日焼け対処法!顔が赤い!腫れて皮むけしたら?

hiyaketaisaku_title

夏本番をむかえると日焼けの対処法が大事になってきます。

顔や腕、肩、背中が赤く腫れてしまったら?

こんな時の対処法をまとめてみました。

放っておくとシミの原因にもなりますから注意が必要です!

うっかり炎天下で過ごしてしまった!

日焼け止めをせずに出かけてしまった!

スポーツをしていて顔を拭いた後もそのまま続行した!

うす曇りだから、日傘なしで出かけた!

こんな時、家に帰って鏡をみると衝撃を受けませんか?

Tゾーンは特に、いやいや顔全体が赤くなってる!

【スポンサードリンク】

まず冷やす

日焼けしたら、まずは水でひたすら冷やしましょう。

日焼けはヤケドです。

料理の時にうっかりお湯を手にかけたら、水でしっかり冷やしますよね。

冷やす時には汗や脂、海での日焼けなら塩分が残らないように優しく洗い流します。

その後、焼けた場所全部を冷やしたいので、ガーゼを当ててからタオルにくるんだ保冷剤を当てましょう。

冷やしすぎにも注意して、時々ガーゼだけにして、また保冷材というように工夫してくださいね。

また、冷やす水ですが、浄水器を通したものや、ミネラルウオーターを使うことをおススメします。

洗顔は?

日焼けで赤く腫れている時は、洗顔はおススメできません。

日焼けした日は冷やすことに専念しましょう。

腫れがひどい時

もし、腫れて痛みまで出てきたなら、オロナインのような『ヤケド』という効能書きのある塗り薬を薄く優しく塗っておき、少しでも早く皮膚科に行きましょう。

美容液は?

二日間は水での洗顔のみ、または、日焼け専用のエッセンスローションで保湿しましょう。

美容液を使うのはオススメしません。

なぜでしょう?

それは洗顔剤や美白美容液では傷んだ肌を刺激してしまうからです。

洗顔も、ガーゼか指の腹でやさしく洗いましょう。

乾燥が気になるようなら、ワセリンなど刺激成分がないものをガーゼに塗っておいてパックするのも良いです。

腫れが収まってきたら

ここで低刺激性のシートマスクの登場です。

また、あれこれ併用すると、肌荒れになってしまいますから、化粧水も薬用のスキンコンディショナーなどを選びましょうね。

【スポンサードリンク】

皮がむけてきたら

むけた皮は、老廃物。

だからといって、はがれたところから自分でむいてしまうと、大変なことになってしまいますよ。

無理にはがした皮膚のところから雑菌が入ってしまうからです。

ジュクジュクしたり、ヒリヒリしたり。

これでは時間をかけてお手入れした効果はゼロになってしまいます。

しかも、そうした皮は均等にはげるのではありません。

→ まだらになってしまいます。

普通にはがれおちた場合の数倍もダメージが残りますので要注意!

また、頭の皮もむけてきますね。

顔の延長の頭皮も同じように日焼けするのです。

これも無理にはがすと、炎症がひどくなりますし、抜け毛などの原因になります。

シャンプーも低刺激性のものにして、ドライヤーはCOOLでやさしく乾かしましょう。

美容液

腫れもなくなり、肌が普通の状態に戻ったら、ここからが美白成分を含んだ化粧品を使うタイミングです。

シミ対策のためには?

メラニン色素を抑えるビタミンC誘導体、アルブチン配合のものを使います。

しわ、乾燥対策には?

コラーゲン、ヒアルロン酸などを配合してあるスキンケア用品を使います。

肌の回復

若い方は、回復力もあるので早めにきれいに治ったように見えます。

けれども、このようなトラブルは蓄積していくのです!

特に、色白の方は、小麦色になる前に赤くなりヤケド状態になりやすいですよね。

欧米の女優さんの肌をよく見て下さい。

背中がそばかすだらけ、顔もそばかすだらけ。

これは、紫外線の影響を考えない時代に日焼けしてしまったからでしょう。

肌は、表面は皮がむけて老廃物を出して回復したように見えますが、奥の方では影響が蓄積されて、20年30年たった時に表面化してしまうのです。

だからこそ、正しく日焼けの対処をして下さいね。

次回は、日焼け対処法!腕や肩や背中がやけどに!をご紹介します。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ