日焼けケア!おすすめの薬やローションやクリーム!

uri1

今回の日焼け対処法は、日焼け後におすすめの薬やローション、クリームのお話です!

前回は、日焼け対処法!子供とプールに行った場合のケアと処置 について紹介しました。

やけどまではいかない日焼けであれば、市販の薬が使えますね。

ただし、効能に火傷と記載があるかどうか、買う前に確かめましょう!

また、長く日焼け後のローションとして使われてきたものや、お肌に優しいクリームもありますから、上手に組み合わせるのがおすすめです。

日焼け後にしっかりケアしないと、シミやくすみの原因になったり、炎症がひどくなる場合もあります。

きちんとケアしておもいっきり夏を楽しみましょう!

【スポンサードリンク】

日焼けしてしまったら

何をおいても、まずは冷やしましょう!

最初のほてりを、十分に冷やしてからでないと、何も肌には付けないほうが良いのです。

また、水分を取ることも大切ですよ。

日焼けしたという事は、身体も熱をおびています。

熱中症予防のためにも、水分補給が欠かせませんね。

身体の中からのうるおい無しにお肌は良くならないのです。

最近は経口補水液なども出ていますから上手に水分補給をしましょう。

日焼け後に必要なビタミンは、ビタミンCです。

フルーツなどで摂ってもいいですが、ビタミンCの錠剤を利用するのも効果的に摂取できて良いですね。

熱中症なども起こしかけているのならば、塩分とビタミンCを同時に補給するタブレットもありますよ。

また、今は飲む日焼け止めも出てきていますね。

ルテインやリコピン、ビタミンC配合の薬で、紫外線を浴びる前に服用することで日焼けを防ぐ効果があります。

ただし、過信は禁物です!

当たり前ですが100%防げるわけではありません。

錠剤を飲んだからと言って、日焼け止めも塗らず、日傘もささず、帽子もかぶらないのでは無謀というものです。

あくまで、相乗効果と考えるのがいいですね。

クリーム

市販薬で、しかも常備薬としては、ニベアクリームオロナイン軟膏ですね。

効能書にも『軽いヤケド』とあります。

また、アロエ入りの軟膏もあります。

アロエは、そのままポッキリ折って、皮をむき、ジュレの部分を患部につけて利用されてきました。

アロエには幹部を冷やしつつ保湿・保護する力を持っています。

フタアミンという軟膏もおすすめできます。

これは、赤ちゃんにも使えますし、肌の弱いかたにも向いています。

もちろん効能書にも『やけど』の記載がありますよ。

匂いも殆どありませんし、べたつきもありませんのでオススメです。

【スポンサードリンク】

ローション

カーマインローションは、昔からありますね。

また、ハト麦エキス入りのローションもおすすめです。

刺激が強いものは避けたいのですから、抗炎作用のあるタイプのローションをコットンにたっぷり含ませて、日焼けの箇所にあてると、保湿にもなりますね。

炎症がなくなったなら、美白系のシートマスクでゆっくりケアしましょう。

シートマスクは、ゆったり仰向けに寝てするのが一番効果があるそうですよ。

デコルテなどにも使ってみましょう。

ステロイド入りのクリーム

ステロイドは塗っている間は良くても、続けて使う事は避けたいですね。

ステロイドは、副腎皮質ホルモンの1つです。

ステロイドホルモン薬を使用すると、体の中の炎症を抑えたり免疫力を抑制したりする作用があります。

そのため、様々な疾患の治療に使われますが、長期に使用すると副作用も多いため、注意が必要です。

特に体の抵抗力・免疫力が低下するために、風邪やインフルエンザなどの感染症にもかかりやすくなります。

市販のものもありますが、薬剤師さんが常駐している薬局で相談してから購入するのが安心です。

日焼けが深刻な場合は、皮膚科に行って適切な治療、投薬をしてもらいましょう。

曇りだからと油断は禁物

数年前の初夏のことです。

観光先で曇っていたので、大丈夫だろうと日傘をささずに2時間ほど散策してしまいました。

ホテルに戻って鏡を見てびっくり。

首からデコルテにかけて真っ赤になっていたのです。

とにかく冷やしました。

ホテルですから、タオルはたっぷりあったので、水に濡らして赤くなったところをくるみました。

すると、翌日には赤さが薄れてきていたので、携帯用のフタアミンを塗り込んだのです。

紫外線は強敵ですね!

観光客が多いので、邪魔になると思って日傘を畳んでいたのがいけなかったのと、曇り空でも紫外線が降り注ぐことを忘れていました。

旅行に出る時には、楽しさが先になって油断しがち。

身を持って体験したのです。

せめて、首にスカーフでも巻いておくべきでした。

皆さんは、私のように曇りだから大丈夫だろうと油断せずに、しっかりと紫外線対策をして下さいね。

次回は、日焼けのかゆみ!おすすめの市販薬!ムヒ?オロナイン?をご紹介します。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ