ガイアの夜明け2018年6月19日まとめ~米・野菜の新食材~


ガイアの夜明けのホームページより引用

 

2018年6月19日放送のガイアの夜明け

今回のテーマは、「新食材で起死回生」です。

 

現在の日本は、食の多様化・欧米化などにより、昔はよく売れた食材がなかなか売れない時代となっています。

また、規格外・見た目が悪いとして棄てられてしまう食材もあります。

 

売れない・棄てる食材が多いと、その食材を生産している農家さんにとっては大打撃です。

 

なかなか儲けることができないとなればそれを継ぐ人もいなくなり、どんどん農家さんが減ることになります。

 

そんな状況を打破しようと、企業が立ち上がったのです。

 

 

重機メーカーが作るお米のジュレ

危機に瀕している食材の一つが、日本人の主食であるお米

 

1962年当時は、年に118キロのお米を食べていましたが、2016年ではその半分以下の54キロに。

そうなると、約495万戸あった米農家さんも儲からないため、約90万戸(2015年)となってしまいました。

 

ヤンマーのFacebookより引用

 

そんな状況を前に立ち上がったのが、国内シェア2位の農業機械メーカーヤンマー

 

そこでヤンマーが作り出したのが、ライスジュレです。

 

ヤンマーのホームページより引用

 

ライスジュレは、高アミロース米というお米で作られていて、デンプンであるアミロースの量はコシヒカリの1.5倍も含まれています。

 

お米からできているので、小麦アレルギーの原因となるグルテンが入っていません

小麦アレルギーの人にとっては、夢のような食材です。

 

また、水分量を調整することにより、柔らかさを変えることができるという優れものです。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

工場も建て、2017年から本格的に販売も開始しています。

このライスジュレがヒットすれば、米農家が潤い、お米の生産量が増えます。

そうなれば、農業に必須のヤンマーの農機具も売れるということ。

 

しかし、その前に、認知度の低さという問題が立ちはだかります。

 

そこに現れたのが白い恋人で有名な「石屋製菓」。

東京発出店のお店の目玉商品にしたいそう。

 

石屋製菓のホームページより引用

 

試行錯誤を繰り返し出来上がったのが、「ライスジュレフィナンシェ」。

 

ライスジュレを使ったことにより、一般的なフィナンシェよりも口溶けがしっとりとしていてボリュームがあります。

また、そのしっとり感を際立たせるカリカリのヘーゼルナッツがポイント。

 

試食した人にも好評で、8月発売予定

 

ヤンマーが想い描く、コメの消費が拡大し、農家さんが安心してお米を作れる状況になってほしいですね。

 

 

野菜でできている「のり」

サイズが既定のもによりも小さいから・見た目が悪いからという理由から、市場に出回らず、廃棄されてしまっている野菜があります。

栄養も、味も問題がないにもかかわらず…。

 

野菜を生産している農家さんの役に立ちたい、食べられるのに野菜が棄てられるなんてもったいないと、立ち上がったのが、長崎県平戸市にある株式会社アイルです。

 


アイルのFacebookより引用

 

アイルは、野菜で作られているべジートを販売する会社。

 

ベジートというのは、厚さ1ミリの野菜のシートで、その食感は海苔で、味は野菜という不思議なシートです。

また、食物繊維も豊富。

例えば、人参でできたベジート1枚に入っている食物繊維は、人参2分の1本分。

人参を半分食べようと思うと結構辛いものがありますよ。

それが、ベジート1枚で摂れるとなると楽ですね。

 

さて、作り方を簡単に説明すると、

ボイルした野菜をペースト状にし、寒天を加えて、秘密の方法により乾燥させることによりベジートは完成します。

 

ここで使われる野菜は、市場で販売れている野菜ではなく、味は問題ないのに棄てられてしまうような野菜です。

 

これは、農家さんにとって嬉しいこと。

棄ててしまう野菜を買い取ってくれるから、収入になるためです。

 

この海苔のように食べられる新食材のべジート。

 

その将来性を見越し手を挙げたのが、6店舗でテスト販売しているイトーヨーカドーです。

 

新しい食の提案ができる新食材だとして、全国展開を考えています。

 

それに向け、様々な惣菜・料理が考え出されていきます。

 

参考画像:アイルのホームページより引用

 

ベジートを使うことにより、崩れにくく、気軽に多くの野菜を食べられる生春巻き

 


参考画像:アイルのホームページより引用

 

ベジートで巻いた巻き寿司

美味しく野菜も食べられるので、栄養満点。

 

また、色鮮やかなものから、他の食材を立てることもできるので、インスタ映えするとして、すでに注目されています。

 

これは、食卓を華やかにしてくれる新たな食材となりそうですね。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

しかし、1つ問題が。

 

株式会社アイルは従業員7人の会社。

これまでは、1日6000枚のべジートを生産していました。

 

全国展開となると、数が心許ないです。

 

そこで、工場をフル稼働し、これまでの3倍以上…2万枚生産しています。

 

今後はラインを増やし、24時間稼働を目指しているそうです。

 

食べられるにもかかわらず、棄てられてしまう野菜の救世主となってほしいですね。

 

 

終わりに

人の趣味・志向が変わり、人それぞれが自分の好きなものを積極的に食べるようになったため、お米や野菜を食べる人が減ってきています。

 

例えば、パンしか食べないや、朝食はパンを食べる、野菜は食べない、お菓子しか食べないなど。

 

そうなると、お米や野菜の売り上げが落ち、収入が減ってしまいます。

 

また、販売の前には、規格や見た目の問題から棄てられてしまうものもあり、なおさらです。

 

ライスジュレ廃棄される野菜の活用という道は、非常に有用なものだと思います。

 

直接的ではないかもしれませんが、それらの売り上げが伸びることで、農家さんが助かるのは火を見るよりも明らかです。

 

そして、それを継ぐ人が出てきてくれることを願っています。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ