彼岸っていつ?期間や時期は!

197325

よく、お彼岸だからお墓参りに行くとか、御萩(おはぎ)を食べようとか聞きますね。

暑さ寒さも彼岸まで、という言葉も一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

では、 彼岸とはいつなのでしょう?

ここでは、彼岸の意味や期間、そして時期について調べてみました。

そして、彼岸の頃におすすめの体調を整える食べ物についてもご紹介します。

【スポンサードリンク】

彼岸の意味とは?

日本では仏教の方が多いですね。

その仏教の考え方で彼岸というのは、生死の海を渡った先の悟りの世界なのです。

そして、いわゆる俗世は此岸 (しがん) と言われます。

彼岸は西の方向ですから、『西方浄土』と言われるように悟りの意味なのでしょうね。

そういえば『西遊記』、孫悟空のほうが分かり易いですが、三蔵法師は西へ旅をしますよね。

彼岸の期間と時期

春のお彼岸、秋のお彼岸と聞いたことがありませんか?

  • 春の彼岸は春分の日
  • 秋の彼岸は秋分の日です

一年に2回あるのですね。

期間としては、それぞれ前後3日間が彼岸なので、合計7日間となります。

旧暦では、1年を24に分けていました。

二十四節気のことです。

年の初めの小寒から6番目が春分で、3月20日です。

秋分は18番目で9月22日です。

ですから、

  • 春の彼岸は3月17日から3月23日
  • 秋の彼岸は9月19日から9月25日

お墓参りは日本だけ?

他の仏教を信仰する国では、お彼岸にお墓参りはしないのです。

やはり、農業国で信仰の深い日本では、先祖を慕う気持ちから続いているのでしょう。

お墓に行って、手を合わすと、自然に心の中でお祈りしていませんか?

【スポンサードリンク】

先祖にお供えは?

春はボタモチ。秋はオハギです。

漢字で書くと、『牡丹餅』と『御萩』、つまり、その季節に咲く花になぞらえていたのですね。

ええっと?秋はどっちだったっけ?という時は漢字を思い浮かべて下さいね。

この二つは同じ物ですね。

もち米に小豆の餡。

この2つにご先祖様を思う気持ちが込められています。

  • 小豆は、邪気を払う
  • もち米は先祖と心を合わせると言います

丁度季節の変わり目

猛暑がやっと終わり、少しほっとする頃が、秋のお彼岸ですね。

夏の疲れが出てくる頃とも言えます。

体調を整えるためにも、季節に合った食物をとるのはいかがですか?

朝のフルーツなら、ナシやマスカット。

根菜としては、サトイモ。

また、きのこ類も旬ですね。マイタケ、シイタケ、松茸など。

魚では、脂ののった戻りカツオ。

新米も出て来ます。

上手に組み合わせてみましょう。

お墓参りで親戚が集まる時にも、旬のものを出すと喜ばれますよ。

先ほどもふれた二十四節気ですが、

  • 丁度半分が『 夏至 』 ・・ 一年で一番昼の長い日
  • 最後の24 番目が『 冬至 』 ・・ 一年で一番昼の短い日

春の彼岸と秋の彼岸はその中間。

時計で表すと3時と9時の関係ですね。

普通にカレンダーがあって、その他に旧暦の行事もあり、さらには大安や仏滅などもある。

混在していても受け入れているのは不思議な気もしますね。

でも、クリスマスも、バレンタインデーも、ハロウィンも。

新しい面白さは取り入れる傾向 は、遥か昔からの私たちの中にある、いい所かも知れませんね。

次回は、お彼岸とは?意味は?おはぎやお供えについて をご紹介していきます。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ