情熱大陸「写真家・井上 浩輝」2月19日放送まとめ TBS

2017年2月19日放送のTBS情熱大陸は、写真家・井上 浩輝 (いのうえ ひろき) さんに密着。

「最高の一枚」のためにキタキツネを追い続ける執念の写真家

皆さんは日頃、よく写真を撮ったりしますか?

今はもうパソコンやスマートフォンを持っている事が当たり前のような時代ですね。

おそらく多くの人が外出先等で頻繁にいろんな写真を撮ってSNSにアップしたりしているのではないでしょうか。

 

しかし、ここで僕が言っている”写真”というのは何もパソコンに取り込んだ写真やスマートフォンなどで撮った写真ではありません。

デジタルカメラや一眼レフカメラで撮影した写真の事なのですが、そうなるとおそらく「ほとんど撮らないな」という人が多くなってしまうかもしれませんね。

 

そして、なぜこのような話をしたかといえば、現在極寒の地・北海道にてキタキツネを追い続けている1人の写真家の方を紹介するためなんです。

 

彼の名前は井上 浩輝(いのうえ ひろき)さん。

写真家になってわずか5年というキャリア、また写真の専門学校などで学んだ経験はなくカメラの技術および動物の生態はすべて独学で身に付けたという、ある意味では”異端児“と言える彼。

 

昨年末には、世界180カ国以上の国において850万人もの定期購読者を持つと言われているアメリカの自然科学雑誌「ナショナルジオグラフィック」における「2016フォトコンテストネイチャー部門」の「トラベルフォトグラファー・オブ・ザ・イヤー2016」にて日本人初となる1位に輝くなど、まさに名前に使用されている漢字の通り輝かしい実績を持っている38歳です。

 

そしてそんな彼のプロフィールを紹介すると・・・

【スポンサードリンク】

 

井上 浩輝さん プロフィール

 

1979年(昭和54年)北海道札幌市で、4人兄弟の長男として生まれました。

母の死をきっかけに医師を志していましたが、医学部受験に失敗した事でその後新潟大学法学部に進学し、同大にて弁護士を目指していました。

 

しかし、資格取得の難易度が高かった事や勉強の定着ができずに挫折してしまいました。

努力家で挫折に負けないスピリットの持ち主である井上さんは、分野を変えてチャレンジを続けます。

カメラの技術や動物の生態などを全て独学で身に付け、地元北海道でキタキツネを中心に動物の写真撮影を始め、プロのカメラマンとなって活躍しています。

 

また、地元の絶景ポイントやその地方独自の動物を撮影することを得意分野のひとつとして北海道や東京にて自らの作品を展示した個展を開催する活動も積極的に行っています。

 

井上さんの作品の特色とは?

 

昨年末、ナショナルジオグラフィック誌の「2016フォトコンテストネイチャー部門」において「トラベルフォトグラファー・オブ・ザ・イヤー2016」の1位に輝くという偉業を成し遂げた井上さん。

 

そのほかにも、写真投稿サイト東京カメラ部の2014東京カメラ部10選に選ばれるなど多数の受賞をするなどSNSがキッカケで注目された新しいタイプの写真家です。

 

そんな彼の作品は、彼の出身地である北海道と同様に壮大でスケールが大きく、かつユーモラスでストーリー性があり、SNSの写真投稿サイトで注目され瞬く間に注目されるようになりました。

 

今回この記事を書くにあたって、彼の作品を1度拝見したんですが、今挙げた説明だけではとても言い表せないのではないかと思うほど素晴らしい物ばかりで、神秘的かつ神々しさを感じました。

 

もし感受性の強い人が井上さんの作品を目にしたら、きっと胸に熱いものがこみ上げ、自然に涙が溢れてくるんではないでしょうか。

 

この表現が決してオーバーではないと断言できるほど、井上さんの作品には、人を感動させるようなPOWERがみなぎっています。

一見の価値どころか百見の価値があると思いますよ。

【スポンサードリンク】

 

井上さんが今どうしても撮りたい「最高の1枚」とは?

 

そんな彼には、今この冬にどうしても撮りたい写真があります。

それは淡いピンク色の空のもと、丘の稜線を歩くキタキツネです。

昨年末に「ナショジオグラフィック」で1位に輝いてからというもの身辺が急速に慌ただしくなり、トークショーや広告写真の依頼などがひっきりなしに来るようになったそうです。

 

しかし、写真を撮るための彼の情熱は凄まじく、そんな注目を浴びる多忙な中にあっても何と気温マイナス10度の中じっと待ったり、車の中で寝泊まりしながらイメージを膨らませていくなど、一切の妥協をせずひたすらシャッターチャンスを狙っています。

 

そしてそんなストイックな生活を執念で続ける事3か月。

彼の目の前についに!?

 

果たして撮影は成功するのか!? 井上さんの”大仕事“に完全密着!

 

おっと残念! ご紹介はここまでです。

 

しかし井上さんの最高の1枚を撮るための挑戦はもちろん続きますよ。

この続きは今週日曜日に放送される情熱大陸で放送されますので、固唾を飲んで・・・

いえいえ、もちろんゆっくりリラックスしてご覧になって下さいね。

 

果たして異色の38歳カメラマン井上さんが丘の稜線を歩くキタキツネの姿を写真に収める事ができるのか?

是非、井上さんの”最高の1枚“が撮影される瞬間をしかと見届けて下さい。

 

放送日を楽しみに待ちましょう!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ