ガイアの夜明け2018年7月3日まとめ ~民間パワーで進化する道の駅~


ガイアの夜明けの公式ホームページより引用

 

2018年7月3日のガイアの夜明け

今回のテーマは、「進化を続ける道の駅2~民間パワーで客を呼ぶ!驚きの仕掛け~」です。

 

道の駅が初めてできたのが、1993年。

 

当初の103ヵ所から始まった道の駅は、2018年4月現在では全国で1145ヵ所となっています。

 

ドライバーの休憩所・観光スポット・地元の人の買い物場所として、多くの人で賑わう場所となっています。

しかし、中には経営が成り立たない道の駅も…。

 

そんな道の駅に、民間企業が続々と参入してきています。

民間だからこそできる驚きのアイデアで経営再建を図ったり、新たな分野に切り込もうとしたり奮闘しています。

 

そんな民間企業のパワーで進化が止まらない道の駅に迫っていました。

 

 

右も左もピーナツ!ピーナツづくしのうまくたの里!!

まずは、2017年10月にオープンした道の駅「うまくたの里」。

このうまくたの里は、千葉県木更津市にあります。

 

うまくたの里の特徴は、刹那でわかります。

 


うまくたの里の公式ホームページより引用

 

ピーナツです。

 

 

【スポンサードリンク】

 

店内はピーナツづくし。

ピーナツのUFOキャッチャーや、ピーナツのお菓子の詰め放題など、盛りだくさん。

 

インスタ映えすると人気になっています。

 

そんなうまくたの里の人気商品がこちら。

 


うまくたの里の公式ホームページより引用

 

千葉県産の落花生を使ったお菓子です。

 

いない時もあるみたいですが、上画像の左のマスクをした売り子さんも人気です。

 


うまくたの里の公式ホームページより引用

 

他にも、千葉県の名産を取り揃え、週末の来場者は1万人という人気スポットになっています。

 

このうまくたの里を運営するのは、静岡県熱海市のTTC

テーマパークや道の駅を、独自の手法で人気スポットにしている会社です。

 

ポイントは、お客さんが求めてる商品は地域にしかないオリジナルな物

また来たい、買いたいとなってもらえるかが大切なのだそうです。

 

 

赤字だった西日本最大の道の駅「丹後王国」

ヤギの餌やり体験や温泉、ホテルなど、一日中遊べる西日本最大の道の駅「丹後王国」。

広さは、東京ドーム7個分と驚きの広さです。

 

この丹後王国、年間来場者数40万人を誇る一大観光スポットなんです。

 

しかし、数年前までは赤字経営でした。

 

2014年に赤字経営だった会社から引き継ぎ、再建させたのが「パソナグループ」。

パソナグループといえば、言わずもがな人材サービスの大手。

 

地方の人材を生み出す場所にしたいとして取り組んだのが、丹後王国の特徴でもある生産者自身が経営する飲食店です。

 

例えば、

 


丹後王国の公式ホームページより引用

 

日本海牧場で生産された京丹後牛の熟成肉が食べられる山と海with日本海牧場もその一つです。

 

実際、この試みが功を奏し、日本海牧場の売り上げが3割増え店舗スタッフ9人・牛20頭・飼育員2名を増やしたそうです。

 

パソナが言うように雇用を創出したということですね。

 

そんなパソナが新たな試みを始めました。

 

それがパソナライフケアの家事代行の料理サービスで、丹後王国の食材を使うというもの。

 

パソナライフケアの公式ホームページより引用

 

実際に、試してもらうと…

東京にいながら京都の料理を味わえて、旅行気分が味わえると好評でした。

 

好評だったことから、7月からサービスを開始しています。

気になる方は、⇓こちらからどうぞ。

https://www.pasona-lc.co.jp/kajihome/

 

地方を元気にする挑戦はこれからも続きます。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

コンビニのない村の中にある人気の道の駅「清川」

神奈川県な中で唯一の村…清川村。

 

人口3000人のこの村に、多い日で1日600人もの人が来る人気の道の駅「清川」があります。

 

清川の公式ホームページより引用

 

この清川の特徴は、なんといっても収穫したばかりの新鮮な朝どれ野菜です。

 

清川のインスタグラムより引用

 

2015年にオープンした清川。

 

赤字経営だった清川の運営を任されたのが、アグリメディアという農業のベンチャー企業です。

耕作放棄地などをシェア畑にして一般に貸し出す事業をしています。

 

売れ残りを心配する生産者に適正な価格をアドバイスし、朝どれ野菜を提供し、生産者・お客さん両方に人気の高い道の駅へと変貌した清川ですが、問題がありました。

 

それは、人気が高く、商品が売れるため、午後には商品がなくなってしまうこと。

 

売れることは非常に嬉しいことですが、何もないというのも困ります。

 

そこで、アグリメディアのシェア畑で野菜を栽培している人に、清川で余った野菜を売りませんかと声を掛けたのです。

 

家族で食べるために作っているから売れないや、持って行ってくれたら売りたいと、なかなか手を挙げてくれる人がいません。

 

しかし、売ってみたいという人に出逢い、6月23日…実際に清川の店内に自分で育てた野菜を持って来て、陳列し販売してもらったのです。

 

清川のインスタグラムより引用
画像は6月24日にインスタグラムにアップされたものです。

 

無農薬で、心を込めて作ったということで売れました。

かわいい子供が売ってくれてたというのが、最高の魅力だったのかもしれませんね。

 

シェア畑の野菜販売は今後、週末に実施予定だそうです。

 

「今までやってることや村の中でしか出来ないことに縛られることはない。ここに来て何が出来るのか…他とは違う体験が出来るかを打ち出して、魅力的な施設に」したいそうです。

 

 

 

終わりに

1145ヶ所になった現在の道の駅。

多くなったことから競争が激しくなり、赤字経営となってしまうところもあります。

 

今回、

  • ピーナツで人気のウマくたの里
  • 西日本最大の広さで、生産者自らが飲食店を経営する丹後王国
  • 朝どれ野菜が人気の清川

と、どの道の駅も他の道の駅とは違った持ち味を持って経営されています。

 

これからは、他とは違った個性が重要となるということ。

難しいですが、重要なことですね。

 

地域にとって道の駅は、経済・雇用の起点ともなりうる場所でもあるので、これからもっと人気が高くなり、地域経済活性の起爆剤になってほしいですね。

 

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ