情熱大陸-ケツメイシ 10月9日放送分

unetsutairiku

10月9日放送の情熱大陸は今年メジャーデビュー15周年を迎えたケツメイシ。

2016年8月に神奈川県の日産スタジアムで開催されたケツメイシのワンマンライブ「ケツメイシ15th Anniversary 『一五の夜』 ~今夜だけ練乳ぶっかけますか?~ with キットカット ショコラトリー」のライブ模様や、ハワイで今年9月に行われたアートフェスの舞台裏など4カ月にわたって密着したドキュメンタリー。

さらに番組内では、地元の仲間と休日に交流するメンバーのリラックスした姿、意外な特技なども紹介。

平均年齢40歳を超えた超人気の日本のヒップホップグループの魅力とは?

今回は、放送前の事前おさらいとしてケツメイシの由来やメンバーについて、そして現在までの活動についてまとめました。

ケツメイシとは?

薬じゃない? 超人気の日本のヒップホップグループ!

決明子(読み:ケツメイシ)という、生薬をご存知の方より、ケツメイシのカタカナを見て、彼らか! と思う方の方が多いはず。

決明子という薬草自体、薬剤師くらいでないと調べない限りは中々お目にかかれないと思います。

それくらい、この言葉は日本のこの4人組のヒップホップグループのおかげでメジャーになった薬草ですね。

【スポンサードリンク】

なぜ、ケツメイシ? 由来は?

薬学辞典の適当に開いたページからこの薬草をバンド名にしようという思う付きだったということです。

でも、この決明子、中国古来に伝わる下剤だそうで、「出す」から「全力を出す」とかけていい呼び名になったとのこと。

でも、ライブ名なども下剤らしく「尿意ドン」といった名前の付いたライブが出るくらいのいわゆる、十八番になった…かも…まさしく、下剤フィーバー? 失礼しました…

 

個性あふれる4人のメンバーのプロフィールは? 

Ryo

(リョウ 本名:田中 亮(たなか りょう)、1972年11月26日生まれ)

MC担当で影のリーダーとも言われています。

ラーメン好き。メジャーデビュー前に結婚しておられて、2人お子さんが居ます。

2000年に脱サラして、世田谷にある調剤薬局に勤務しつつ音楽活動をしていました。

毎回、自虐ネタMCとしてライブを盛り上げてくれます。

Ryoji

(リョウジ、本名:大塚 亮二(おおつか りょうじ)、1974年12月14日生まれ)

兵庫県神戸市灘区出身

ボーカル担当。

魂のこもったそのボーカルはケツメイシの顔。

彼無くしてケツメイシはあり得ません!

大蔵

(ダイゾウ、本名:吉田 大蔵(よしだ だいぞう)、1976年3月14日生まれ)

MC担当で表?リーダーはこの人。

兵庫県神戸市東灘区生まれ。

東京薬科大学卒業。鍼灸師・薬剤師の資格を持っているそうです。

筋肉番長の由縁は週一回のジムで鍛え上げたその筋肉!

見た目とは裏腹なその優しい低音ボイスでファンを虜にします。

DJ KOHNO

(ディージェイ コウノ、本名:河野 健太(こうの けんた)、1977年6月28日生まれ)

広島県廿日市市出身でDJ担当

2003年に結婚され、2006年6月に第1子(長女)、2008年2月4日に長男の一男一女のお父さんです。

「家族が4人になった」とブログに掲載されていました。

ライブの選曲やセットの発案を務めたりと、縁の下の力持ちです。

筋肉番長よりも力持ちだったりして!

やはり、一家のパパだけのとこはある?!

 

全員が70年代生まれのアラフォー世代ですね。

さらに結婚して家庭を持っているメンバーも。

ヒップホップのあのケツメイシのメンバーの営む家庭って、やっぱり「全力を出した」面白い子育てなんでしょうか?

DJ KOHNOさんはイメージよりももっと教育熱心かも?

【スポンサードリンク】

活動は?

1993年に結成、活動していましたが、当初はインディーズで曲を発表。

2001年にメジャーデビューし、オリコンチャートに入り(「ファミリア」 最高位36位)、その後順当に知名度を上げて、11番目のシングル「さくら」が1位を獲得

売れ方を見ても、急に衝撃デビューを果たしたアーティストではなく、地力の強さで徐々に順位を上げていったとみて間違いありません。

また、ベッキーさん、上戸彩さん、さらにスポーツ選手などの有名人のファンが多いだけでなく、山嵐、山下達郎さんの曲にフューチャリング参加(それぞれ、山嵐には太蔵さんが『Walking Under The Sun』、山下達郎さんの『KISSから始まるミステリー』にはRYOUJIさんが)。

そして、作詞や作曲(RYOUJIさんがCHEMISTRYに『愛しすぎて』の作詞作曲、など)の提供など本当に多彩に活動できる音楽の実力者です。

そんな彼らもライブでは芸人のような面白いトークを繰り広げます。

「楽しむ」というモットーで続ける、今年でデビュー15周年目を迎える彼らを情熱大陸では熱血取材しています。

 

 

2016年10月9日の情熱大陸では、ケツメイシの魅力が徹底解剖!

ライブの舞台裏、個性あふれるメンバーの素顔、そして、メンバー知られざる趣味や特技まで…

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ