件以上の手術を担当し成功させてきた大野さん。

 

しかし大野さんが重要視しているのは救ってきた人の数などではありません。

乳がん治療を終えた患者さんがその後どういうふうに生きて行くのか、また生活をしていく上で直面する課題をどういうふうに乗り越えるべきかというサポートを行う「サバイバーシップ」を最も大切にされています。

 

大野さんは「病気ばかりを見るのではなく、患者という”人“を見て、患者が生きる”社会”に出なければ」と考えています。

医師の他にも乳がんの早期発見・診断・治療の大切さを訴えるための運動である「ピンクリボン活動」を行っている「NPO法人」の代表理事として活動されています。

 

時には姫路城や清水寺をピンク色にライトアップしたり、地元・福岡の福岡ヤフオクドームをピンク一色にするというイベントも手掛ける人なのです。

医師・講師および教授・そしてNPO法人の代表理事と、”2足のわらじ”ならぬ“3足のわらじ”を履く「スーパードクター」なんですよ。

【スポンサードリンク】

 

3足のわらじを履くスーパードクター・大野さんの”使命“とは

 

ここまでご紹介してきたように、医師を始め様々な方面で活動を展開し、毎日慌ただしい日々を過ごしている大野さんですが、彼には現在”自らの使命“と考えている事があります。

 

それは何と「10年後、20年後を見据えた新たな乳がん治療法を確立する事」だそうです。

現在はそのために必要な資金集めや国内外の病院への様々な交渉などに奔走しているそうなんです。

 

今現在でも3足のわらじを履いて多忙な毎日を送っているにも関わらず、さらに「新たな乳がん治療法を確立する」という事を”自らの使命”と位置づけ、新たな目標に挑もうとしている大野さん。

あくなき”チャレンジ精神“にはただただ驚くばかりですが、一体そのバイタリティーはどこから来るんでしょうか。

 

それは多分・・・・

 

 

お~っと、

ご紹介はここまでです。

この続きは今週日曜日に放送される情熱大陸ですべて解き明かされますので、ゆっくりじっくりご覧下さい。

 

年間に1000件以上という手術を行い、さらに患者さんの立場に立って献身的にサポートする大野さんのすごさの秘密に迫ります。

 

まさに”現代版ブラックジャック”と“赤ひげ先生”を兼ね備えたようなスーパードクターがどんな人なのか、気にならない訳がないですもんね。

 

今から放送日が待ちきれません!

 

皆さんもぜひお見逃しなく!

 

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ