情熱大陸「絵本作家・のぶみ」11月13日放送・TBS

1113

11月13日の情熱大陸は、「ママがおばけになっちゃった!」の作者である人気絵本作家・のぶみさんに密着です。

この作品は絵本業界でも異例のシリーズ累計54万部を突破した大ベストセラー絵本です。

世の中のママさん達の間では、「涙なしには読めない、号泣しすぎて読み聞かせできない」と話題になりました。

その他、「ぼく仮面ライダーになる!」、「しんかんくん」などこれまでに170冊以上の絵本を発表してきました。

 

子供たちの成長に欠かせない絵本

私たちは絵本を読みながら大きくなっていく、と思います。

いえ、友人の中には0歳のころから、日本経済新聞を読んでいたという可愛げのない赤ちゃんがいたと噂では聞きました。

その赤ちゃんは、残念ながら、後のこの私?ではありません!

今回は苦労の末、絵本作家として日々邁進する

本名・齋藤のぶみさん、通称のぶみさんをご紹介いたします。

情熱大陸をご覧になる前にちょっとふれておきましょう!

【スポンサードリンク】

 

もとはチーマー⁉

「池袋連合」という暴走族やチーマーを総勢160人束ねる総長だったというからビックリ!

そのきっかけとなったのは、小学生の頃のいじめにあったということでした。

2回も自殺未遂も図ったというから、よほど傷ついたのではないでしょうか?

強くならなければ、という思いから木刀やパイプで喧嘩するまで暴れるようになったそうです…

スゴいですね‼

その後女の子と出会いたいというのぶみさん。

そしてそのために保育専門学校に入学しました。

そこで可愛い女の子と出会います。

それが運命の人で運命の職業となる絵本との出会いでした。

「わたし、絵本が好きなの。」

「俺、絵本書いてるぜ。」

彼女に喜んでもらったのをきっかけに月に6000冊ペースで絵本を読んで、書きまくったのです。

1999年、「ぼくとなべお」をデビュー作にして、どんどんを絵本を書きますが…

作詞とアニメも手掛け、

「おしりフリフリ」

「パパパ」

「おっとっとのオットセイ」

「ブラブラせいじん」

「こちょこちょむしのこちょたろう」

などがあります。

NHKみいつけた!で「おててえほん」のアニメも担当しており、エッセイやキャラクターデザインの分野でも高い評価を「受けています。

「しんかんくん」シリーズ、

「おひめさまようちえん」シリーズ

「ぼく、仮面ライダーになる」シリーズ

「まるごとひゃっか」シリーズ、

などを発表しました。

が、売れなくなってしまいます。

【スポンサードリンク】

 

「人は誰かのために生きている」

デビューしても売れるまでに8年かかっていますが、1冊目は彼女=奥さんのために、2冊目は子供たちのために描いたのです。

そこまでに売れたのは実はその2冊だけなのだそうです。

誰かのために描いたものだけが売れたのですね。

感動的なお話ですね。

一番人にとっても輝かしいものは、誰かのために行ったことなのでしょうから。

 

作品の中でも

私がおすすめしたいのは、やはり『ママがおばけになっちゃった!』です。

ドジでいつも失敗ばかりのお母さん。

そんなお母さんがなんとドジを踏んで交通事故でなくなってしまい…

大事な息子が気になって毎晩12時現れます。

そこからは、お楽しみに…

 

色々な世界を醸し出すのぶみさんの絵本。

11月13日(日)放送の情熱大陸ではのぶみさんの世界の魅力に迫ります。

乞うご期待!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ