トヨタやダイソンも頼っちゃう平田機工の正体とは⁉

平田機工の歴史

世界の名だたるメーカーが頼る「駆け込み寺」的な会社が熊本市の北部にあります。
その会社とは、1951年に設立されて2006年に東証ジャズダック証券取引所に上場された生産設備メーカーの平田機工です。

 

平田機工という会社は一般にはほとんど知られていませんが、大手メーカーの生産部門の間では有名な会社です。

世界各国の大手メーカーと取引しています。

例えば、国内ではトヨタ自動車日立製作所クボタキャノンなど…

海外では、アメリカのゼネラル・モーターズ(GM)やイギリスのダイソンコンチネンタル、韓国のサムスン電子など。

多くの人が一度はその名前を耳にしたことがある有名な大企業がばかりです。

 

 

平田機工の設立当時の事業は、リアカーやコンベアーなどの産業用機器の製造でした。

1960年~1970年代には、家電生産向けのコンベアーが。

1980年代には、ロボットや自動機を組み込み、カラーテレビやビデオカメラなどを自動的に組み立てるラインなどに事業を拡大していきました。

更に、1990年代にはソフトウェアも含めたブラウン管テレビなどに向けた生産システムを手がけるようになりました。

 

そして、平田機工が一気に成長したのが2000年代です。

液晶などのパネルや半導体などにも事業範囲をひろげ、1980年代から手がけていた自動車事業は更に拡大!

現在は、売上高の約3分の1ずつを「自動車」、「半導体・パネル」、「家電」が占めています。

 

 

平田機工が選ばれる理由とは…

平田機工の存在が一般的に知られるようになったきっかけは、株式市場での人気の高さにあります。

2017年2月23日の株価は、終値で7730円!

なんと1年前の約3倍です!

 


 

世界中のメーカーから頼られる平田機工の選ばれる理由は、何なのでしょうか?

その答えは、平田機工の本社周辺に点在する巨大工場の群れの中で見ることができます。

 

 

2月初旬に、巨大工場の中の1つの工場に自動車エンジンの生産ラインがまるごと組み上げられていました。

この生産ラインは、米大手の自動車メーカーから受注された次期車向けの最新型エンジンの組み立てラインです!

 

この組み立てラインでは、ワーク(組み立て対象物)搬送するためのレールが行きかい、そして、レール上にいくつもの「ステーション」が設置されていました。

 

ステーションとは、ワークの部分に部品の取り付けを行ったり、部品の加工を行ったりする箱形の装置です(上の画像参照)。

この箱の部分は共通の仕様になっていて、必要となる仕事によって装置内の工具を自由に変えることが出来るのが特徴です。

つまり、普通ならそれぞれ違う装置が必要になる部品の取り付けからネジ締め、圧着までの色んな工程を同じ装置で行えるということなんです。

このアセンブリー・セル・システム(ACS)と呼ばれる装置こそが、平田機工が選ばれる理由だったのです!

 

ACSのメリットは単純明快。

ACSを構成する部品のほとんどが汎用品となっているため、量産することにより安く製造することができ、顧客への安く提供できるようになっています。

 

さらに、顧客の工場に納品した後にもその威力を発揮します。

工具を付け替えるだけで別の作業を行う事が出来るようになっているため、例えば、エンジンの生産を終えた後は全く別のラインで使用するといった柔軟な使い方ができます。

したがって、顧客にとっても費用対効果が高いシステムとなっています。

 

「顧客が喜ぶことは何かを真剣に考え続けてきただけで、宣伝したことは一度もない」と、2011年4月に就任した4代目社長の平田雄一郎さんは、自信をみせます。

実際、2016年から今年にかけて、平田機工は世界中の大手メーカーからの受注を次々と勝ち取っています!

 

そして、業績も…。

2017年3月の売上高は、前年比のほぼ1.5倍の780億円!

経常利益は、2倍以上の65億円が見込まれています!

 

【スポンサードリンク】

 

苦しいなか努力で勝ち取った成功の先に!

それでも、平田機工の現在の絶好調ぶりからは考える事ができないくらい厳しい次期がありました。

 

2008年秋のリーマンショックにより受注が減少し、2009年の3月期には最終赤字に転落!

さらに、2010年3月期の売上高は、前年の3分の2に激減。

 

このピンチを救ったのが、お得意様だったGMでした。

2010年のGMからの依頼は、複数のエンジン生産ラインを作るという50億円規模の大型案件だったのです。

 

GMからの大型案件を任されたうちの一人が、当時20代の楠口雄一さんでした。

 

当時、楠口さんの担当は電気でしたが、GMのエンジニアから専門以外の質問も容赦なく浴びせられたそうです。

それでも分からない事は、夜中に日本の先輩に電話で聞いたり、資料を読み込んだり、猛勉強をしたそうです。

「当時は英語もできなかった上に専門外の質問にはほとんど答えられなかった。血便がでるほどつらかった」と、楠口さんは当時を振り返ります。

 

そして、毎日のように起こるトラブルを乗り越えていきながら、ようやくラインが完成しました!

 

完成したばかりのラインを流れていくエンジンの1号機が完成した瞬間、「体が震えた」そう。

楠口さんが感動に浸っていると、遠くからGMのエンジニアが楠口さんを呼ぶ声が…。

 

「おーい、こっちへ来いよ。1号機と一緒に俺たちと写真を撮ろう」

 

工場には他国の外注先の担当者もいましたが、呼ばれたのは平田機工の社員だけでした。

「仕事ってつらいけど、こんなに楽しいんだと思った」と楠口さんのその瞳は少し潤んでいました。

 

平田機工の評判は、米国の自動車産業にも広く知れ渡っていて、米ビックスリーからも仕事を受注しています。

 

 

どんな時でも最後までやり遂げるからこその信頼関係

2007年、クライスラー(現フィックアット・クライスラー・オートモービルズ)から、70億円規模の受注を獲得していました。

しかし、2009年4月30日、クライスラーが経営破綻。

 

その時、楠口さんは米国の同社の工場で据え付け作業をしていたそうです。

 

現場には、韓国などの海外の競合他社もいました。

彼らはクライスラー破綻のニュースを聞くなり、母国へ戻っていきました。

それを見た、楠口さんも不安になり、日本の本社へ電話で指示を仰いだそうです。

そこで、返ってきた指示が…。

 

「最後まで生産ラインを作り上げてから帰ってこい」

 

だったのです。

この指示を守り、楠口さんは生産ライン完成に尽力。

こうした姿勢により平田機工は、大切な顧客との信頼関係を築いてきました。

 

経営危機から復活したばかりのGMが、平田機工に生産ラインを任せてくれたのもそのためだったのです!

「業界は狭い。クライスラーでの出来事が口コミですぐに広まったことが、受注につながったのだと思う」と、楠口さんは笑顔で話します。

 

平田機工には、楠口さんのようなエンジニアが1000人以上います。

連結従業員の数は2007人(うち正社員は1663人)。

そのほとんどの人が何らかの専門技術を持ってる、広い意味での「エンジニア」です。

楠口さんは生産ラインを設計する「設計者」ですが、他にも生産ラインを組み上げる「製造スタッフ」、
技術に詳しい「技術営業」なども、平田機工ではエンジニアと呼んでいます。

 

 

平田機工のノウハウ全てを駆使して提供!さらに…

平田機工のビジネスモデルは、設備を1台ずつ製造・販売する工作機械や産業用ロボットメーカーなどとは違います!

「こんな製品を作りたい」という顧客メーカーからの要望。

それに対し、社内のあらゆるノウハウを尽くして、安くて速く、そして、高品質な製品を作れるラインを提供します。

自社工場でラインを作成、テストして、顧客工場へ出向いて設定を行います。

つまり、生産ラインまるごとです!

 

平田機工と同じようなビジネスモデルを持つ企業は米国やドイツ、韓国、中国にもあります。

しかし、その中で平田機工に仕事が集まるのは、提案力の高さもありますが、日本らしいカイゼンを無償で加える点にあります。

 

例えば、顧客先でラインの稼働試験で作業者が作業しにくそうにしていた場合、すぐに作業台の構造を変える等の「カイゼン」します。

この気遣いが平田機工の顧客を増やしています!

 

 

平田機工の「人気」に火が付いたのは、製造業を取り巻く環境の変化したことも関係しています。

 

 

従来の内製の力が失われている今だからこそ輝く光

従来の生産ラインはメーカーの内製が基本でした。

ところが1990年代に、日本から工場から急速海外に流出するとメーカーの生産ラインを作る力は急激に減衰。

 

このことは、欧米メーカーにおいても同様で、中国やタイ等の新興国に工場を移転していったことにより、自社による生産ラインを作る力を失っていました。

 

その結果、生産ラインを作る技術力を守り、向上させ続けてきた平田機工に仕事が集中することになりました。

 

 

中心は人

平田機工の技術力の礎になっているのが…

「失敗しても決して社員を見放さない」という先々代の社長、故・平田耕也さんの時代から続く経営理念にあります。

失敗とは、平田機工場では、数億~数十億レベルの損失のことです。

数億から数十億の損失…

多くプリントアウトしてしまったとかというのとは、桁が違います。

 

現に、生産ラインの設計エンジニアとして働いていました平田社長も、若手の頃に大赤字を出す失敗しています。

半導体やパネルの受注から絶好調だった当時、韓国の自動車メーカーからエンジンの生産ラインの仕事を請け負いました。

しかし、見積もりが甘く顧客の要望に見合うラインがなかなか完成できず、どんどんコストが増え、数十億円もの赤字を出してしまったそうです。

それでも、当時社長だった平田耕也さんは息子を見放しませんでした。

 

「(これは)親族だったからではない」

生産ラインで使うロボットの設計を担当する平川武則さんは、断言します。

平川さん自身も数億円の赤字を出した経験がありますが、強くとがめられたりしなかったそうです。

平田機工には、このような社員がたくさんいます。

 

「この会社に30年間、勤めているが、(平田耕也)会長も社長も失敗した社員を辞めさせたのを見たことがない。平田機工では失敗してこそ一人前』。

続けて、「社員としては本当にありがたい一方、『いつか必ず失敗を穴埋めする大成功を収めよう』というやる気が出る」と、平川さんは熱く話します。

 

平田耕也さんは設立当時から平田機工の経営を牽引してきた人。

工場の自動化はあくまで人を活かすためという基本理念「活人倍力」を掲げ、工場の自動化という「機械」の仕事を行いながらも、その中心には「人」を大切にする文化があったのです。

その文化が海外の競合会社との大きな違いとなっています。

 

【スポンサードリンク】

 

現在の環境に対応しつつ、売上アップ!

平田耕也さんは2012年に、83歳で帰らぬ人になってしまいました。

現在の平田雄一郎社長の経営理念は、平田耕也さんの時と基本的には同じです。

しかし、違う部分もあります。

それは、環境の変化に合わせて、「働き方」に関する部分は変更しています。

 

高度成長期とは異なり、ワークライフバランスへ考慮しなければ優秀な人材が集まりませんというのが現状です。

そこで、密度の濃い仕事をしてもらいたいと雄一郎社長が考えたのが…

「他(社)ができそうな仕事は断る」という方法でした。

 

つまり、平田機工として仕事を引き受けるのは、

  • ① これまで誰もやったことのない新技術を必要とする仕事
  • ② 難しい課題を抱えた大型案件

という普通なら二の足を踏んでしまう仕事です。

 

このように、引き受ける仕事を付加価値の高いものに絞り込むことで、勤務時間の削減を行いつつ、エンジニアの育成にも繋げられる…

一挙両得な方法です。

 

仕事削減の目標を立てたのが、2014年の3月期。

その時から比べて2016年3月期には、エンジニアの仕事(設計図の枚数)を25%削減できました。

さらに、この間にも売上高を13%伸ばしています。

 

「経営者が社員に『短い時間で同じ量の仕事をやれ』というのは、重い荷物を持った人に、もっと重い荷物を持たせるようなもの。」

続けて、「仕事を減らせば余裕が生まれ、仕事の質を高められる。それが強さになる」と、平田社長は力強く話します。

 

平田機工の躍進は、日本の製造業に差す一筋の光。

しかし、その輝く光は次々と海外に工場を移した「日本の物作り」への警告灯でもあるのかもしれません。

 

 

まとめ

日本のメーカーの工場が、どんどん海外にその工場を移し、高度経済成長期を支えた日本のお家芸ともいうべき、モノづくりが今までに例をみないほど衰退してきているのが現状です。

 

そんな危機的状況の中でも、燦然と輝く平田機工。

その根幹を支えるのは、顧客からの強い信頼・それに応えられる技術力と完成へ尽力する力、そして、平田機工のエンジニア。

そのエンジニアを育てるため失敗をしても見放さず、その成長を見守る。

それに対して、エンジニアは成長という名の仕事の成功で返す。

さらに、それに応えるため、やりがいのある仕事のみを受ける。

そして、やりがいある仕事を求めてより優秀な人材が集まる。

全てが循環して、成功に繋がっています。

 

こうして振り返ると、成功することは決まっていたのかもしれませんね。

 

この平田機工の光に導かれて、日本のメーカーのモノづくり力を取り戻してほしいと願っています。

そのためにも、平田機工のさらなる活躍を期待しています。

 

 

 

平田機工
公式HP(http://www.hirata.co.jp/

 

 

会社概要

社名
平田機工株式会社(Hirata Corporation)
本社所在地
〒861-0198
熊本県熊本市北区植木町一木111番地

TEL 096-272-0555

FAX 096-272-7901

代表者
代表取締役社長 平田 雄一郎
設立年月日
1951年12月29日

決算期 3月31日(年1回)

従業員数
連結 2,111名(うち正社員 1,710名)
単体 1,325名(うち正社員 990名)
2017年3月31日現在

資本金 2,633 百万円

株式 東京証券取引所 JASDAQ市場上場(証券コード6258)

主要取引銀行
肥後銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、鹿児島銀行、熊本銀行、三井住友信託銀行
事業内容
各種生産システム、産業用ロボットおよび物流関連機器等の製造ならびに販売
関係会社
タイヘイテクノス株式会社、株式会社トリニティ、ヒラタフィールドエンジニアリング株式会社、ほか海外10社
監査法人
有限責任 あずさ監査法人
所属団体
社団法人 日本ロボット工業会、SEMIジャパン、ジェトロ、 熊本商工会議所
【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ