必見!ハンドスピナーの効果と驚愕の絶技を動画で紹介!!

皆さん、ハンドスピナーというおもちゃをご存知でしょうか。

ハンドスピナーとは、アメリカで大流行中のおもちゃですが、最近、日本でも注目を集めているそうです。

一体どんなものなのでしょう。

 

百聞は一見にしかず。

まずは写真を見ていただきましょう。

 
(日本ハンドスピナー協会のTwitterより引用)

 

独特なフォルム。

どういうふうに遊ぶかというと、中心を指で挟んで回すのです。

中心にはベアリングが内蔵してあるので、いったん回すと、長時間安定して回り続けます。

 

基本的にはこれだけのシンプルなおもちゃです。

でも、これがなかなか癖になるらしく、アメリカではブレイクしすぎて、持ち込み禁止になっている学校もあるそう。

一時期、日本でブレイクしたハイパーヨーヨーやたまごっちを連想させますね。

なぜこんなにも人気があるのでしょう。

今回は、そんなハンドスピナーの魅力について、解説をしていきます!

 

【スポンサードリンク】

 

形や値段など種類が豊富!

まず、遊び方はシンプルなハンドスピナーですが、なかなかどうして種類が豊富なのです。

上に紹介したような、丸っこく3角形っぽいものもあれば、メタリックでスタイリッシュなもの、横長のものなど、さまざまなデザインが楽しめます。

クールでカッコいいものも多いので、アクセサリーとして持つのもよさそうですね☆

 

また、価格も数百円から数千円と価格の幅も広いことも特徴。

値段の違いで、回転の時間など、性能にも違いがあるようで、回転している時間は、2分弱ほどのものもあれば、10分ほど回転し続けるものもあるそうです。

オシャレ感覚、手軽に楽しみたい、本格的に遊びたい、さまざまな方に勧められるアイテムです♪

 

ちなみに、ハンドスピナーのデザインや性能についての紹介は、下の動画でとても詳しく行っているので、ぜひチェックしてみてください。

 

 

もとは医療用器具 ~障がいのある子供の療育、老人介護の現場でも活躍!~

ハンドスピナーは、もともとは重症筋無力症という病気の子供向けに、筋力が弱くても楽しめるおもちゃとして開発されたそうです。

それが2016年に一般発売されたことをきっかけに、爆発的にヒットしたのです。

 

しかし、やはりもとは医療用器具ということで、不安やストレスを緩和するなどの効果があるといわれています。

自閉症やAD/HD (注意欠陥多動性障がい) といったいわゆる発達障がいのある子供の情緒を安定させたり、老人の認知症の進行を食い止めたりするなどの目的で、医療機関や介護・福祉の現場でも使われているとか。

実際、ハンドスピナーを使った人の話では、回転する様子や、シャーというベアリングの音、指先にわずかに伝わる振動や遠心力などになんだか安心して、ついつい何度も回してしまうのだそう。

気持ちを落ち着ける効果もあるのですね。

 

 

静かに楽しむだけじゃない! 驚愕の技の数々!!

そんなハンドスピナーですが、最近ではただ回る様子を静かに眺めるだけではなく、その特性を活かした驚愕の技も注目されています。

 

どんな技なのか――と検索してみると、技を披露している動画がたくさん見つかりました。

 

まずひとつ見てみる。

 

……、
…………、
……………………!!!!!!!!!!

 

これスゲー!!

宙を浮いてるよ!

 

などと思っていたら、最後にこんなメッセージが。

 

「すみません。これはマジックです。実際に買っても浮きません」

 

なんだよそれ!!

 

めっちゃ感動して見ちゃったよ。

見入っちゃったよ!!

 

 

ただし、一応注釈しておきますが、浮かせたり、ブーメランみたいに飛ばしたりする技は、本当にあるみたいですよ。

 

【スポンサードリンク】

 

さて、気を取り直して、ここからハンドスピナーたちによる本物の技紹介です。

 

 

両手でトスしたり、足でリフティングしたり、回転数を調節したり、本当に驚愕の技の数々!!

こんな技が披露できたら、友達に自慢しちゃいますよね!?

これは人気が出るのも頷けます。

 

 

基本的には回転させるだけのシンプルなものでありながら、クールなデザイン性があって、癒し効果があり福祉の現場でも使われ、また驚愕の技の数々も披露できちゃう、そんなアメリカで大ブレイクのおもちゃハンドスピナー

 

日本でブレイクしたのも納得です!

 

皆さんもぜひ、お手にしてみてはいかがでしょう?

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ